2019年2月6日発売の週刊サンデー2019年10号に掲載「ゼロの日常 第27話」を読んだのでネタバレ・感想をまとめました。

27話は、ゼロの日常第3巻に収録されると思います。

毛利小五郎とポアロのマスターの代わりに草野球に参加した安室と風見。

彼らの参加したチーム、ライスフラワーズはコールド負けのピンチ!

 

しかし、打席に立った安室のホームランと、彼がチームメイトに相手ピッチャーのクセをアドバイスしたことで一気に2点差まで追いつきました。

最終回、安室は逆転することはできるのか!?

続きはネタバレになります、ご注意ください!

スポンサーリンク

ゼロの日常の前回までのあらすじ

ゼロの日常 第26話のネタバレと感想!ゼロが草野球で大活躍!?

公安、黒ずくめ、探偵、トリプルフェイスで暮らす安室の日常生活の物語。

草野球チーム 米花ライスフラワーズに毛利小五郎とポアロのマスターの代わりに助っ人として参加した安室と風見。

 

対戦相手の杯戸ジャガーズはラーメン小倉の大将がチームを移籍したことを根に持って感じの悪い態度をとっています。

試合はジャガーズリードで進んでいき、さらにライスフラワーズのピッチャー大橋が負傷してしまいます。

ライスフラワーズのピンチに、安室はどうする?!

ゼロの日常 第27話のネタバレ! ゼロの反撃!

打席に立つ安室。

その打球はグラウンドをあっという間に飛び越え、川に入ってしまいました。

ホームランです!

思いっきり振ったらたまたまホームランになったと言っています。

これで9対1。

 

次の打者は栗山さんですが、彼女はバッティングセンターで遊んだくらいしか野球の経験がありません。

そこで安室は彼女になるべくホームベースに寄って構えるようにアドバイスします。

相手のピッチャーが、女性が打席に立つとボールを当てることを恐れて外角ばかりに投げてくることを見抜いての作戦でした。

 

彼の目論見通り、栗山さんはフォアボールで出塁

栗山さん以外の人にも、ピッチャーの変化球を投げるときのクセなどをレクチャーし、あっという間に9-3になりました

 

しかし、ライスフラワーズのピッチャーは負傷して投げられません。

そこでマウンドにあがったのは安室

三振の山を築き、試合は最終回に。

 

9-7でツーアウト1、2塁

最後のバッターは安室です。

しかし、相手のピッチャーは勝負してきません。

 

風見はついに自分の花道が来た!と張り切っていますが、打席の安室はバットを逆さまに持ち、敬遠に抗議した伝説の名選手の構えをします。

 

「ナメんな!!」

相手ピッチャーはかまわず球を投げますが、安室は打ち返し、打球はヒットに!

 

そしてあっという間に安室はホームへ走りこみます。

安室の活躍で、ライスフラワーズの逆転勝利

 

「ゼロじゃなかったでしょ?」

ガッツポーズをする安室の背中には0の背番号が。

大喜びするライスフラワーズのチームメイトたちが安室に駆け寄りました。

 

その日の夜、ラーメン小倉ではライスフラワーズの祝勝会が開催されていました。

その席にはジャガーズの面々も出席していました。

 

最後の安室のランニングホームランを絶賛し、ジャガーズにスカウトするおじさんたち。

しかし、小倉のマスターがすぐにライスフラワーズに!とスカウトします。

 

それを困った顔をして見比べる安室。

その傍らには、「たまには自分にも花を持たせてくれたって・・・」と酔いつぶれる風見の姿がありました。

スポンサーリンク

ゼロの日常 第27話の感想

やっぱり、安室さんがピッチャーでなげましたね!

最初のホームランはまぐれと言い訳できても、あのピッチングは言い訳できないのでは・・・・。

 

そして、結局、経験者だからとハードルを上げられた挙句に花道をかっさらわれてしまう風見がちょっとかわいそうでした。

そりゃあ、ヤケ酒のんじゃいますよね。

 

次回はどんなお話になるのでしょうか?

しばらく休載のようですが、楽しみに待ちましょう!

スポンサーリンク