2月4日に発売された週刊少年ジャンプの10号、ハイキュー!!最新話の336話『バケモノたちの行くところ』ネタバレ・感想をまとめました。

絶好調の木兎に引っ張られるように、梟谷も貉坂も激しくぶつかり合います。

死闘の最中、木兎が赤葦に要求したのは…?

続きはネタバレになります。ご注意ください!

ハイキュー!!前回までのあらすじ

ハイキュー!!第335話/38巻のネタバレと感想!最新話は木兎の意外な過去

「“楽”じゃなく“楽しい”を考えて」。

幼い頃の木兎がコーチから聞いた言葉。

どんな時でも、木兎は“楽しい”を目指してバレーをやってきました。

 

「全部決めたい全部拾いたい全部勝ちたい」

その想いが原動力になっていた木兎。

一方貉坂のエース・桐生にも負けられない理由があります。

 

「木兎に付いていくことで、バレーをすることで精一杯」

不器用でネガティブながらも自分を信じる仲間の為に、乱れたボールを打ちに行く桐生。

ボールの行方は…?

スポンサーリンク

ハイキュー!!336話のネタバレ

研磨や黒尾も「うわ」「打ったよ」と驚く様なボールを相手コートに叩き込んだ“悪球打ちの桐生”。

木兎がそれを受けに行く――かと思われましたが、その凄まじいアタックを見事レシーブしたのは小見。

 

「調子の良い木兎は、他の連中の調子も引っ張り上げる事があんだよな」と黒尾。

 

敵である桐生も、味方の小見も、いつの間にか木兎の調子に引っ張られていました。

 

素晴らしいレシーブから赤葦へ、そして最後は猿杙が強烈なストレートを放ちこれで21-19と梟谷が2点のリードを奪います。

 

ここで貉坂は2回目のTO。

 

木兎のサーブは強烈だが、上に上げればどうにかなると発破をかける九刷監督。

それに対し、「乱れたら全部俺で良いけん」と頼もしい言葉はエースの桐生。

 

エースと言えど、常に好調とは限らない。

でも今日のお前は大丈夫だと、桐生の力強い眼差しに九刷監督は満足そうに微笑みます。

 

リードしている梟谷はベンチも大盛り上がり。

一方、セットを褒められた赤葦は「ありがとうございます。いつも通りです」とクールな振る舞い。

 

そんな赤葦に木兎はこう言います。

「赤葦は圧が凄いよね。『ジブンここまでなんで』『俺はやれる事やったよ。ソッチはどう?』ってな!」

 

赤葦は淡々と答えます。

「俺はできる事以外はできないですから」

「でも知ってる?試合で100%出すって皆ができる事じゃないよ」

 

ここでTOが終了。

試合も大詰めを迎え、ますます木兎コールで会場が湧きたっています。

 

サーバーは木兎。

強烈なサーブが貉坂を襲う!

 

…かと思いきや、ネット前にちょこんと落としてきた木兎。

 

まるで会場の期待や熱気を逆手に取るような、音駒の選手も思わずイラッとした表情を見せるほどのクレバーさです。

咄嗟に貉坂の選手も対応しますが、返ってきたボールを鷲尾が直接叩き込んでこれで3点差になりました。

 

しかし貉坂の選手も負けてはいません。

次の強烈なサーブはきっちり上げると、セッターの臼利が不意をつくツーアタックを決めます。

 

「八さんに注目が集まる事を利用したツーやけん、八さんがツーを決めたち言うて過言や無えっス!」

「過言やろ」

 

ここに来てもいつも通りのやり取りが出来る程に貉坂の選手も落ち着いています。

 

サーバーは桐生。

ここが正念場だと睨む黒尾。

 

凄まじいサーブを木兎が体勢を崩しながらもきっちり上げます。

 

「誰で行く?誰にでも託せる」

 

ボールを上げようとした最中の赤葦の視界に、打ちに行くべく飛んでいる木兎の姿が入ります!

 

レシーブで吹っ飛ばされていた木兎が攻撃に入るとは想定しておらず、一瞬赤葦に動揺が走ります。

 

試合で100%出すってカンタンじゃない。でもね赤葦、俺には120%をちょうだい」

木兎の要求に、赤葦は応えられるのか…!?

ハイキュー!!第336話の感想

いよいよ試合も大詰めに入ってきました。

木兎が真っ向から桐生のボールを受けると思いきや小見がナイスファイトを見せたり、強烈なサーブが飛んでくると思いきや小さく合わせにいったり、貉坂のみならず読者も木兎に振り回されています。

 

桐生はこの試合を経て一皮向けたようにも見えますね。

「全部俺で良い」とまさにエースの言葉!臼利との小気味いいやり取りも面白かったです。

 

一方、梟谷の小見のナイスレシーブは木兎に引っ張られるような形になりました。

先週は桐生が木兎に引っ張られていたのと同じように、味方の梟谷の選手もまたハイになっているようです。

 

それに対し、赤葦はいつも通り冷静ですね。

褒められたのに「いつも通り」と返し、最早嫌味だと半分呆れられているのがよく解っていない赤葦。

だんだん赤葦は常識人に見えて実は天然なのではないかと思えてきました。

 

この試合中、なんて烏滸がましいと自らを諌める場面もあった赤葦ですが、木兎の指摘通り自分の100%を試合で出せる選手はなかなかいないと思います。

 

それを当たり前のように淡々と冷静に決めているのが赤葦の凄い所ですよね!

 

しかしそれ以上の要求を持ってくるのが木兎です。

「俺には100%じゃなくて120%をちょうだい」とはなんとも不遜。

だけど木兎らしい。

 

以前影山が田中に対し信頼という名の脅迫をしてきたシーンを思い出しました。

ここで赤葦が木兎の要求に応えることが出来るか否かが、試合を大きく分けそうですね!

スポンサーリンク

漫画最新話やコミックが無料で安全に読める?!

ネタバレ記事で大体の内容は分かっても、やっぱり絵が欲しいよ。

そう、やっぱり漫画はストーリーに作家先生の画があってこそ面白いのですよね。

 

しかし漫画をたくさん読むと、お金をかかって大変。

試し読みを公開している電子書籍サイトも多くありますが、制限があってツライ。

 

だからといって、違法ダウンロードなんかしたら、デバイスにウイルスを感染したり、もしかしたら乗っ取られてしまう危険もあるので絶対に止めましょう!

なんとかお金をかけずに安全に漫画を読めないの?!

という人には『U-NEXTの電子書籍サービス』がおススメ!

 

U-NEXTに新規登録をすると、

  • 31日間、無料でお試しできる
  • 登録後すぐに600Pが貰え、好きな漫画が読めたり動画が見れる
  • お試し期間中の違約金はない
  • Webで解約可能

 

無料お試し期間中にこの600ポイントを使ってコミックを購入することが出来るのです!

もちろん31日以内に解約すれば、一切基本料金はかかりません。

 

さらにU-NEXTといえば、圧倒的な本数の動画も配信しています。

登録中だったら、無料で見放題作品が視聴できます!

そして雑誌約70誌が読み放題☆

 

漫画だけでなく、アニメも映画もドラマも多くの動画が楽しめる「U-NEXT」!

この機会にチェックしてみてはいかがですか?

本ページの情報は2019年2月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。