2019年2月4日発売の週刊少年ジャンプ10号【僕のヒーローアカデミア】の最新話!

ヒロアカ215話を読んだのでネタバレと感想をまとめました。

この215話は【僕のヒーローアカデミア 第23巻】に収録されると思います。

デクの暴走が治まり、試合再開したA組B組合同訓練第5セット!

今回はついに5セット目の試合が決着となりました!

続きはネタバレになります、ご注意ください!

スポンサーリンク

僕のヒーローアカデミア前回までのあらすじ

ワン・フォー・オールのコピーに失敗。

お茶子に取り押さえられた物間を助けようとする心操ですが、お茶子の個性で無重力となったデクが接近します。

心操を確保しようとするデク、心操は捕縛布を使いデクの頭上にパイプを落としまして応戦します。

その瞬間、デクは獲得した新たな個性「黒鞭」でパイプを受け止めました。

僕のヒーローアカデミア第212話のネタバレ! 対抗戦はさらに白熱!

「黒鞭」でパイプを受け止めたデクはオールマイトの言葉、オールマイトと過ごした海浜公園を思い浮かべます。

自分の原点、それを思い出すだけでいつだって何でもできる気がしてくると考えるデク。

 

「黒鞭」を出したデクを警戒するブラドキングとイレイザーヘッドですが、オールマイトが待つように言います。

さっきと明らかに様子が違うデクに、お茶子の個性に頼ったのは力に集中するためだと考えるオールマイト。

 

オールマイトはこの数分の間に何があったのかと驚きます。

「黒鞭」でパイプを受け止めたデクに驚く心操。

 

「さっきの大暴れはブラフかよ!?俺の気持ちを返してほしいね!」

そう言って心操はデクから距離を取ります。

 

しかし、デクの腕に激痛が走るとともに黒鞭は消えてしまいました。

先代継承者が使っていたころより大幅に強化されているため、瞬間最大出力20%で扱える力ではない、完全にワン・フォー・オールを使えるようになって初めて使える力だと考えるデク。

 

この状況ではもう「洗脳」にはかからないと考え、捕縛布を使って距離をとる心操ですが、デクはまた暴発する可能性を考えてエアフォースは使わずフルカウル8%で追います。

 

物間との会話を思い出す心操。

 

「最近になって遠距離も習得したらしいしこっちがちょっとでも綻んだらさっきと同様アイツに突破口開かれるよ。」

 

「じゃあ緑谷最優先だね。なんにせよ動きを止めなきゃ始まらない。頼むぜ心操君」

 

隙を作ってくれた物間に心の中で謝りつつ、このまま終わらせはしないと考える心操。

連行中もコピーした「ポルターガイスト」でお茶子を攻撃する物間ですが、防がれます。

 

戦い始めてからそろそろ5分が経過するころ、物間のコピーは5分間だと言うお茶子。

5分のふりをして実は10分に伸びていて急襲を仕掛けられたら一人で防げるのかと尋ねる物間ですが、お茶子は「洗脳」をコピーしていることを警戒して喋らず、ガッツポーズで答えます。

 

さらにコピー数を知っているかと尋ねる物間に、お茶子は物間の腰についた時計をみて三本指を立てました。

 

柳の「ポルターガイスト」、小大の「サイズ」は確定、残り一つは戦法的に心操だと考えるお茶子。

物間は時計が3つだから3つだと考えたのかと笑います。そして3つのふりをして実は4つに伸びていたらどうするのかと言いました。

 

さらに自身の個性の解説を続ける物間。

 

「コピーできる個性にもいろいろあってね、僕同時発動はできないんだけど効果が残るものもあるんだ。例えば小大さんのサイズ。ナットを大きくしてから他の個性を発動してもナットは大きいままなんだ。」

 

何が言いたいのかわからない様子のお茶子を物間は笑います。

檻に入れられながら脇役なりの最後っ屁だという物間。

 

お茶子は物間がデクに何かしたのかと考えます。

デクから逃げる心操はまともにやりあっては勝てないと考え、柳たちのいるほうへ向かいました。

 

乱戦時において心操の「洗脳」は鎖のように場を縛ります。

しかし、フルカウル状態のデクのスピードに心操は追いつかれそうになります。

その瞬間、デクの顔に強い衝撃が起こりました。

 

「ツインインパクト」、衝撃を与えた箇所にもう一度さらに強い衝撃を与える個性。

先程デクに触れた際、デクに庄田のツインインパクトを発動していた物間が檻の中から個性を発動させていました。

 

先程跳峰田でB組を翻弄していた峰田ですが、庄田に腹を強く殴られてしまいます。

さらに「ポルターガイスト」で芦戸を攻撃する柳。

一気に形勢がB組に傾きます

 

顔に衝撃を受け体勢を崩したデクですが、心操の捕縛布を巻き取るようにして近づきました。

柳らがいる場所へ合流したお茶子は柳を手刀で気絶させ、小大を峰田のモギモギボールにくっつけました。

 

お茶子は事前にデクから物間を倒した後は峰田たちのもとへ向かうよう指示されていました。

次の瞬間、芦戸が庄田の顎を殴り、デクが心操を取り押さえました。

僕のヒーローアカデミア第212話の感想

今回の215話では、ついに第5セットの決着が描かれました。

前回捕まってしまいもう出番は終わりかと思われた物間でしたが、いい活躍をしましたね。

 

今回のように個性の影響が残る場合があるならかなり使い方にも幅が出てきそうです。

さらに発動時間やコピーのストック数の成長をにおわせていましたが、どこまで本当なのでしょう?

今後も活躍の場があるキャラだと思うので楽しみにしたいですね。

 

さらに前回は使いこなしたように見えた「黒鞭」ですが、一瞬使っただけでも相当な負荷がありそうですね。

すぐには扱えないとは思っていましたがここまで使えないとは驚きました。

 

今後超パワーと同時に練習して使いこなしていく感じでしょうか。

さらに今回はお茶子の達人ぶりが描かれましたね。

 

手刀で気絶って、もう個性無しで戦ったらお茶子が一番強いのでは?(笑)

決着としてはB組が全員ダウンしたのでA組の勝利ということになるでしょう。

 

B組が3敗になるのでバランス的にA組が負けるかもと思っていましたが、そうすると心操がヒーロー科相手に2勝してしまうのでこれでよかったのかもしれませんね。

とはいえ、心操もほかの生徒に負けない活躍をしていたので編入は間違いないでしょう。

A組に入るのかB組に入るのかわかりませんが、楽しみです。

僕のヒーローアカデミア 第213話の予想

今回で合同訓練の全試合が終わったため次回以降は新たな展開に突入すると思われますが、どんな展開になるのか、今から楽しみですね。

 

ヒロアカはこれまで学校メインの話とヴィランが出てくる話を交互にやってきたので、次はヴィランメインになると思いますが、個人的にはハイエンド編で登場したトップ10のプロヒーローの活躍が見たいですね。

 

捕まった黒霧やオールフォーワン、ステインらの脱獄編やギガントマキア編なんか面白そうですね。

次回の僕のヒーローアカデミア 第213話は、週刊少年ジャンプ11号(2月9日発売)に掲載される予定です。

発売曜日が違います、気を付けましょう。

今後もどのなるのか楽しみです。

スポンサーリンク

漫画最新話やコミックが無料で安全に読める?!

ネタバレ記事で大体の内容は分かっても、やっぱり絵が欲しいよ。

そう、やっぱり漫画はストーリーに作家先生の画があってこそ面白いのですよね。

 

しかし漫画をたくさん読むと、お金をかかって大変。

試し読みを公開している電子書籍サイトも多くありますが、制限があってツライ。

 

だからといって、違法ダウンロードなんかしたら、デバイスにウイルスを感染したり、もしかしたら乗っ取られてしまう危険もあるので絶対に止めましょう!

なんとかお金をかけずに安全に漫画を読めないの?!

という人には『U-NEXTの電子書籍サービス』がおススメ!

 

U-NEXTに新規登録をすると、

  • 31日間、無料でお試しできる
  • 登録後すぐに600Pが貰え、好きな漫画が読めたり動画が見れる
  • お試し期間中の違約金はない
  • Webで解約可能

 

無料お試し期間中にこの600ポイントを使ってコミックを購入することが出来るのです!

もちろん31日以内に解約すれば、一切基本料金はかかりません。

 

さらにU-NEXTといえば、圧倒的な本数の動画も配信しています。

登録中だったら、無料で見放題作品が視聴できます!

そして雑誌約70誌が読み放題☆

 

漫画だけでなく、アニメも映画もドラマも多くの動画が楽しめる「U-NEXT」!

この機会にチェックしてみてはいかがですか?

本ページの情報は2019年2月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。