2019年2月4日発売の週刊少年ジャンプ10号最新話!アクタージュ第51話のあらすじと感想をまとめました。

51話は、アクタージュ 第6巻に収録されると思います。

巌の過去と芝居と役者たちへの思いが明かされます。

そんな巌の思いを阿良也は受け止めることができるのでしょうか。

ここからはネタバレになりますので、ご注意ください。

スポンサーリンク

アクタージュ 前回までのあらすじ

アクタージュ第50話/6巻のネタバレと感想!巌と星アリサの確執とは?!

星アリサによって役者に興味を持った阿良也。

アリサは巌の演出家としてのやり口を懸念していました。

 

演技することによってじわじわと実感させる巌の死により、アリサの懸念した通り役と自分の区別がつかなくなってしまった阿良也。

舞台の上で大事な人との決別をできない阿良也は、景に縋りついてしまうのでした。

アクタージュ第51話のネタバレ「巌の死を受け止め立ち上がる阿良也!」

巌との別れが受け入れられず、役に没入し景に縋りついて膝をついてしまった阿良也。

二人は舞台の上で語ることも動くこともなく30秒が経過します。

 

舞台を見守っていた黒山は、巌との別れに直面した阿良也が動けないのはともかく、なぜ景も動かないのか疑問に思います。

 

星アリサは、巌の喪失が阿良也に影響を与え、役としてより一層の真実味を与えたことを認めます。

しかしそのやり方は、アリサがかつて舞台をおりたころと何もかわっていないと感じました。

 

アリサは阿良也がこのまま巌の死を消化できず、立ち上がれないと感じます。

それは舞台の失敗を意味します。

 

舞台袖から見守る演者たちも、阿良也が巌の死に打ちのめされ立ち上がれないことに気が付きます。

阿良也がどうにもならないなら、景が動くしかありません。

動けない阿良也を振り払って別れを告げるしかないのです。

 

物語の進行としてそれが最善だと理解していますが、それは阿良也にとって残酷すぎる結末です。

残されるものに死の衝撃だけを残す一方的な別れになってしまいます。

演者たちも阿良也が舞台の上で巌の死に直面していることは感じており動けません。

 

そんな阿良也に、その結末を与えるのは、あまりにも残酷です。

景は自分に縋りつく阿良也を見ながら巌の言葉を思い出していました。

 

巌が劇団天球を立ち上げたのは、一人の女優をだめにしてしまった罪滅ぼし。

役者としての才能がなくとも、商売役者として成り立たなくとも、一人でちゃんと輝ける星のような役者を巌は育てていきたかったのです。

 

劇団天球は、巌のかつての仲間や世間からの評判はよくありませんでした。

今までを捨ててしまった裏切り者とも言われました。

それでも芝居は人を救えると巌は思っていました。

 

信念を持っていましたが、その気持ちがぐらつくことがあったと巌は語ります。

景は劇団天球が巌の考えた通りの劇団になっていると彼に伝えます。

 

巌は自分が死んだときこそ、天球の本当の評価が下されるだろうと景に伝えます。

景が芝居に救われた人間だと知っていました。

だから芝居がなんであるかわかっているだろうと、彼女に言います。

 

景の考えるお芝居は孤独ではないこと。

お芝居とは、他人がいて自分があり、死んだ誰かの思い出さえも芝居に生かせる、だから一人にならないことでした。

 

一人でいたとしても、自分を作った誰かとのかかわり、それが芝居を生みます。

なので、一人でいても一人ではないのです。

 

巌が死んだとしても、彼とかかわった人々の中に残り、その記憶と思い出が芝居に生かされる、だから死んだとしても孤独にはならないのです。

しかし死者とは言葉を交わせません。

だから残された者が、自ら気が付くしかないのです。

 

巌は阿良也と、劇団天球のメンバーを信じていました。

彼らが巌の残したものに気が付いてくれることに。

舞台袖で天球のメンバーは、阿良也自身が立ち上がることを願っていました。

阿良也は自らの力で立ち上がらなければならないのです。

 

阿良也は気が付きました。

巌が、阿良也が一人で立ち上れることを待っていたことに。

そして景は巌の思いを阿良也が気付くことを待っていました。

 

立ち上がった阿良也に、景演じるカムパネルラは笑いかけ別れを告げます。

その頃病室で多くのものを役者たちに残した巌も旅立とうとしていました。

スポンサーリンク

アクタージュ 第51話の考察

阿良也が立ち上がることができてよかったです。

多くのものを阿良也に残してくれた巌との別れを消化できないのではないかと思いました。

 

星アリサはそれを懸念していたようですが、景は積極的に阿良也に道を示す役割になるのかと思っていましたが、待つ役割でしたね。

気が付くまで待ち続ける役割を巌から与えられたのだと思いました。

 

巌はたくさんの役者を見てきたようですが、やはり阿良也が一番かわいかったのでしょうね。

巌は役者として体験しておいたほうがいい阿良也に足りなさそうな人間関係を一人で請け負っていたように思います。

 

阿良也はジョバンニのお母さんとの距離も巌がいたからイメージできた、と言っていましたし、巌のことを年上の友人のように感じていた部分もあります。

星アリサと巌のことを嫉妬する部分もありました。

 

阿良也自身が気付かないところでも、巌は与え続けていたのですね。

そして最後に自分の死を糧にしてほしいと願っていたなら、巌は阿良也にこれ以上ない特別な役者としての力を見出していたのでしょう。

 

それはとても残酷なことでもあるのですが、やはり巌は演劇人だったのだと思います。

巌は自分の死の後、劇団の評価がでると述べていましたが、なによりはっきりでるだろう評価は阿良也になるのではないかと思います。

 

自分の死がわかって「銀河鉄道の夜」という題材を選ぶなんて、星アリサの言う通り確かに役者をダメにする可能性は非常に高いですよね。

 

景の登場は巌にとってもラッキーだったと思います。

死んでしまう巌は阿良也を待ってあげられません。

だから巌の意志をくみ、阿良也のために待ってあげられる誰かが二人には必要だったのでしょう。

 

結果として、阿良也は巌の死を受け止める時間を景からもらうことができました。

まさにそれが巌の考えたジョバンニとカムパネルラだったのだと思います。

景の中では、巌に死を告げられてから、結論が出ていたのですね。

 

阿良也は生まれながらの天才型なのかと思っていましたが、巌によって育てられた天才だったのですね。

アクタージュ 第52話の予想

阿良也は今後どうなるのでしょう。

巌がいなくなり、大事な人との別れを受け止めた彼の役者人生はどんなふうにかわっていくのか気になるところです。

 

次回のアクタージュ第52話は、週刊少年ジャンプ11号(2月9日発売予定)に掲載される予定です。

発売日が違うのでご注意を!しかし楽しみですね!

スポンサーリンク