ガンガンJOKER 2019年2月号(1/22発売)の「ラグナクリムゾン」最新第20話のネタバレと感想をまとめました。

第20話はラグナクリムゾン第5巻に収録予定です。

未来の自分から授かった「力」で竜を滅ぼす為、「運命」を覆す為少年は戦う。

今回は王都からの難を逃れ銀器姫に協力を要請するのだが?

続きは、ネタバレになります、ご注意下さい!

スポンサーリンク

ラグナクリムゾン 前回のあらすじ

「時を巻き戻す」能力を使った「翼の王アルテマティア」。

時を戻され時を止められたラグナは危機を迎えたがクリムゾンの「最悪な作戦」により危機を脱する!

しかし、逃れた先には王都最強部隊「銀装兵団」の拠点だった!

ラグナクリムゾン 第20話 ネタバレ「汚物とツンデレ」

クリムゾンが協力を要請するが状況が掴めていない団員もおりグダグダになるが、従者がラグナに惚けている銀器姫に一発入れ復活。

だがクリムゾンを「ドス黒い死の塊」だと見抜く銀器姫はそれを突っぱねるが、クリムゾンは上位竜「狂操竜オルト・ゾラ」の詳細な情報を提供する。

 

クリムゾンは「竜共さえ知らない竜共の情報を湯水の如く垂れ流しましょう」と挑発する。

しかし、それも銀器姫は突っぱねるがクリムゾンがラグナを前に出し、

 

「ひゃん!」

 

萌える銀器姫。

 

クリムゾンは銀器姫と相性が悪いと、銀器姫に好かれているラグナならウンコと言っても好感度が上がると説得を任す。

 

独房での会話を思い出すラグナ。

少なく見積もって1万の竜が攻めてる。

「オルト・ゾラ」が薬物により統率・指揮すれば実際の数の5倍戦力は倍増する。

 

さらに上位竜「爆塊竜タラテクトラ」も動員される。

このままではラグナの知る未来通り銀器姫やその仲間は居なくなるだろうと・・・。

 

提案されるラグナ。

決裂し一人王都へ戻るか、ここにいる人々を守り戦い共に国外へ逃れるか。

 

ラグナは銀器姫を説得する。

コイツはすごく嫌なやつで本当にウンコみたいな奴だと。

 

団員達も仲間じゃないのか?と疑うレベルで罵声し、

でも竜を殺したい気持ちだけは信用できる。

 

『コイツと組んで竜を滅ぼすって決めたんだ!』

 

ここで銀器姫は『はい 』と言いかけるがヒロインに有るまじき苦渋の面で堪えた。

初恋でどう接したら良いか団員達の手前情けない姿を見せる訳にもいかず…

 

結果

『よかろうその申し出を受けてやる

しかし勘違いするでないぞ作戦のため一時的に借りるだけじゃ!

べべべつに貴様にほだされてての判断ではないのだからなっ!』

 

安いツンデレみたくなった。

取り敢えず銀器姫と協力する事にはなったが、

王都でラグナがアルテマティアと一戦やった情報も提供するが危機は去っていない。

 

そのころ、

「翼の王アルテマティア」は時を止められなくなっていた。

カムイが戻ってきて他人様に貰った最強の力は脆いと言っただろ。

スポンサーリンク

ラグナクリムゾン 第20話 感想と考察

クリムゾンと銀器姫はまだまだ一波乱ありそうです。

同日に発売されたラグナクリムゾン第4巻で作者が満を持して空白だったヒロインの座、銀器姫を出せたとコメントしておりましてラグナに絆されてしまっている銀器姫もどうなる事やら気になりますね。

 

キャラクターコンセプトは、

「ラグナとクリムゾンの間でピタッとはまる女」だそうで今後もどうなるか見ものですね。

 

一方でアルテマティアは時を止められなくなっており。

この好機をラグナ達は活かせるのでしょうか。

貰った最強の力とは上位竜達が崇める「神」に貰ったのでしょうか?

 

上位竜達も元々は人間だったようですし人間だった頃は戦争のプロだったということですが「神」とは一体何者なんでしょうか?

そんなに詳しいクリムゾンも元々は竜だったようですし過去に一体何があり竜達の滅ぼす事になったのでしょうか。

ラグナクリムゾン 第21話の予想

次回は取り敢えずクリムゾンの情報を元に作戦を立てて始動といったぐらいしょうがアルテマティアがどうなるのか「力」を取り戻すのか・・・

カムイも戻ってきてカムイ以上の才能が覚醒したネビュリムもおり先に竜達が動き出すのかみものですね!

 

次号、ラグナクリムゾン第21話は、ガンガンJOKER3月号(2月22日発売予定)に掲載予定です!

スポンサーリンク