2019年1/31発売のモーニング9号の最新話【ドラゴン桜2 第46話 キーワードの見つけ方】を読み、ネタバレ・感想をまとめました。

46話はドラゴン桜2第 6巻に収録予定です。

読解力を身に着けるため、大宰府先生の講義を受ける早瀬と天野。

文章を要約するテクニックも大詰め。

 

具体的な方法も踏まえて今回はかなり詳しく大宰府先生が講義しております。

続きはネタバレになります、ご注意ください。

スポンサーリンク

ドラゴン桜2 前回までのあらすじ

ドラゴン桜2 6巻/45話のネタバレと感想!キーワードが要約のコツ!

要約において重要なポイントはふたつ。

そのうえでの要約のテクニックは短文をたくさん作ること、そして並べ替えることだと大宰府先生は主張します。

ここまでが要約の話となり、要約する力を身に着けることで点数を稼ぐための大きな武器になります。

ドラゴン桜2 46話のネタバレ

文章の中からキーワードを見つけるテクニック。

それはキーワードを探してそのワード同士をつなげること。

そして短文を作り、要約する。

 

この工程を円滑に進めることができれば読解力が身についたころになり、「読解力のある人」になれる。

大宰府先生はそう言います。

 

大宰府先生は早瀬と天野にとあるプリントを渡します。

それは平野啓一郎の〖私とは何か「個人」から「分人」へ〗という文章でした。

(この作品は入試の問題でもよく出題されているようで、受験生は一度この本(新書版)を買って全文を読んでおいたほうがいいそうです)

 

二人にはこの文章を読んで、これだというキーワードを10分間探すように指示をします。

 

早瀬と天野は今まで大宰府先生に習ってきた「文章の中の大切な言葉」「強調しているキーワード」「繰り返し言われている言葉」「言い換えを活用している言葉」などに該当する言葉を探し、その結果不十分ではありますが大宰府先生から合格点をもらいました。

 

今回の文章でのポイントはタイトルで使われている言葉がポイントでした。

答えとなるキーワードは【分人】【個人】【現代】【人間関係】【自我】となります。

このなかにタイトルと被っているキーワードが二つあり、キーワードの見つけ方のお話に進みます。

 

「キーワードの見つけ方テクニックその1【タイトルから探せ!】」

タイトルには作者が最も言いたいこと、伝えたいことが含まれており、文章の中にも頻繁に表れてきます。そのため、最も見つけやすいキーワードをマークしておくと良いそうです。

 

「キーワードの見つけ方テクニックその2【最初と最後の段落に出てくる言葉から探せ!】」

大概の評論文は3つのパートで構成されており、「序論」「本論」「結論」に分かれています。

 

序論は「何が問題か」、本論は問題解決のための方法や具体例、結論は問題に対する主張。

つまり作者が言いたいことは序論と結論であり、そのため文章のはじめと終わりにキーワードとて強調されている、ということです。

 

「キーワードの見つけ方テクニックその3【接続詞にくっついている文章から探せ!】」

接続詞「しかし」「つまり」「だから」このような文頭で始まる文章にキーワードが含まれる場合が多く、この接続詞を見つけたらマークをつけて「」カッコで囲みます。

 

複数の「」の中にある文章を見比べて同じ内容が繰り返されていれば、それがキーワードとなります。

 

この3つのテクニックを使ってキーワードを見つけ「キーワードの並べ替え」や「ワード同士を繋げる」技を使って短文を作り、できた短文を並べ替える。

そうすると要約が出来上がり、文章の読解に成功したことになります。

 

文章の構造を知れば、国語というものは簡単なのです。と締めくくったところで大宰府先生の講義が終了します。

 

大宰府先生の講義が終わり、桜木の事務所に戻った水野ですが、桜木は早瀬が英語でツイッターを呟く課題に最近まったく取り組んでいないことを懸念します。

 

そして桜木は早瀬のことを

「やっぱりあいつは続かないヤツだ。あいつの脳は淡泊…努力できない脳だ」と。

スポンサーリンク

ドラゴン桜2 46話の感想

今回で1か月ほど続いた大宰府先生の講義はいったん終了のようです。

ここまでの話はだいぶ良い学びになりました。

 

キーワードを見つけて短文にする。

これは文章の核を手際よく見つけることが、他の教科の勉強をするうえでも役にたちそうですね。

 

単語の羅列が文章になることで、集中力や暗記力、理解力にもつながると思いました。

この学びから二人の学習意欲も上がって成績向上につながるといいですね。

 

さて、久々に登場の桜木ですが、セリフからして何かの試練を与えるのではないかなと予測しています。

簡単に切り離したりはしないでしょうから、早瀬の成長のために何かしらのアクションを起こすのでしょうね。

次回のドラゴン桜2 第37話は、2/7発売予定のモーニング第10号にて掲載予定です。

スポンサーリンク