週刊少年マガジン9号(1月30日発売)のドメスティックな彼女 第217話のネタバレと感想をまとめました。

217話は第23巻に収録されると思います。

瑠衣と別れてしまった夏生。

小説も彼女もなくなり自暴自棄になってしまいそうです。

気になる続きはネタバレです!

スポンサーリンク

ドメスティックな彼女 前回までのあらすじ

夏生に別れを切り出した瑠衣。

別れたくない夏生は必死に食い下がりますが、お互いの成長のために分かれることに。

それぞれの道を歩むこととなります…

ドメスティックな彼女 第217話「失恋ツイスター」のネタバレ

小説のスランプに加え瑠衣に振られたショックで、普段の生活もままならない様子の夏生。

桃源先生の入院先の手伝いに行くも、覇気がないと見破られます。

 

そんな夏生のことを心配して陽菜からご飯の誘いが。

飲みながら美味しい一品料理を進めますが上手く気持ちを盛り上げることが出来ません。

 

陽菜は夏生を元気づけることができず、マスターに相談します。

そんな話を聞くとマスターは、フミヤ、陽菜と共に鍋パーティーをしに夏生の家に押しかけるのです。

 

夏生はそんな気分じゃないと一瞬でドアを閉めるも、マスターはドアを蹴り破り強引に夏生の家に入り鍋パーティーを始めます。

 

楽しく鍋をつつく間に、マスターが夏生にちょっかいをかけますがノッてきません。

やはり何かおかしいと感じます。

 

それでも元気を出さない夏生に、マスターはみんなでツイスターゲームをしよう!と。

夏生もゲームに参加します。

 

まずは、陽菜とフミヤの番。

ツイスターゲームの醍醐味である密着をフミヤは堪能しますww

 

次にマスターと夏生の番です。

革パンを履いてきたマスター、なんと脱いでパンイチでの参戦。

 

段々と身動きが取れないポーズになってきたところで、マスターが核心に迫ります。

そしてモンスターボールでほっぺにチューが嫌な夏生は、瑠衣と別れたことを3人に打ち明けます。

 

マスターたちは、夏生が失恋と小説のことでのダブルパンチをくらっていることを知り、強引にノンアルコールの酒を夏生に飲ませるのです。

 

すると夏生は引きずっててもしょうがないと、陽気になりいつの間にか眠ってしまいます。

朝起きると陽菜が片づけをしていました。

 

陽菜から小説の事を聞かれ、想いを吐露します。

そして陽菜が辛かったよねと声をかけると、夏生は涙があふれ出てしまうのです。

 

(俺は今まで喜んでくれた人や応援してくれた人に)

 

(がっかりされたくなかったんだ)

スポンサーリンク

ドメスティックな彼女 第217話の感想

陽菜やマスターたちの優しさが本当に伝わってくる回でしたね。

瑠衣と別れ小説も書けない状態だったけど、みんなに打ち明けられて本当に良かった。

打ち明けた時の罰ゲームのような仕置きには笑いました。

 

みんなが喜んでくれて、みんなが期待しているということを考えると、誰しもプレッシャーに負けてしまうのではないか、夏生だけでなく。

夏生が最後に言った、ガッカリされたくないというのも本当にわかるから感情移入することが出来ました。

 

次回のドメスティックな彼女 第218話は週刊少年マガジン10号(2月6日発売予定)に掲載予定です。

来週もどうなって行くのか楽しみですね。

スポンサーリンク