週刊少年ジャンプ9号の「ぼくたちは勉強ができない第96話」最新話のネタバレと感想をまとめました。

96話は11巻に収録されると思います。

何かをふっきれた唯我。

これからの自分の道をどう進んでいくんでしょうか?

続きはネタバレになります。

スポンサーリンク

ぼくたちは勉強ができない 前回のおはなし

ぼくたちは勉強ができない 11巻/94話のネタバレ!素直になれない!?

マラソン大会の日。

張り切るうるかと憂鬱そうな唯我たち。

 

うるかとのキスを意識してしまう唯我ですが、大森くんたちの会話を聞いてどうやら挨拶のキスは口にはしないということに気づき、悩みはじめます。

唯我は友達のていで理珠に相談すると、その時友達はどう思ったのか?と聞かれハッとします。

周回遅れですが、うるかと並び心からエールを送る唯我は今までのモヤモヤが晴れたように清々しい顔をしていました。

ぼくたちは勉強ができない第96話

テスト明け、点数を見せ合う文乃、うるか、理珠の三人は全員80点台で喜んでいます。

唯我のおかげだと文乃が話しかけますが、何かに取り憑かれたかのようにバリバリと勉強をする唯我。

 

三人が見つめると気づき、『皆が頑張った結果だよ!』と言います。

そして時間を気にするようにドタバタと図書室を出ます。

 

『なんか最近変くない?』

マラソン大会のあたりから毎日忙しい異変に気付いた文乃とうるか。

もしや、デートなのでは?と疑い始めます。

 

そして理珠はというと、序盤からなぜかだんまりです。

様子がおかしい唯我を尾行することにした文乃とうるかは、変装してついていきます。

 

さっそくメイドカフェに入っていった唯我。

メイドカフェに通っているのかと勘違いをする二人は、強面の男の人に連れられメイド服を着せられてしまいます。

どうやらヘルプの人だと間違われてしまったそうです。

 

まさかの展開に焦る文乃とは対照的にメイド服を着て喜ぶうるか。

すると、アルバイト中の唯我が二人をヘルプだと思い挨拶にきます。

 

いつもと違う姿にボーっとしてしまう二人はバレてしまうと焦りますが、唯我はコンタクトの度が合っていなくて見えてないようです。

 

帰りたがる文乃をよそに、唯我の力になれるならと健気なうるか。

そんな二人をお客さんは、なんでも他店で1.2を争う人気のベテランメイドらしいと思い違いしてしまいます。

 

ハードルがかなり高くなってしまい、吹っ切れたようにキャピキャピのメイドを演じる文乃。

一方うるかは先程とは打って変わってモジモジ恥ずかしがっています。

そんな二人をいいコンビだと、まさかの大絶賛なのでした。

 

さすがはベテランだと褒めちぎりお礼する唯我ですが、急いで店を出て行ってしまいます。

二件目のアルバイト、コンタクトのまま来てしまったのです

 

店長と会話している唯我を見ていると急にこちらへ向かってきました。

うまく隠れた文乃と、隠れどころがなくマネキンに扮して堂々とポーズをとるうるか…

そんなマネキンうるかをマジマジと見つめる唯我ですが、まさかの気付かず、そして運び始めてしまいます。

 

最近のマネキンはやわらかくてあたたかくてすごいと感心する唯我に、”一生マネキンでいい”と思ううるかなのでした。

 

結局唯我のバイト二件を尾行した二人は、緒方うどんへ行き着きます。

うどんを食べに来たようです。

 

お店のドアを開けると、まさかの唯我が三件目のアルバイト中でした…

働き詰めの唯我にうるかは、『成幸さすがにバイトしすぎ!!』と訴えます。

 

心配する二人を『ちょっとほしいものがあるだけだから…』となだめる唯我。

どうやら理珠は文乃とうるかに言わないよう口止めされていたようです。

 

そんな時、大森君が来店しました。

いつも通りぞんざいな扱いをうけ、席に着く大森君。

 

頼んだうどんを唯我が運んできたときにサラッと『あ そーいやさ唯我― なんでVIP推薦蹴っちゃったん?』と言いました。

目線を外しそっぽを向く唯我と理珠。

知らなかった様子の文乃とうるかは『えっ!?』とかなり驚くのでした。

スポンサーリンク

ぼくたちは勉強ができない第96話の感想

今回は唯我のこれからに続くストーリーでした。

こんなにたくさんアルバイトをするのも、ほしいもののためというよりは、VIP推薦を蹴ったので進学先にかかるお金を稼いでいるのでしょう。

やっと、動き出しました!

 

そして口止めされていた理珠はかなり序盤からずっとだんまり。お口チャックがとても可愛らしかったです。

 

文乃とうるか。

今回は変装しての尾行。

すれ違いというか勘違いがとても面白い。

 

メイド姿もバッチリ可愛くて特にうるかはいい思いをしていました。

大森くんのサラッと核心に迫るあたり、地雷感がとてもいいです。これからお話が動き出すのでしょうか。

 

次回のぼくたちは勉強ができない第97話は、2月4日発売予定の週刊少年ジャンプ第10号に掲載予定です。

次もとても楽しみです。

スポンサーリンク