2019年1月30日発売の週刊少年サンデー9号に掲載、「舞妓さんちのまかないさん 第101話」を読んだのでネタバレ・感想をまとめました。

101話は舞妓さんちのまかないさん第11巻に収録されると思います。

修学旅行で京都に来た健太は、キヨに会うために花街を目指します。

いろんな人に道をきいたり、休憩してソフトクリームを食べたりしながらたどり着いたそこは、びっくりするくらい古風で美しい街並みでした。

 

続きはネタバレになります、ご注意ください!

スポンサーリンク

舞妓さんちのまかないさんの前回までのあらすじ

舞妓さんちのまかないさん10巻/第100話のネタバレと感想!修学旅行編

青森から京都へ修学旅行でやってきた健太。

キヨとすーちゃんには来ることを知らせずにやってきました。

 

ところが行く先々でキヨとニアミス。

恋みくじをひくと、「待ち人来ず」

キヨと健太は京都で出会えるのでしょうか・・・・

舞妓さんちのまかないさん第101話「あいつの住む町」ネタバレ

「え? 健太、お土産買いに行かねーの?」

同じ班のクラスメイトと別れて健太は別行動をします。

京都のガイドブックを見ながら歩いていく健太の後ろ姿を見ながら、クラスメイトは健太が野球以外のことに興味を持っていることを意外に思っていました。

 

たくさんの人がいる京都で、キヨに会うためには彼女の住む街へ行かないといけないと悟った健太。

住所をガイドブックで見ながら歩いていきますが、京都の住所は特殊で、どう行ったらいいのかわかりません。

時々お店の人やおまわりさんに聞きながらキヨの住む街を探します。

 

しかし人が多すぎて人に酔ったので、ちょっと休憩。

お抹茶のソフトクリームを食べながら、思い出すのはやっぱりキヨの事。

ソフトクリームを選ぶとき、すーちゃんは基本に忠実にバニラ

健太は好きなもの一筋にチョコ

キヨはどっちも食べたいと食への興味が強くてミックス

 

でもドジなのでせっかくのソフトクリームをぼとっと落としてしまって泣くから、いつも2人にひとくちずつもらっていました。

落とさなくても溶けてしまったりして、まともに全部ソフトクリームを食べているところを健太は見たことがありません。

 

そうこうしているうちに、花街にたどり着きました。

その古風な街並みに圧倒される健太。

「すげえ。これセットじゃなくて、本物か」

こんなすごい街でもきっとキヨはあのまんまでさぞかし浮いているんだろうなあ、と想像します。

そこへ舞妓さんがやってきて、観光客たちが殺到します。

 

健太はそういえばすみれも舞妓さんになってキヨと一緒に住んでいることを思い出します。

観光客は、街に現れた舞妓さんの写真を撮って、その美しさにうっとり見とれています。

最初は人だかりでよく見えなかったのですが、遠くから人と人の隙間からその舞妓さんを見て、健太は気が付きました。

「すみれ」

人だかりの中から声をかけます。

 

ぴたりと動きの止まる舞妓さん。

舞妓さんはすーちゃんでした。

すーちゃんは、キョロキョロとあたりを見回しますが健太がどこにいるのかわかりません。

「ここ、ここ」

さらに声をかけると手を振ります。

 

健太に気付いたすーちゃんはびっくりして手に持っていた巾着を取り落としてしまいます。

観光客が舞妓さんの様子にざわめき始めました。

スポンサーリンク

舞妓さんちのまかないさん 第101話の感想

健太、無事すーちゃんには会うことができましたね!

これはすごい偶然ですね~!!

でもお化粧しててもわかるのはなかなかすごいです。

さすが幼馴染。

でも、あんなきれいなすーちゃんの姿を見ても少しも動揺しないところが、一途な健太らしいところです。

すーちゃんと会えたのでキヨとも会えるかもしれませんが、もしかしたら・・・

おみくじは「待ち人来ず」ですからね・・・

すーちゃんは「待ち人」じゃないですもんね・・・・

 

次回の舞妓さんちのまかないさん102話は、週刊少年サンデー10号(2月6日発売予定)に掲載される予定です。

続きが気になりますね!

スポンサーリンク