別冊少年マガジン2019年2月号(1/9発売)の「進撃の巨人」最新113話暴悪を読んだので
ネタバレと感想をまとめました。

ついに動き出したジーク、今回はどんな展開になるのでしょうか?

進撃ファン必見、リヴァイ兵長の戦闘シーンはどうなるでしょう?!

続きはあらすじになります、ご注意ください!

スポンサーリンク

進撃の巨人 前回までのあらすじ  ​

前回、ジークの脊髄液が入ったワインを飲んだ兵士たちが巨人にさせられてしまいました。

その中でリヴァイはどうなってしまうのでしょうか?

ジークの目的も気になるところです。

また前回でミカサの頭痛の謎が解けました。

伏線がどんどん回収されていく展開は見逃せませんね。

進撃の巨人第113話のネタバレ!リヴァイの決心とジークの過去

113話の冒頭は、ワインを口にしている人が一瞬体が痺れる、「体中に電気が流れたような」感覚を味わっています。

それによってピクシスやハンジはジークが仲間を巨人にしたことに勘付いています。

 

ジークは調査兵たちを巨人に変えて逃げますが

「多少大きくなったくらいで何も悪くない部下を斬り殺したりなんかしないよな?」

とリヴァイへ吐き捨てています。

 

しかしリヴァイは一瞬で決心し無敵の強さを発揮して部下の巨人たちを討伐、すぐに逃走したジークの元へ向かいます。

ひょうひょうとした態度だったジークもすぐに獣の巨人になって応戦。

 

巨人になる前にジークが発していたセリフほとんど全てに呼応して、無双するリヴァイのセリフがブーメランのようになっていてどんどんジークを追い詰めます。

 

最後は雷槍をくらわせてジークを引きずり出し、獣の巨人にリヴァイが勝利しますが、まだ殺すことはできません。

ジークの拘束方法はかなり残酷でトリッキーです。

 

シガンシナ区ではフロック達イェーガー派が銃を構えています。

イェーガー派は兵団支部を占拠しに来ており、訓練兵団を率いているキースとぶつかることになります。

 

フロックは「頭の固さしか取り柄のない老人なんて不要なんですよ」と言い放ち新兵たちにキースを粛正させるのです。

キースが新兵に暴力を振るわれてボロボロになり、その姿を見ているハンジはとてもつらそうです。

 

ミカサ、アルミン、ジャン、コニー達は牢屋に入っています。

 

リヴァイはジークの腹部に雷槍を刺して拘束し雷槍爆発のための信管をつなぐワイヤーが首にくくりつけられています。

「ヘタに動いたらお前は腹から爆発して少くとも二つになるだろう」

と、ここまでされて当然、リヴァイは部下の命を踏みにじられたと相当怒り心頭です。

 

真っ二つになりそうなジークの足をさらに輪切りにするほど!

しかしジークは薄れそうな意識の中全く別のことを考えています。

 

吐くほどの痛みを伴うことをされているのに、「俺の・・・眼鏡は・・・どこ・・・だ?」と「眼鏡」がないことを気にしています。

 

ジークは自分の幼少期を回顧しています。

ジークの眼鏡をかけている黒髪の男性。

父親ではありません。

 

その男性と楽しそうにキャッチボールをしているところをジークは思い出しているのです。

ジークがクサヴァーさんと呼ぶその男性が

「将来は野球選手になるか?」

と笑顔でジークに話します。

 

ジークは「・・・だめだよ クサヴァーさん 僕には・・・使命が・・・あるから」と答えているところで、113話は終わります。

進撃の巨人 第113話の感想と考察

今回、進撃ファン必見のリヴァイ無双回でした。

多くの巨人に囲まれ、諦めるのかと思いきや、目を閉じる一瞬で切り替えて全て討伐し、ジークを追いかけ「何で勘違いしちまったんだ 俺から逃げられるって・・・」というセリフはとてもかっこいいです!

 

獣の巨人と戦う時、木の枝を最初にフェイクとして落とすのですが、この場面、以前ケニー率いる対人立体機動部隊に囲まれた時に酒場からフェイクとして椅子を投げて相手に無駄玉を打たせたところを思い出しました。

 

どんな時でも冷静に相手の出方を見ているリヴァイ、逆にワインを仕込んでおきながら感情的になっているのはジークのほうであるところ、とても面白かったです。

 

前回、エルヴィンとリヴァイの「誓い」のモノローグが出てきましたが、エルヴィンに「獣を仕留める」と誓っている上に部下を巨人にされて、ジークを殺したくてたまらないはずのリヴァイ。

なんとか決着がつくといいですね。

 

自分の脊髄液を兵団に飲ませるというなんともおぞましい作戦を仕掛けていたジークですが、最後のシーンで思い出している幼少期にはとても切ないものを感じました。キャッチボールの思い出って、普通は、父親じゃないですかね?

 

グリシャとはそんな思い出はない、ということも読み取れました。

ジークが慕っていたのは父親ではなくクサヴァーさんという男性だったのでしょうか。

 

この男性、見覚えありませんか?

ジークが両親を告発して楽園送りにした時、ジークの肩に手をかけて悲しんでいた男性ですよね。

 

だからあんな特徴的な眼鏡なのか!と妙に納得してしまいました。

ジークが大切にしていると思われるクサヴァーさんの眼鏡。

 

クサヴァーとは一体何者か、少し考察してみました。

もしもジークの血縁者であれば、王家の血筋関係者がまだ存在していたことになりますよね。

それでもしも存命ならばヒストリアを犠牲にしなくても済むでしょう。

 

しかしおそらくこの男性亡くなっていますよね。

血縁者ではなく、獣の巨人の前任者であるならばジークに食べられていますし。

それでもジークが慕っていたのならば、ジークの思考に少なくとも影響しているはずです。

 

進撃の巨人は「父親を超える」ことも1つのテーマになっているらしいです。

グリシャが「ジーク自身に向き合ったことがあっただろうか?」と反省しているように、自分に向き合ってくれなかった父親を売り、父親を超えて何をしたいのか、来月からはジークの真意に迫れそうですよね。

 

ジークもエレンも地ならしをすることが目的のように思えますが、1つ違いがあるとすればパラディ島民以外のエルディア人を生かしたいかそうでないかというところではないでしょうか。

 

ジークの祖父母はまだマーレにいるはずですし。

しかしエレンは誰にも巨人を継承させたくない、そのために世界中全て踏みつぶすつもりではないでしょうか?

ジークとエレンの真意は同じか、違うか、今後も見どころの1つですよね。

 

個人的にはパラディ島民にこれだけひどいことをしてきたジークにただエレンが従っているとは思いたくないのですが・・・。

 

先日「情熱大陸」で最後のネームが公開されていましたが、エレン?と思われる人が赤ん坊を抱いて「お前は自由だ・・・」と言っている描写、地ならしを発動させてしまい、世界中を踏みつぶしパラディ島しか残らず、それを自由だと表現しているのではないかと思いました。

 

あの赤ん坊がヒストリアの子なら、世界という敵がいなくなれば巨人を継承していかなくて済みますからね。

でもエレンが求めてきた自由とは、そんな悲しいことだったのかな、と。

 

ただ、随所に出てくる「世界は残酷」にも通じますよね。

もう次々と伏線が回収されて終わりに近づく進撃の巨人、来月以降も見逃せませんね。

スポンサーリンク

漫画最新話やコミックが無料で安全に読める?!

ネタバレ記事で大体の内容は分かっても、やっぱり絵が欲しいよ。

そう、やっぱり漫画はストーリーに作家先生の画があってこそ面白いのですよね。

 

しかし漫画をたくさん読むと、お金をかかって大変。

試し読みを公開している電子書籍サイトも多くありますが、制限があってツライ。

 

だからといって、違法ダウンロードなんかしたら、デバイスにウイルスを感染したり、もしかしたら乗っ取られてしまう危険もあるので絶対に止めましょう!

なんとかお金をかけずに安全に漫画を読めないの?!

という人には『U-NEXTの電子書籍サービス』がおススメ!

 

U-NEXTに新規登録をすると、

  • 31日間、無料でお試しできる
  • 登録後すぐに600Pが貰え、好きな漫画が読めたり動画が見れる
  • お試し期間中の違約金はない
  • Webで解約可能

 

無料お試し期間中にこの600ポイントを使ってコミックを購入することが出来るのです!

もちろん31日以内に解約すれば、一切基本料金はかかりません。

 

さらにU-NEXTといえば、圧倒的な本数の動画も配信しています。

登録中だったら、無料で見放題作品が視聴できます!

そして雑誌約70誌が読み放題☆

 

漫画だけでなく、アニメも映画もドラマも多くの動画が楽しめる「U-NEXT」!

この機会にチェックしてみてはいかがですか?

本ページの情報は2019年2月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。