2019年1月21日発売の週刊少年ジャンプ8号に掲載されている料理マンガ「食戟のソーマ」第295話のネタバレ・感想を紹介します。

ノワールの女性料理人・サージェと遠月学園第一席の幸平創真による真夏のクリスマスケーキ対決がついに決着します。

創真のブッシュドノエルの花火がついに打ち上げられます。どんな花火が見られるのでしょうか。

続きはネタバレです、ご注意ください!

スポンサーリンク

食戟のソーマ 前回までのあらすじ

食戟のソーマ 34巻第294話のネタバレと感想!真夏のクリスマスケーキ対決

294話では、創真の作ったブッシュドノエルが披露されました。

山芋を加えたケーキ生地に豆乳・米飴などを使った2種類のクリームは乳製品や砂糖を使わず素材が持つ甘さを引き出し、夏でも食べられるサッパリとした味になっていました。

審査員の難しい審査になるという言葉にノワールの女性料理人サージェは自分のケーキの方が上だと反論します。

しかし、創真のブッシュドノエルには大きな花火玉が2つ残っていて、今まさに開こうとしています。

さて、どんな花火が出るのでしょうか。

食戟のソーマ 第295話のネタバレ 花火玉から飛び出したものは?

創真がブッシュドノエルにのせてある花火玉から出ている紐を引っ張ると、中から無数の粒が飛び出し香りと共にケーキをデコレーションしました。

 

花火玉炸裂と同時に滴ってきたクリームがブッシュドノエルの表面に木のアイスクリームスプーンで付けた樹木模様の溝に染み渡りました。

 

粒の正体は「コーヒークランブル」と言って、果実・アーモンド・コーヒー豆の粉などを混ぜて細かく磨りつぶして焼き上げたイギリス発祥とされているそぼろ状のお菓子です。

 

このお菓子にすりおろしたみかんの皮を加えることで爽やかな酸味が加わり、サッパリとしたケーキ生地との相性抜群となっています。

 

そして、樹皮模様の溝に染み込んだクリームはブッシュドノエルに使われているブラウンクリームを気温で溶けやすい濃度で調整されていて、溶けたクリームの潤いによって、コーヒークランブルのパサつきを防ぎケーキにも絡むようになっていました。

 

それでいて、コーヒークランブルのサクサクとした食感は失われることなく保たれています。

 

ケーキに砂糖・乳製品を使わなかったのは、コーヒークランブルの酸味と苦みをしっかりと味わって貰うためだと判明します。

 

ブッシュドノエル・ブラウンクリーム・コーヒークランブル、どれも普通に作られているのに完成した味は異能級という事実に、ノワールの女性料理人サージェは戸惑ってしまい創真にどんな異能を持っているのかと問いかけますが、返ってきた答えは異能ではなく定食屋の知恵。

 

定食屋は非日常である高級レストランやリゾート地と違い、日常の中にある当たり前のような存在。

 

毎日お客さんに飽きられないように、驚きのある一品を提供し続けられる汎用性と応用力が必要となります。

そのため父・城一郎は、創真が遠月に編入するまでほぼ毎日無茶振りをし続けていました。

 

その答えにサージェは納得できない様子でしたが、創真のブッシュドノエルを食べたことによって自分の負けを認めることになり、創真の勝利となります。

 

別の会場では司瑛士対才場朝陽との対決が始まろうとしていた。

スポンサーリンク

食戟のソーマ 第295話の感想

花火玉から飛び出したコーヒークランブルとクリームによって、ごくありふれたブッシュドノエルが爽やかな風味が広がり、苦みがパッと散るまるで花火のような味になるのは凄いなと思いました。

また、そうなるようにケーキ生地に砂糖・乳製品を使わない工夫も良かったです。

 

こういうアイディアがパッと出てくるのも、城一郎による無茶振り特訓の成果になっていることに驚きました。

確かに定食屋さんは、どこにでもあり飽きられてしまうと次に来てくれる保証もない。

 

お客さんが飽きずに来て貰うためには驚きのある一品を提供し続ける「食事処 ゆきひら」が超一流の定食屋というのも納得しました。

 

司瑛士と才場朝陽との対決が楽しみです。

スポンサーリンク