2019年1月17日発売 週刊少年チャンピオン7号に掲載の《BEASTARS(ビースターズ)第113話》のネタバレです。

113話は、BEASTARS 第13巻に収録されると思います。

前号から場面が変わり最新話では、夜更けにコーポ伏獣に帰宅したセブンさんが聞き込みに来ていた警官から骨肉麻薬の話を聞き、簡単に騙されて手を染めてしまいそうなレゴシのことを心配します。

ちょうどその頃セブンさんの予想通り、レゴシは骨肉麻薬の密売人と接触中!

レゴシは骨肉麻薬に手を出してしまうのでしょうか?

スポンサーリンク

BEASTARS(ビースターズ)前号までのあらすじ

BEASTARS(ビースターズ)第112話/13巻のネタバレ!ヤフヤの憎しみ

再会を果たしたヤフヤとゴーシャでしたが、ヤフヤが一方的に話し、黙り続けるゴーシャ…

ゴーシャはヤフヤを部屋の中へと招き入れようとしますがその時、不用意に使った「ビースター」という言葉が原因で二匹は大喧嘩に!

喧嘩もおさまり、ゴーシャが共闘する意思が無いと説得をあきらめたヤフヤはゴーシャの孫 レゴシに目を付けたのでした!

BEASTARS(ビースターズ)第113話のネタバレ

場面が変わり、夜更けにトボトボと帰宅してきたセブンさん…

 

…すると

「なぁーにが言いたいのよ!」

コーポ伏獣の管理人室の窓から顔を出し管理人さんが怒鳴っています。

 

怒りの矛先は、マウンテンゴリラのおまわりさん“コナ”でした。

巡回のたびにコーポ伏獣に目を光らせるコナに御立腹だったのです!

 

「管理人さん、何かあったんですか?」

と聞くセブンさんにコナが言いました。

 

「あなたもこの地区の草食獣なら用心して…」

コナの話によると骨肉麻薬にハマっている肉食獣がどんどん増えているとのこと。

だから十分に警戒すべき時なんだと…

 

骨肉麻薬というのは草食獣の血液や骨の粉末を調合した非合法の薬物で、食肉よりも罪悪感を伴わずに欲を発散できることから、若い肉食獣の間で密かに流行っているのだということです。

 

密売の手口は単純で肉食用のエナジードリンクだと偽り試飲させて、味を覚えさせるのだそう。

 

話を聞いたセブンさんは

 

(なんか…レゴシくん、普通に騙されそうね)

 

まだ明かりの付いていないレゴシの部屋を見上げて心配しています。

その心配は的中し、その頃レゴシは密売人達に囲まれていたのでした!

 

密売人はエナジードリンクの試飲と偽り、味見だけでもと執拗にレゴシにすすめています!

 

(コイツなら、ドリンクのフタを開けた匂いだけでラリるぞ…)

 

プシュ…

密売人はレゴシの目の前でフタを開けました!

 

「んっ」と鼻を押さえるレゴシ…

(よし!これで大体の肉食獣は本能むき出しの表情に変わりそして!!)

 

密売人はレゴシが食肉の虜になるのを期待して様子を伺っています!

 

ところが…「いっ ぐしゅん!」

密売人の期待とは裏腹に、大きなくしゃみをしたレゴシ!

 

「これニュースでやってた麻薬ですよね…」

予想外の形で表情が変わったレゴシにビビる密売人…

 

「どういうことだ…どうして麻薬が効かないの?」

慌てる密売人。

 

レゴシは

「俺は友達の生きた肉を食べました…だからこんな混ざり物では…」

だんだんと怒りが込み上げてきます。

 

レゴシの心の中でルイ先輩も言っています。

 

「正義の食肉を経てこんな生ぬるい悪を許すのか?」

「ちゃんと怒れよレゴシ!」

「いい加減、前へ進んだらどうだ」

 

「…ルイ先輩がそう言ってくれるなら…」

「その麻薬の素材に使われた草食獣の分くらいは暴れさせてもらうので…!」

そう言ってレゴシは戦闘態勢に入るのでした!

 

一方そのころ、コーポ伏獣では、食肉前科のあるハイイロオオカミが未だ帰宅していないことを不審に思ったコナが、あと30分待って帰宅しなければ捜索しようと仲間の警官と相談しているのでした!

スポンサーリンク

BEASTARS(ビースターズ)第113話の感想

正義の味方レゴシですが、どうもタイミングが悪いですね?

悪者を懲らしめているのに逆に警官から警戒されてしまって…

セブンさんもサグワンさんも心配しているから早く帰ってきてほしいですね!

スポンサーリンク