2019年1月16日発売の週刊マガジン2019年7号に掲載、「東京卍リベンジャーズ 第93話(11巻収録予定)」を読んだのでネタバレ・感想をまとめました。

八戒を止めるために教会へと入ったタケミチ。

太寿を殺すためにそこで待ちかまえる八戒を説得しようとします。

しかし、その途中で太寿が現れてしまいます。

続きはネタバレになります、ご注意ください!

スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ 前回までのあらすじ

東京卍リベンジャーズ 11巻/第92話のネタバレと感想!聖夜の決戦始まる

2005年12月25日。

タケミチは場地圭介のタスキを千冬から受け取り、決戦の地へ。

決戦の地となる教会では稀咲たちも待っていました。

予定通り太寿は教会へ一人で向かい、教会の中では八戒が待っています。

 

太寿を稀咲達が足止めし、その間にタケミチが八戒を説得する作戦が今、始まります。

タケミチは八戒を説得することができるのか?!

東京卍リベンジャーズ 第93話のネタバレ!

教会の中で向かい合うタケミチと八戒。

「オマエを止めに来た」

と宣言するタケミチ。

 

彼がここにいるということは、稀咲の情報が正しかったということ。

あとは作戦通り外で稀咲達が太寿を足止めしてくれている間に彼を説得すればいい、と心に決めます。

 

八戒は「あの話」をしたのは止めてほしいからではなく、決意のために話したんだ、と言います。

しかしタケミチは自分が悩みを人に話すときは決断できないときだ、と言い返します。

 

太寿の「圧制」で殺す以外に道がない、と思うのはわかる。

でも「殺す」ことは「守る」ことにはつながらない、姉ちゃんを守りたいんだろう!と訴えますが、

 

「テメェに何がわかる!!?」

と一喝されてしまいます。

 

苦しげな表情の八戒・・・

食事が不味ければ殴られ、挨拶がなければ1日正座させられ、兄より先に起きていなければ血を吐くまで蹴飛ばされ、機嫌が悪い日は目が合うだけでぶっ飛ばされた、と兄の暴君ぶりを言い連ねます。

 

そんな彼の迫力にタケミチは何も言い返せません。

家族の問題に口を出すなと言われてうつむいてしまいます。

 

しかしあきらめたわけではありませんでした。

帰れ、と言う八戒の背中に向かって、

 

昨日、ヒナを守るために別れてきた、弱くて根性なしでどうしようもないバカな自分を好きでいてくれた彼女を守るためには自分だってなんだってする、でも、どんなに敵を恨んでも人殺しはしない、ヒナが悲しむような真似はしない! と言い切ります。

 

八戒は姉の柚葉を守るために太寿を殺そうとしていますが、それを柚葉が悲しまないのか!?と訴えました。

 

その言葉に心を動かされたようすの八戒がなにか言おうとしたその時、教会の中に何者かが入ってきました。

 

ギョッとするタケミチ。

 

一瞬ひるんだものの、ぐっと顔を引き締め、にらみつける八戒。

入ってきたのは太寿でした。

 

「テメェら、ここで何してんだ!?」

(裏切られた!?)

 

激しく動揺するタケミチ。

その後ろから、刀を握りしめた八戒が太寿に襲い掛かります。

 

「待て!!! 八戒!!」

タケミチの叫び声が教会に響き渡りました。

スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ 第93話の感想

やっと教会の中に入りました。

タケミチの説得が始まります。

 

ここで、ヒナと別れてきたことが功を奏す・・・・のか?! と思いきや、足止めされているはずの太寿が現れました。

 

稀咲達に裏切られたんでしょうか!?

太寿はどう見ても無傷だし、ここに来るまでに誰にも会っていないようなリアクションでした。

と、なると裏切られた説が濃厚です。

 

しかし、ここまできて何で裏切るんでしょう・・・モヤモヤします。

八戒は、太寿が現れる直前まではかなり動揺していました。

 

もしかしたら、ギリギリで太寿を殺すことを躊躇するかもしれません。

次回、教会の外で何が起こっていたのかがわかるのでしょうか?

続きが気になります。

スポンサーリンク