ヤングジャンプ6・7号(2019 1/10発売)のAKECHI最新話!

15話は2巻に収録されると思います。

明智の提案にのって、ゲームをスタートした蕗屋。

しばらく、ゲームを続けたが、何も進展がないことにつまらなくなり、ゲームをやめた。

そのとき明智は蕗屋に対してあなたの負けだ、言った。

気になる続きはネタバレです。ご注意ください!

スポンサーリンク

AKECHI前回までのあらすじ

AKECHI 2巻/第14話のネタバレと感想!明智VS蕗屋

明智は、警察官の波越と笠森に蕗屋に自供させると言い、蕗屋をファミレスに呼び出した。

齋藤里枝を殺害した自供を促すが認めない。

明智の提案にのり、ゲームを始めた。

しばらく続いたが、これ以上やっても意味がないと思い蕗屋はゲームをやめた。

明智はゲームの中に一つ罠をしかけていた。

AKECHI 第15話のネタバレ

明智は蕗屋にあなたの負けだと言った。

蕗屋は、納得できていないが、明智は犯人はあなたです、と断言した。

 

明智は、蕗屋が頭がいいから、心理ゲームが始まる前から理解し攻略していた。

だから一つ罠を仕掛けたとのこと。

 

ただ、罠はたった一つなのでそこを回避されていたら明智の負けで、蕗屋の完全犯罪だった。

蕗屋は少し興奮してその罠のことを聞きたがっていた。

 

心理テストの中で明智が屏風と言って、蕗屋が六歌仙と答えた所が罠だった。

古今和歌集の序文に記されている、在原業平、僧正遍昭、喜撰法師、大友黒主、文屋康秀、小野小町の6人の歌人の事で、随分と限定的だと、明智は指摘した。

 

齋藤家の玄関にあった屏風のことだが、絵までは報道されていない、とのこと。

 

蕗屋は笑いながら、齋藤家にお邪魔したことがあって、そこで見たと言い、刑事の笠森も一か月前に蕗屋が齋藤家に行っていることは複数の証言から掴んでいた。

 

さらに蕗屋は古今和歌集が好きで覚えていたとのこと。

その時、明智が、『あなたは今、自供しました。』と言った。

 

実は、あの屏風、一か月前に齋藤家になかったのだ。

 

あの屏風は被害者の齋藤里枝が最近飼い始めた猫が玄関でおしっこをして、そのシミを隠すために買い、玄関を猫にトイレと認識させないために置いたとのこと。

 

波越が骨董品屋で領収書を確認しており、事件2日前に被害者齋藤里枝が購入していた。

 

明智は、さらに、いつあの屏風を見たのか問いただした。

首を絞めて殺した時に、齋藤里枝さんの最後の抵抗の跡が屏風に残されているのに気付いた時ではないですか?とさらに明智は蕗屋を問いただした。

 

波越と笠森が警察署に連行しようとした時、蕗屋は興奮し

「言っていない」

「証拠がない」

と抵抗したが、笠森はノートに記入し波越は録音していた。

 

観念した蕗屋は、自分は大学で人類を救う研究をしており、死を待つだけの老人が金を持っていても意味がなく、将来のある自分が金を持つべきだと、叫び、解るわけないか、と落胆した。

 

明智は、蕗屋を否定した。

 

何の落ち度もない齋藤里枝を殺しとことがどれほど人として愚かな行為なのか、立派でなく、せめて人間になれるようにその優秀な頭脳を使ってみたらどうですか?塀の中で。

 

それを聞いた蕗屋は明智に飛び掛かった。

その時笠森が蕗屋をおさえつけて、手錠をかけた。

 

そして事件は解決した。

 

事件後、孫が生まれそうなのに、笠森は娘さんに会いに行かず、安産祈願をしていた。

波越に殴られ素直になり孫に会いに行った。

スポンサーリンク

AKECHI 第15話の感想

神田資産家殺人事件の解決編でしたが、後味の悪い感じでした。

 

蕗屋は本当に頭が良くて将来有望だったのに一億円という言葉を聞いてしまい、自分なら完全犯罪を成し遂げると確信し、実行してしまった。

 

ただ、15話を読み終えたとき、証拠が蕗屋の証言だけでは、弱く不起訴になるかもしれないと、思いました。

 

しかし、波越刑事と笠森刑事が、証拠を固めてくれることでしょう。

 

あと、事件後の波越と笠森さんのやりとりにほっこりしました。

次回は新しい事件が始まりそうですね。

楽しみです。

スポンサーリンク