青のフラッグ6巻が発売されました!

早速、青のフラッグを読んだネタバレや感想をまとめました。

進路に悩む二葉に太一はどう答えるのか?

文化祭で真澄やマミの心中も掘り下げられる中、とうとうトーマの想いが零れて…。

続きはネタバレになります。ご注意ください!

青のフラッグ5巻のあらすじ

青のフラッグ5巻のネタバレ!最新刊ではついに太一と二葉が!?

ついに思いが通じ合った太一と二葉。

夏祭りの帰り、太一はトーマに二葉と付き合うことになったと報告。

 

二学期が始まり、トーマに片思いしているマミが急に太一に接近してきますが、一見奔放に見える彼女の本音を知ることになります。

一方トーマは、友人の仁井村津吾に「何を隠している」と問いただされ…。

>>今すぐ無料で青のフラッグ最新刊を読むにはこちら★

青のフラッグ6巻のネタバレ

教室、二人でいる太一と二葉。

鞄から勉強道具を取り出した拍子に太一の鞄から、トーマが誕生日プレゼントに贈ったお守りが落ちます。

 

トーマの手作りだと知って感心する二葉。

自分も太一へお守りを贈りたいと言います。

太一自身も二葉へあげたいからと、これから神社へ行こうかという流れになったその時、慌ただしくマミが教室へ駈け込んできました。

 

掃除道具入れにマミが身を隠した所へ、マミに思いを寄せるケンスケが…。

マミは呆気なく見つかってしまいます。

その場で激しく口論になるマミとケンスケ。

 

マミはケンスケに恋愛感情は無いので友人としていてほしいと伝えていましたが、ケンスケは彼女を作ってはマミを理由に別れを繰り返し…。

マミに罵られてケンスケが逆ギレしたところでマミの女友達二人が入ってきました。

 

彼女らにマミのどこが良いのか振られたケンスケは「1番は顔」「2番目は声」「3番目は体」ときっぱり。

半ば呆れられるケンスケでしたが、「声も見た目も才能なのにそこを好きになるのが何で悪いのか」と反論。

 

そこへトーマたちも合流。

太一と二葉に迷惑かけるなとシンゴが呆れたところで、一同はその場から立ち去ります。

その時、トーマは太一へ少し寂しげに笑って見せたのでした。

 

太一と二葉は神社へ向かいます。

参拝する二葉の横顔に見惚れながら、どこが好きなのか問うた女子の声が蘇る太一。

 

その後二人はお守りを買って互いに贈りあいますが、二葉がそこで太一に相談があると、急きょ太一の家に行く事に。

突然二葉を家に連れ込むことになり緊張する太一。

二葉の相談と言うのが、進路の事。

 

太一と同じ大学へ行きたい気持ちはあるが、どう決めていいか分からなくなったのだと二葉。

受けたい大学の希望の中に北大...北海道大学があるのだと二葉は告げます。

流石に驚く太一。

 

二葉はムリだと思うけど、でも上を目指した方が良いのではないかと言う気持ちや、もし受かったら真澄と同じ大学へ行けるのだと言う。

一方で太一と離れたくない思いや今の成績では難しいこと、そもそも花が好きでそっちの勉強がしたいのだけど度々病気にしたりしているので、好きだからこそそっちの道を諦めた方が良いのではないかという気持ちを吐露する二葉。

 

そんな二葉に、太一は「お前は頑張りたいんじゃねぇの?」と、自分はそんな二葉を応援すると励まします。

太一が差し出したお守りを受け取り、二葉は「ありがとう」と目を閉じる。一方で太一は「何をオレは偉そうに」と内心自己嫌悪。

 

二葉が帰った後、北大の偏差値や遠距離恋愛、自分がやりたいことを考える太一。

ふと、トーマはどうするのかと思います。

 

二葉も、家に帰って進路について考えます。

翌日、太一は友人のヨーキーに「今更志望校を変えたらどうなのか」と話を振って「しっかりしろ」と叱られました。

「後悔しない選択しろよ」と念を押される太一。

そう、また太一に大きな選択の時が迫りつつありました…。

 

季節は少し進んで文化祭当日。

太一は二葉が園芸部でやっているカフェへ。

カフェには園芸部で育てた花が飾られてあり、太一が二葉の育てた花を尋ねると、「小さいの…」と自信無さげに答える二葉。

 

それでも、小さくも可愛らしい花と二葉を重ねたような太一。

一緒に行くと約束しているライブの時間まで一旦別れることに。

 

一人でぶらついていると、トーマたち一行と遭遇。

一緒に回ることになり、シンゴたち図書委員が作ったお化け屋敷に行く事になった太一とトーマ。

驚いた太一がトーマに密着する場面も…。

 

お化け屋敷を出るとシンゴは何処かへ行ってしまっていました。

自分と違い体格の良かったトーマを思い出し少しイラッときている太一。

 

真澄は文化祭へは行かず一人本屋でガーデニングに関する本を立ち読みしてると、アキコと偶然巡り合います。

妊婦のアキコを気遣い、真澄が荷物を車まで運ぶとお礼に喫茶店へと行く事に。

会話の中でトーマについて、「できることなら苦労しないで幸せになって欲しい」と言うアキコに、真澄はトーマの幸せとはどんな状態のことなのか訊ねます。

 

一方、腹を満たしながら進路の話題が出たトーマと太一。

トーマはやはり家を出て職に就くと言う。

「自分で選んで失敗する方が後悔しないかな」と語るトーマ。

「オレもお前みたいに将来に何の不安もなく生きられたら」とトーマを羨む太一に、オレだって考えているし不安しかないとトーマが少々怒った様子。

 

それでもトーマが才能や人望に恵まれているのは事実だと太一。

「なんだかんだきっと、オレなんかより幸せになれちまうんだろうなぁって」

 

 

場面は戻って真澄とアキコへ。

トーマの幸せについて訊ねられたアキコは、「毎日笑顔でいられること」と言う。

真澄は「私は大切な人たちが笑顔でいてくれたら幸せです」と語る。

 

「望まれる自分でありたい。ありたかった…」

親の安心とは?何の苦労もないとは、人と同じに、普通に生きることかと真澄。

 

アキコは真澄が何を悩んでいるのか訊く。

「好きになる人が、普通の人と違うんです」

 

 

太一も、「オレが今一番願う幸せって何だと思う?」とトーマに訊ねられていました。

急に態度がおかしくなったトーマに困惑する太一。

やがて「付き合ってくれてありがとう」とトーマは去って行きます…。

 

 

無理に合わない人に合わせる必要はないと言うアキコに、関係ない他人にどう思われても構わないと真澄はきっぱり。

そう、大切な人は別…。

何が苦しい?とアキコ。

「秘密を持ってることが?打ち明けられなくて、裏切ってる気持ちになる?」

 

泣きそうに顔を歪ませる真澄。

アキコは優しく諭すように言います。

「その秘密はあなたの罪でも弱点でもないのよ」

 

アキコも誠也やトーマに言ってないことがたくさんあると言う。

好きになったからしょうがない、犯罪を行わなければどんな感情も自由だというアキコに、

 

「それを大切な人にも同じように言えますか?例え理解できない嫌悪するような嗜好を持っていたとしても持つとしても、許せますか?今までと同じように接せられますか?」

縋るような真澄。

 

アキコは穏やかな目で、「その問題はあなたが抱える問題じゃない」と言いました。

相手がどう思うかはその相手が抱える問題だからどうにもできない。だから―――。

 

 

一方トーマは、マミに懇願されてメイクを施されることに。

太一は二葉と合流、ライブ会場へ。

メイクしてもらったトーマはいつもよりきりっとした印象に。

笑顔でトーマと話すマミ、それを外から眺めるケンスケ。

 

教室でトーマと二人きりのマミは再び「好き」だと告白。

「トーマが女の子だったら良かったのにな。それかアタシが男だったら、そしたらこの好きはただの友達の好きになったのに」

ケンスケが自分を好きでいてくれるのは嬉しいけど、だからといってケンスケを好きに慣れないのを責められたくも自分で責めたくもないとマミ。

 

トーマにもそんな風に思ってほしくない、トーマともケンスケとも友達でいたいと溢すマミ。

「トーマはアタシと友達でいるの気持ち悪い?」

 

必死な目に、トーマは覚悟を決めたような眼差しで、

「オレさ好きな人がいる」

「オレが好きなのは」

正面から受け止めるマミと、盗み聞くケンスケ。

 

ケンスケはトーマの答えを聞いて激昂し、教室へ入ってきました。

ライブ会場では、太一と二葉が幸せそうに微笑み合って手を繋いでいます。

 

しかし…。

見えていた世界が変わろうとしていました。

スポンサーリンク

漫画最新刊を無料で読む裏技!

マンガを安く買いたい・・・・

マンガを無料で読めたらいいな・・・・・

ネットに落ちてないかな・・・・

 

もしかしてネットにあるrarやzipファイル・torrentファイルをダウンロードして漫画を読んでいませんか?

これをしてしまったら犯罪者です!!

違法アップロードはもちろん、違法ダウンロードも犯罪行為!

漫画を読みたいといっても犯罪を犯してまでは読みたくありませんよね?

 

そこで漫画大好き、でも超どケチな私が1561円分のマンガを無料で読んだ裏技に興味ありませんか??

今から5〜10分後には、1561円分のマンガを無料で読む事が出来ます。

 

方法は簡単!

2つのオンデマンドサービスに初月無料のお試し会員登録するだけ。

U-NEXTとmusic.jpは、本来ならば有料サービスなんです。

ですが、どちらも無料お試し期間があり、しかも登録時にポイント(1p/1円相当分)がもらえます。

トライアル期間をうまく利用すれば、マンガを無料で読めちゃうんです!

【U-NEXTを賢く使うには?】

U-NEXTって1度は聞いたことあるかもしれませんが、実は映画やアニメ動画配信だけでなく電子書籍も豊富な品揃え!しかもアダルト作品でも見放題の作品もアリ☆

31日間無料トライアルができ、登録時に600ポイントをすぐにもらえます。

このポイントを使って最新刊や好きな漫画を実質無料で読むことができるのです!

【music.jpを賢く使うには?】

music.jpは音楽配信をはじめこちらも動画やマンガ、雑誌まで幅広く楽しめる総合配信サービスです。

なんと17万冊以上のマンガが取り揃えてあります!

music.jpも初月無料で試せる上、登録時に2,461ポイントが貰えます♪

※music.jpのポイントは動画専用ポイントが1500ポイントが含まれるので、マンガに使えるのは実質961ポイントになります。(1500ポイントは、映画やドラマ・アニメなどの新作動画に使えますよ!)

 

どちらのオンデマンドサービスでも、見放題作品のドラマ・映画やアニメがあるため、漫画だけでなくなどの動画も同時に楽しむこともできますよ。

U-NEXTもmusic.jpも無料登録期間内に解約をすれば、費用は1円もかかりません!!!!

ただ解約を忘れたら月額費用がかかるので、そこは注意してくださいね^^;

 

どちらか1つでもコミック1冊分は無料で読めるポイントが付与されるので、1度使ってみない手はありませんよ。

 

もし漫画を毎月購入しているのであれば継続後もポイントが毎月加算されるので、ポイントを使って無料で読んでしかも動画も楽しめるという使い方があるのを覚えておいてください!!

青のフラッグ6巻の感想

読み終わった瞬間あぁ…と。

次巻で3人の関係はどうなっていくんでしょう?

 

登場人物の名前から察せられるようにこの物語は太一・二葉・トーマの三人の関係が軸に話が進んでいるのですが、ここに深く関わっているように見えるのに何故か外れてしまっている真澄(彼女だけ単行本の表紙からも、恐らく意図的に外されています)の心境について明らかになりました。

 

普段はクールに振る舞う彼女の苦しい心情、また二葉の回想で出てきた笑顔がちょっとびっくりするぐらい眩しくて、二葉と二人きりだとあんな風に笑えるのかと切なくなりました…。

彼女の選択がどんな風になるのかも見届けたいですね。

 

そしてトーマ…どうなるかは次巻の展開次第ですが、恐らく彼が誰を思っているのか校内に知れ渡ってしまったのでしょう。

告白するにしろしないにしろ、彼の望む形で叶えてあげたかったです。

 

太一と二葉は相変わらず初々しく可愛いカップルだけに、これからの展開が恐いです。どうなるんでしょう…。

スポンサーリンク

漫画最新話やコミックが無料で安全に読める?!

ネタバレ記事で大体の内容は分かっても、やっぱり絵が欲しいよ。

そう、やっぱり漫画はストーリーに作家先生の画があってこそ面白いのですよね。

 

しかし漫画をたくさん読むと、お金をかかって大変。

試し読みを公開している電子書籍サイトも多くありますが、制限があってツライ。

 

だからといって、違法ダウンロードなんかしたら、デバイスにウイルスを感染したり、もしかしたら乗っ取られてしまう危険もあるので絶対に止めましょう!

なんとかお金をかけずに安全に漫画を読めないの?!

という人には『U-NEXTの電子書籍サービス』がおススメ!

 

U-NEXTに新規登録をすると、

  • 31日間、無料でお試しできる
  • 登録後すぐに600Pが貰え、好きな漫画が読めたり動画が見れる
  • お試し期間中の違約金はない
  • Webで解約可能

 

無料お試し期間中にこの600ポイントを使ってコミックを購入することが出来るのです!

もちろん31日以内に解約すれば、一切基本料金はかかりません。

 

さらにU-NEXTといえば、圧倒的な本数の動画も配信しています。

登録中だったら、無料で見放題作品が視聴できます!

そして雑誌約70誌が読み放題☆

 

漫画だけでなく、アニメも映画もドラマも多くの動画が楽しめる「U-NEXT」!

この機会にチェックしてみてはいかがですか?

本ページの情報は2019年5月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。