五島列島北部にある小値賀島のパワースポット「タマイシ様(ポットホール)」が2月21日に放送の「沸騰ワード10」で紹介!

神秘的な石がまるで龍の目のように見えるタマイシ様ですが、なぜこのようなものができたのでしょう?

 

この記事では小値賀島のタマイシ様(ポットホール)について、画像やアクセス方法をご紹介します!

スポンサーリンク

【画像】小値賀島のタマイシ様(ポットホール)の正体

小値賀島の島民が「タマイシ様」と崇め信仰の対象にしているのが、こちらのポットホール!

石でできた丸い玉が、なんだか龍の目のようにも見え少し怖い感じもしますよね。

 

深さおよそ3mの玄武岩が裂けて出来た穴の底には、丸い玉石が鎮座しており、岩の間から出入りする海水が玉石を回転させるのです。

そのため玉石周辺の岸壁を削り、今でも穴を掘り下げています。

 

玉石様があるポットホールは、世界で2位、国内で1位の大きさなんですよ。

ポットホールとは?

そもそもポットホールとは何かご存知ですか?

甌穴(おうけつ)とも言われる河底や河岸の岩石面上にできる円形の穴のことです。

かめ穴と呼ばれることもあります。

 

岩の表面の割れ目が水流によって浸食されてくぼみになったり、岩の窪みにはまった石が水流によって回転し、石は玉のように丸くなり周りの岩は削れるより深く浸食されていった穴のことです。

 

有名なところでは伊豆・伊東にあるかんのんの浜

ポットホールの大きさや深さは数センチから数メートルとさまざま。

 

自然の造形美ってどうやって出来るのか不思議ですが、神秘的なパワーを感じますよね。

タマイシ様(ポットホール)へのアクセス

この投稿をInstagramで見る

 

Charitable Trade(@charitabletrade)がシェアした投稿

玉石様が鎮座するポットホールは、正確には小値賀島と橋でつながる斑島にある『玉石鼻』にあります。

 

斑島北東端の玉石鼻にある国指定天然記念物です。

名称:玉石鼻
住所:〒857-4707 長崎県北松浦郡小値賀町班島郷

 

小値賀島へのアクセス方法は、フェリーに限られています。


画像:http://ojikajima.jp/

小値賀島へのフェリーは、博多港か佐世保港から出ています。

博多港からは小値賀島まで約5時間。

佐世保港から小値賀島まで3時間程(高速船なら2時間程)の時間がかかります。

 

そして小値賀港から目的地の「玉石鼻」まで車なら15分前後。

小値賀島にはタクシーがありません。

バスもしくは、レンタカーやレンタサイクルでの移動になります。

 

玉石鼻には白い鳥居が神秘的に立っていますので目安にしてくださいね。

 

歩道はあちますが、岩場を歩くことになるので足元に気をつけて!

また天候によっては波が高く危険な日もあるので注意してください。

 

ポットホールの丸くてツヤツヤした玉石に、自然の神秘や力強さを感じさせられますよ。

小値賀島「タマイシ様」のまとめ

小値賀島にあるタマイシ様は、ポットホールにある玉石のことです!

長い歴史によって自然にできた玉石の魅力にあふれています。

 

小値賀島の自然の美しさの一つでもあるのでぜひ遊びに行って見てみたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク