1992年に風船でアメリカまで横断しようとした風船おじさんがいたことを覚えていますか?

風船おじさんの新事実が2月21日放送の「爆報!THE フライデー」で明かされます!

 

風船おじさんこと鈴木嘉和さんは、ピアノの調律師・経営者でありながら自称冒険家として、さまざまなことに挑戦していました。

実はこの風船を取り付けたファンタジー号でのアメリカ横断は、借金返済するために行われたと言われています。

 

果たして風船おじさんこと鈴木嘉和さんのファンタジー号事件の真相は、何なのでしょうか?

また残された家族(妻・継子の娘3人)は現在はどうしているのか調査してみました!

スポンサーリンク

【動画】風船おじさん(鈴木 嘉和)の真相と新事実は?

風船おじさんこと鈴木嘉和さんは、多数のヘリウム入りの風船を取り付けたゴンドラ・ファンタジー号の上昇実験と称し、琵琶湖湖畔からの試験飛行の許可を運輸省(現・国土交通省)から得ていました。

しかし風船おじさんの真の目的は『アメリカまでの風船ゴンドラ飛行』だったのです!

 

なんと家族には「もしも自分がアメリカまで横断したらマスコミが家に押しかけて大変だから」という理由で、事前にホテルへ宿泊するよう手配をしていたという用意周到ぶり。

 

風船おじさんは、上昇実験後「行ってきます」とファンタジー号と地上を繋いでいたロープを外してしまいます。

周りの人たちは騒然とし「どこへ行くんだ」という問いにも、平然と「アメリカですよ」とさらにおもりの瓶を捨てて空へ旅立ったのです。

 

こちらの動画はファンタジー号事件の序章となる、多摩川から九十九里浜を目指した飛行実験の動画です。

警官の制止を振り切り、空へと飛び立った風船おじさん(鈴木嘉和さん)。

しかし結果は24キロ離れた東京都大田区の民家の屋根に不時着していました。

この頃から成功すれば次はハワイを目指すと言っており、再挑戦を誓っていたのですから粘り強いですよねー。

 

さてファンタジー号が無許可で飛び立った際には、風船おじさんは携帯電話を所持していました。

すぐにマスコミは電話をかけ安否を確認すると、問題はないと返事があったのです。

 

そして夜10時頃には家族に電話があり、風船のことや海にたどり着いたことなど話したそう。

その後も何度か電話がありましたが、朝6時の通話を最後に連絡が途絶えてしまいました。

最後の言葉は「朝焼けがきれいだった」というのですから、哀しいですよね。

 

風船おじさんは現在でも消息不明のままです。

ファンタジー号事件からもうすぐ30年にもなろうとしているため、風船おじさんこと鈴木嘉和さんの生存は絶望的であろうという見解が強いです。

とはいえ生きている可能性がゼロではない事も確かです。

 

【追記:風船おじさんの新事実!】

空を飛び立った風船おじさんは、夜に1時間おきに電話をしてきていました!

そして朝焼けがキレイだという電話を最後に連絡が途絶えてしまったと。

 

ここで気になるのは、なぜ風船おじさんが危険なことを冒してまで空に飛び立ったかというと、

『鳴き砂』を守りたい

 

鳴き砂とは砂の上を歩くと「キュッキュッ」とまるで砂が泣いているかのような砂のことです。

昔は多くあった鳴き砂も年々減っていますが、それは鳴き砂がほんの小さな環境の変化ですぐ鳴かなくなってしまうから。

 

風船おじさんこと鈴木嘉和さんは、鳴き砂を最小の音楽だと表現していました。

 

そんな鳴き砂を守ろう、環境破壊を減らしていきたいという想いから多くの人が注目するように風船でアメリカまで横断しアピールしたかったのです。

 

風船おじさんの消息は今でも分かりませんが、残された家族は鳴き砂を守るために音楽を通してコンサート活動を行っているのですよ!

風船おじさん(鈴木 嘉和)の家族は?元妻・石塚由紀子は他界してた!


画像:ブログ♪ファミローザ・ハーモニー

風船おじさんこと鈴木嘉和さんは、3度結婚しております。

この3度目の妻となるのがピアニストの石塚由紀子さんでした。

 

高校時代の1学年上だった石塚由紀子さんと音楽教材の仕事を一緒にして、1992年5月に結婚。

その6か月後にファンタジー号事件が起きてしまうのです。

 

風船おじさんこと鈴木嘉和さんが行方不明になった後、残されてしまった由紀子さんは会社の共同経営者であったため、嘉和さんの借金を払い続けました。

さらに鈴木嘉和さんの捜索願も更新していましたが、1999年の取材のコメントで失踪宣言も視野に入れ始めたそうです。

 

そして石塚由紀子さんは2016年にポルトガル人の男性と再婚をされたとのことなので、失踪宣言の手続きをされたのか、または3年以上の生死不明が原因による離婚手続きを行ったとされます。

 

そんな石塚由紀子さんも2017年に胆管癌の判明後、余命宣告を受け抗ガン治療をしない選択をしました。

そして同年4月1日(77歳)にポルトガルでこの世を去ったのです。

石塚由紀子さんは音楽を愛し、また夢を追う鈴木嘉和さんを愛されたのですね。

スポンサーリンク

【画像】風船おじさん(鈴木 嘉和)の家族は音楽家ファミリー

石塚由紀子さんには、お子さんが3人います。

風船おじさんこと鈴木嘉和さんにとっては継子の3姉妹。

 

長女の恵美子さん。次女の優美子さん。三女の富美子さん(fumiko名義)。

母である石塚由紀子さんを師とし、3人とも音楽の道に進まれ、1994年よりFamirosa harmony(ファミローザ・ハーモニー)の活動を開始しました。

 

日本での活動はもちろん、海外でのコンサートも行い、とくに優美子さんが住んでいるポルトガルでの活動には力を入れております。

さらに恵美子さんの長女・彩音さんが加わり、親子3世代でのユニットとなりました。

 

そして石塚ファミリーはこれだけではありません!

『ファミローザ・ボーイズ』、なんと恵美子さんの長男・響生(ひびき)さん、次男・恵音(けいと)さん、そして富美子さんの長男・弦音(げんと)さんでボーイズユニットの結成!

画像:ブログ♪ファミローザ・ハーモニー

響生さんはギターリストとして活動中。

恵音さんは現在吹奏楽部でパーカッションを演奏しています。

 

そして1番年下の弦音さんは、劇団ひまわり養成所で日舞やダンス・芝居の稽古に励んでいます。

3人とも3歳からピアノをしているので、音楽的才能はお祖母さんやお母さん譲りなんでしょうね。

 

ファミローザ・ハーモニーのブログを読まさせていただきましたが、ときどきお父さんである嘉和さんのことも登場しています。

血は繋がっていなくても、夢を持ち家族を愛してくれた嘉和さんにも敬愛を掲げているのが分かり、とてもあたたかい気持ちになりました^^

風船おじさんの新事実は?家族はどうしてるのまとめ

ファンタジー号事件からもうすぐ30年近くなります。

鈴木嘉和さんの消息は不明です。

 

風船おじさんこと鈴木嘉和さんには行方不明の歳に結婚した女性がいました。

ピアニストの石塚由紀子さんです。

石塚由紀子さんには子どもがおり、鈴木嘉和さんとは血は繋がっていませんが音楽一家として世界で鳴き砂を守るためにコンサート活動をされていますよ。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク