2月12日の国会の参考人として意見陳述するタレントで魚類学者のさかなクンが、特例としてお馴染みのハコフグ帽を着帽しての出席を認められました!

通常は規則で禁止されている国会での着帽ですが、さかなクンの通常の服装として認められた特例が出たのです。

 

しかし国会での着帽特例の理由も気になりますが、さかなクンがあのハコフグ帽を取らない理由も気になります。

 

そこでこの記事では

・さかなクンのハコフグ帽がOKの国会特例の理由!

・なぜさかなクンはハコフグ帽を脱がない?

・さかなクンが帽子を被っていない画像

を調査してみました!

スポンサーリンク

【特例】さかなクンのハコフグ帽が国会で認められた理由

さかなクンといえば、だれもが思い浮かべるのはあの魚の帽子ですよね。

トレードマークとして認識も高いのですが、さすがに国会では常識として外さないとと思いますよね。

 

しかし週刊新潮によると、彼に限っては帽子の着用を特例で認められたと報道されました!

まず通常の国会規則では着帽は認められておりません。

「参議院規則」第209条によれば、

〈議場又は委員会議室に入る者は、帽子、外とう、襟巻、傘、つえの類を着用し又は携帯してはならない。ただし、国会議員及び国会議員以外の出席者にあつては議長に届け出て、これら以外の者にあつては議長の許可を得て、歩行補助のためつえを携帯することができる〉

「衆議院規則」も同様で、第213条によれば、

〈議場に入る者は、帽子、外とう、えり巻、かさ、つえの類を着用又は携帯してはならない。但し、病気その他の理由によって議長の許可を得たときは、この限りではない。〉

引用:https://www.dailyshincho.jp/article/2020/02111130/

議場に入る際には、帽子だけでなくマフラー、傘、杖もダメなんです。

中尾彬さんのようなグルグルもダメなんですね。

 

ですが、さかなクンは今回の調査会の参加する際に事前に確認したのです。

それが『通常の服装』。

 

彼にとっての通常の服装は、スーツ姿であってもハコフグ帽を被ることが正装なんです!

そのさかなクンの質問を受け、なんと理事会では各会派に承認を得る作業を行いました。

 

するとほとんどのみなさんが賛成!

「参考人として調査会に参加するにあたって、さかなクンから、『通常の服装でよろしいでしょうか?』と要望がありました。それを受けて、2月5日、調査会の前に行われた理事会で、自民党の鶴保庸介会長が、『国会の規則では、帽子は、品位、礼節を欠いた服装ということになっています。ただ、さかなクンの帽子は、品位、礼節に欠いたものにはならないと思っています。ご本人からも、通常の服装で出席したいという意向がありました。彼の帽子を認めてもよろしいでしょうか?』と各会派に聞くと、みなさん賛成でした」
引用:https://www.dailyshincho.jp/article/2020/02111130/

さかなクンのハコフグ帽が通常の服装で品位や礼節に欠けていないと判断されました。

 

しかし、この特例はさかなクンだからこそ。

さかなクンはこれまで水産資源の広報活動や大学で教鞭を執ってきました。

さらには政府関連の水産資源活動、国連でも活躍しています。

こういったさかなクンの精力的な活動が認められた上での特例なんです!

なぜ?さかなクンがハコフグ帽を脱がない理由!

さかなクンといえばトレードマークのハコフグ帽をいつも被っているイメージです。

ほとんどの人はさかなクンが帽子を取っている姿をみたことありませんよね。

なぜさかなクンはハコフグ帽を脱がないのでしょうか?

 

それは

「帽子ではなく皮膚や体の一部だから!」

という何ともさかなクンらしい答えw

 

実はさかなクンは上皇さまや天皇皇后両陛下の前でもハコフグ帽を取っておりません!

皇后陛下が「今日も頭に召していらっしゃるのですね」という質問に、さかなクンは「皮膚の一部です」と答えたのです。

かなりのツワモノですよね。

 

このハコフグ帽がさかなクンにとっては、体の一部だという強い信念を持っていることが伺えます。

さかなクンがハコフグ帽を脱がないことに賛否両論ありますが、ここまで信念を持って被り続けることが国会での特例を生んだのでしょう。

スポンサーリンク

【画像】ハコフグ帽を脱いださかなクンの髪型は?

常にハコフグ帽を被っているさかなクン。

そうなると帽子を取ったさかなクンが気になりますよね。

 

かなり昔の画像ですが発見しました。


画像:scontent.xx.fbcdn.net

帽子の名前はなんと「プクプクちゃん」でした!

 

こちらも。


画像:知恵袋

 

ちなみにハコフグ帽子は、冬用、夏用(メッシュ加工)、水中用、教壇用(大学の校章入り)、クロマキー用(映像合成)と用意しているので臭くなったりする心配はないようですよ。

 

黒柳徹子さんもハコフグ帽に興味津々でした。

そこで別のを被って欲しいというおねだりに、さかなクンの機転はナイスです!

このあと元のハコフグ帽に被り直すのですが、同じように徹子さんが「UFOだ」というやりとりをされて視聴者をほっこりさせました^^

 

さかなクンがハコフグ帽を脱がない理由と特例についてまとめ

ハコフグ帽はさかなクンの皮膚の一部なんです。

国会の偉い人たちには鼻で笑われそうなのに、さかなクンの実績が着帽を認めるという特例につながったと思うと嬉しいですね。

 

国会での真面目なさかなクンの答弁を期待しています!

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク