梓みちよさんが亡なられました。

昭和歌謡の大ヒット歌手として「こんにちは赤ちゃん」や「二人でお酒を」など数多くの名曲を残された梓みちよさん。

まだ76歳という若さでしたが死去した原因は何だったのでしょうか?

 

また梓みちよさんは、宝塚音楽学校に入学されたほどの美貌と歌唱力の持ち主ながら、豪快な逸話の持ち主です。

この記事では梓みちよさんの死去原因や昔の画像とともにさんまさんや東尾さんとの豪快伝説をご紹介します!

スポンサーリンク

梓みちよ死去の原因は?病気?

歌手の梓みちよさんが76歳で亡くなられました。

自宅で倒れているところをマネージャーにより発見されたようです。

「こんにちは赤ちゃん」「二人でお酒を」などの大ヒットで知られる歌手の梓みちよ(あずさ・みちよ、本名林美千代=はやし・みちよ)さんが亡くなったことが3日、分かった。76歳。福岡県出身。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200203-00000234-spnannex-ent

梓みちよさんと言えば、代表曲「こんにちは赤ちゃん」がミリオンヒットとなり、紅白歌合戦にも出場された昭和を代表する歌手。

 

最近では化粧品のプロデュースをするなど元気に活躍されていると思っていたので、この訃報は大変ショックですね。


気になる梓みちよさんの死去の原因ですが、現在のところ公表されておりません。

自宅で倒れていたというので、脳梗塞や急性心筋梗塞といった突然死だったのかもしれませんね。

 

梓みちよさんは50歳を過ぎた頃に大病に患われたとのことです。

ですがコンサートもあり点滴と食事療法で病気を克服していたというのですから、大変意志が強く気力を感じさせる女性だったことには間違いありません。

 

死の間際まで病気やツラいことなど隠されていたのかもしれませんね。

【画像】梓みちよの若い頃から美人!

1962年に「ボサノバ娘」の愛称でデビューした梓みちよさん。

その時のデビュー曲が「ボサノバでキッス」です。

19歳の梓みちよさんですが目もぱっちりで初々しさを残したかわいらしさですね!

 

翌年に皆さんご存知の「こんにちは赤ちゃん」でミリオンヒット、この年のレコード大賞も受賞しました。

 

1974年には「二人でお酒を」が大ヒットするのですが、歌うときに床にあぐらをかいて座ったままというスタイルも話題になりました。

 

さらに吉田拓郎さんが作曲をした「メランコリー」を歌う梓みちよさんは、妖艶な雰囲気で大人の色気を醸し出していますね。

 

死去前の近年の写真でも相変わらずの美しさでとても70代には見えませんでした。

【動画】梓みちよとさんまの事件って何?その後に和解した?

梓みちよさんというと有名なのが明石家さんまさんとの事件。

 

さんまのまんまに出演した梓みちよさんは、明石家さんまさんが梓みちよさんの大ヒット曲が大好きだと本人を前に言っておきながら、「二人でお酒を」や「メランコリー」といったタイトルが出てきませんでした。

 

なかなか思い出せないさんまさんに対して、苛立ちを隠せない梓みちよさん。

そんなさんまさんに飲んでいたシャンパンをぶちまけてしまうのです!!

 

梓みちよさんと明石家さんまさんのシャンパン事件の動画がこちら。

 

思いっきりシャンパンをかけちゃってるけど大丈夫なのか心配ですよね。

しかしその後梓みちよさんは明石家さんまさんに謝罪をし、現在ではさんまのまんまの名シーンとして語り継がれていますよ。

スポンサーリンク

梓みちよと東尾修に何が?不倫公言?

梓みちよさんの豪快伝説はさんまさんだけにではありません。

なんと野球界のレジェンド東尾修さんが現役時代に不倫関係にあったことも暴露してしまいます。

 

東尾修さんと密会がスクープされた梓みちよさんは、記者に対して「大人の関係」と発言しました。

反対に東尾修さんはノーコメントを貫かれました。

 

このときに娘さんの東尾理子さんはわざわざ梓みちよさんの家まで行って「お父さんを返して」と抗議されたそうです。

理子さんの熱意に押されたのか、熱が冷めたのか分かりませんがその後に2人の不倫関係は解消されました。

(ですが、当の東尾修さんは別の方との関係がまたもや露呈してしまったようです^^;)

梓みちよさんの死因のまとめ

梓みちよさんの死因は公表されておりませんので正確なところは分かりませんでした。

しかし昭和の偉大な歌手がまた一人亡くなってしまったのは寂しいですね。

 

梓みちよさんのご冥福を心からお祈り申し上げます。

スポンサーリンク