2018年12月26日発売の週刊マガジン4・5号の東京卍リベンジャーズ【91話】を読んだのでネタバレ・感想をまとめました。

イブに海下公園でヒナに別れを告げたタケミチ。

泣きながらタケミチを殴ったヒナは・・・・

続きはネタバレになります、ご注意ください!

スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ 前回までのあらすじ

東京卍リベンジャーズ第90話のネタバレ!イブの日2人に何があったのか?!

イブに海下公園で待ち合わせをする約束をしたタケミチとヒナ。

しかし、タケミチは現代のヒナが「イブに海下公園で振られた」と言っていたことを思い出します。

そして、ヒナの父親・正人に「娘と別れてほしい」と言われたタケミチはイブにヒナに別れを告げました。

東京卍リベンジャーズ 第91話のネタバレ!

「え?」

びっくりしてかたまってしまうヒナ。

 

もう一度、念を押すように「別れよう、ヒナ」と繰り返すタケミチ。

矢継ぎ早に「ずっと考えてた」「好きな子ができた」と続けるタケミチに、何も言えずにうつむいているヒナ。

 

タケミチはついに

「ヒナを・・・もう好きじゃない。そう、ほかに好きな子がいる・・・うん・・・」

自分に言い聞かせるように言います。

 

「だから・・・」ともう一度別れようと言おうとしたその瞬間、ヒナの傘が舞い上がります。

そして次の瞬間、ヒナに拳で殴られるタケミチ。

 

右、左、と殴られ、雪の上に倒れこんでしまいます。

「バカ!バカ!」

 

その上に馬乗りになり、さらに殴りつけるヒナ。

その顔は涙でぐしゃぐしゃになっています。

 

「だいっきらい!」

 

最後にもう一度殴ると、立ち上がり、傘もささずに泣きながら立ち去るヒナ。

 

雪が降りしきる中、地面に大の字になって寝ころんだタケミチは、これでいいんだ、と思います。

 

タケミチと稀咲とヒナの間に何か因縁があるかもしれないから、こうして別れたほうがいいんだと自分に言い聞かせます。

 

お葬式でのヒナのおかあさんの

「あの子はあなたの事が大好きだったのね」

というセリフ、ヒナの

「イブの夜、ここで振られたんだ」

というセリフと涙を思い出し、

 

こういうことだったんだ、これでよかったんだと思う一方で、ヒナのくれた

「こんなかっこいいヤツ、他にいないよ」

「タケミチ君はきっと成功する」

という言葉、いろんな年齢のヒナの笑顔を思い出し、やっぱりヒナのことが大好きだと号泣するタケミチ。

 

 

稀咲たちと待ち合わせの場所へ現れたタケミチ。

遅れたことを謝りますが、決戦前夜に遅れてきたことをタル見すぎだと言われてしまいます。

 

しかし、タケミチの顔は殴られた上に泣きはらしてすごいことになっています。

ブサイクに磨きがかかったと半間に笑われますが、ハハ、と力なく笑うしかできません。

 

そんなタケミチをじっと見つめる千冬。

そして作戦が明かされます。

 

クリスマスの日、太寿は渋谷にある宇田川キリスト教会へ人のいない深夜に礼拝に行くはず。

だから八戒が太寿を襲うとしたらここしかないという稀咲。

 

おそらく八戒は先に教会の中にいるはずなので、タケミチたちは礼拝堂の中の八戒を説得し、稀咲たちは礼拝堂の外で待ちかまえて太寿をたたくという作戦です。

 

八戒と仲のいいタケミチが説得役には適役だからです。

隠密作戦はほぼ決まり、解散するタケミチ達と稀咲達。

 

理由はわからないが、落ち込んだ様子のタケミチの背中を叩きながら、千冬は「その鬱憤を明日全部ぶつけてやれ!!」と励ますのでした。

スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ 第91話の感想

意外とていねいにタケミチとヒナの別れの話にページを割いてありましたね。

一気に決戦に突入してあとから別れの詳細が描かれたりとかかな、と思っていたので予想外でした。

 

タケミチを泣きながらグーでボコボコに殴るヒナがかわいそうでした。

タケミチには考えがあってのことですが、ヒナにしたら突然のことですからね。

 

でも、自分で言い出したものの、タケミチは嘘をつくのがすごく下手でしたから、ヒナは何か感じ取るものがあったかもしれません。

まあ、だとしても突然振られるのは怒って当然ですが・・・・

 

次回こそは決戦編ですね。決戦の行方が気になります。

東京卍リベンジャーズ 11巻/第92話のネタバレと感想!聖夜の決戦始まる

スポンサーリンク