どうもオハジョイです!

藤原竜也さんの私服がヤンキー風でダサいと話題になっております♪

本当にそんなにダサいのか、調査してみたところ画像を発見しました!

 

藤原竜也さんの私服がヤンキー風なのは、実は「秩父の悪魔」と呼ばれていた過去の影響でしょうか?

ヤンキー時代のエピソードや私服画像をご紹介します!

スポンサーリンク

藤原竜也のプロフィール

「床がキンキンに冷えてやがるゼェ〜」

モノマネによってカイジ役の名セリフが改変されてしまった藤原竜也さん。

 

まずはプロフィールをご紹介♪

本名:藤原 竜也
生年月日:1982年5月15日(37歳)

出身地:埼玉県秩父市

身長:178 cm
血液型:A型
所属事務所:ホリプロ

職業:俳優
既婚

出演作品:
『バトル・ロワイアル』シリーズ
『デスノート2部作』
『カイジ』シリーズetc

 

藤原竜也さんは1997年の蜷川幸雄演出の舞台『身毒丸』の主役をグランプリで獲得、俳優デビューしました。

その後も映画やドラマでも主演作品を重ね、日本のみならず海外での舞台にて高い評価をうけております。

 

2011年には『遺恨あり 明治十三年 最後の仇討』で臼井六郎を演じ、第37回放送文化基金賞演技賞を受賞しました。

 

2013年に一般女性と結婚。

さらに2016年6月に第1子の誕生を公表されました。

【画像】藤原竜也の私服がダサい?ヤンキー風?

硬派でクールなイメージの藤原竜也さんですが、実は私服がダサいともっぱらの噂です。

 

しかも共演者にも暴露されていますが、実際はどうなのか調査してみたところこんな画像を発見しました!

ガッツリ、地方のヤンキー風ですね!

個人的にはキライじゃないですw

 

またこちらは楽屋でしょうか、これは衣装なのか私服なのかちょっと不明ですが、私服だったら…ちょっとヤバいですね^^;

 

そして吉田鋼太郎さんが見た藤原竜也さんの私服証言がこちら

藤原竜也私服が白地に金の刺繍が入ったジャージと雪駄とグラサンでかなりヤンキー

全然似合ってなかったと暴露されてました! 苦笑

 

また藤原竜也さんを偶然見かけた人のコメントがこちら。

 

 

 

 

藤原竜也さんほどの人なら、私服がダサくても全然アリだと思いますけど、スタイリストさんにコーディネートされたカッコイイ服でいつもいて欲しいという願望から批判コメントが生まれてしまうのでしょう。

m-megane

僕が私服ダサいのは見た目通りだけどね。

スポンサーリンク

『秩父の悪魔』藤原竜也のヤンキーエピソード

デビューしたての藤原竜也さんはこんなにも可愛い顔なのに、実はバリバリのヤンキーだったのです

 

藤原竜也さんは中学生の頃に地元で『秩父の悪魔』と呼ばれるほど有名なヤンキー。

 

 

藤原さんが芸能界にスカウトされた場所が池袋だったのですが、実は藤原竜也さんは秩父から『カラーギャングの抗争』を見に来ていたときだったのです!

 

カラーギャングというのは、不良グループのことですね^^;

 

当時、中学生だった藤原さんは学校で抗争の話で盛り上がり、みんなで行くぞ!と意気揚々と池袋に来たことがきっかけだんというのです。

カラーギャングの大抗争を見届け、帰ろうとしているところをスカウトされたというのですからキッカケは分からないものですね!

 

さらにトーク番組でもヤンチャだった過去を暴露されています。

番組では藤原が、自身の芸能界デビューとなる蜷川演劇「身毒丸」のオーディションに合格し、主役を射止めた裏側を司会の笑福亭鶴瓶とのトークで明かした。

2度目のゲスト出演となる藤原は、前回の出演で自分に悪いイメージがついたと不満をこぼした。藤原が「ひどいこと言われてた印象があるんですけど」と漏らすと、鶴瓶が「ま、ひどい…学校の時はヤンチャやって、腰パン履いて、それで池袋でスカウトされたんですね」と、デビュー前の藤原の印象を語った。

引用:http://news.livedoor.com

そんな思春期を送った藤原竜也さんですので、俳優として歩む今でもその熱いヤンキー魂は健在のようです。

 

例えば勝地涼さんとのエピソード。

飲みの席で勝地さんからビンタをされた藤原竜也さん。

殴り返すか?という一発触発な場面で、

勝地涼は、藤原竜也と共演したときも一触触発の空気になったそうだ。彼は、ずっと藤原に憧れていたため、舞台裏では常に敬語で接していた。だが藤原は、それが気に入らなかったようで、ある日、勝地に「お前ライバル役なのに飲んでる時も敬語って。だから芝居に出てるんじゃねぇか?」と発言。これに勝地は最初「先輩には敬語使うもんなんじゃないの?」と言い返していたが、藤原はその後もずっと顔を近づけながら絡んできたため、頭に血が上った勝地はビンタをしてしまったという。

さすがにやり返されると覚悟した勝地だったが、藤原は「おい、やるじゃねぇかよ。それを待ってたんだよ!」と意外な反応をされたとのこと。

出典:https://www.excite.co.jp/news/article/Real_Live_34648/

後輩の勝地さんにビンタされても「これだよ、これを待ってたんだ!」と喜んでしまったそうですww

芝居をしていない時でも役に入り込んで欲しかったのでしょう。

 

さらには、先輩俳優の吉田鋼太郎と取っ組み合いのケンカをして、2年ほど口をきかなかったこともあったとのことです。

喧嘩した2人の仲を取りもってくれたのが、故蜷川幸雄さん。

 

蜷川さんが仲直りをしてくれないか?と2人を引き合わせたところ、吉田鋼太郎さんが一升瓶を持ってきて手打ちにしようとしました。

しかし藤原竜也さんは、一升瓶を投げ捨てて「まだ許さない、俺は許したわけじゃないです」と怒りが収まらなかったとコメント。

 

現在は吉田さんとの仲も元通りに戻ったと過去の笑い話にしていました。

藤原竜也は高校も4日で中退!なぜ辞めた?!その理由がカッコイイ!

この投稿をInstagramで見る

 

#藤原竜也 #fujiwaratatsuya #tatsuyafujiwara

Tatsuya Fujiwara(@fujiwara_tatsuya_888)がシェアした投稿 –

数々のヤンキーエピソードを持つ藤原竜也さんは、なんと高校を4日で中退していることも明らかにしています

その理由がカッコ良すぎ!!

 

藤原竜也さんは中学時代にスカウトをされましたが、やはり高校にはということで進学します。

 

しかし4日通ったその日の帰りに稽古場に遊びに行った藤原竜也さん。

けいこ場で劇作家の唐十郎さんと蜷川幸雄さんが雑談しているのを聞いて『僕が学ぶべき場所は高校じゃなくて、稽古場にしかないな』と悟ったのです!

決断したら即実行、翌日に中退したというのですから驚きですよね。

 

今になってみれば勉強も大事だったし、高校生活を満喫しておけばと思うこともあると吐露していました。

藤原竜也の私服がダサい?ヤンキーエピソードのまとめ

藤原竜也さんの私服は個性がありますよね^^;

ヤンキー風ではなく、元々ヤンキーだったのですからその色が濃く残っているようです。

 

私服がダサくても、藤原竜也さんの中身(もちろん顔も)格好いいので十分ではないでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク