2018年12月22日発売の週刊少年ジャンプ4・5合併号に掲載されている料理マンガ「食戟のソーマ」第293話のネタバレ・感想をご紹介します。

ついに特等執行官の待つ城郭本丸につづく最後の門・バトルフロアが開かれました。

最初の試合は、赤コーナーからはノワールの女性料理人・サージェ、青コーナーからは幸平創真が登場しました。

 

どんな対決になるのでしょうか。

続きはネタバレです、ご注意ください!

スポンサーリンク

食戟のソーマ 前回までのあらすじ

食戟のソーマ第292話のネタバレ!司・タクミ・恵の必殺料理とは!?

292話では、表の料理人である司瑛士・田所恵・タクミ・アルディーニの3人による牛肉を素材とした必殺料理(スペシャリテ) が華麗な技によって作り出されていました。

その様子を見ていたノワールの女性料理人・サージェは、その3人には感心していましたが調理台に向かおうとしない他の料理人たちには苛立っていました。

 

その中に幸平創真もいましたが、彼はなぜか不敵な笑みを浮かべていました。

第三の試練開始から数時間後、特等執行官のいる城郭本丸につづく最後の門が開かれ、最初の試合が始まろうとしていました。記念すべき最初の試合、サージェと幸平創真の対戦が始まります。

食戟のソーマ第293話のネタバレ「女軍曹vs.遠月学園」

THE BULEの最後の門・バトルフロアでの最初の試合が始まりました。

 

対戦カードは、ノワールの女性料理人・サージェと幸平創真。

 

サージェは、サイバ朝陽が創真と対決してみたけど大したことはなかったと言っていたことを思い出していました。

 

しかし、創真は第三の試練を突破してきたことでサージェはサイバが見立てを間違ったのではと疑念が出ましたが、それは絶対にないと思い直して試合に挑みます。

 

試合の対戦テーマは、8月なのにクリスマスケーキ。

この発表に観客たちはどよめきます。

 

しかし、特等執行官の意向でありBULEの意義を逸脱していないということで、制限時間3時間で試合開始となりました。

 

早速、サージェによる「兵装料理」(ディッシュ・アームド)が披露されます。

 

武器にしか見えないチェーンソー・ハンマー・起爆装置がスイッチとなっている特殊改造オーブンを使い華麗な技で調理風景からは想像できない美しいクリスマスケーキ「クラスターボムケーキ」を完成させました。

 

高温で焼かれたサクサクのパイ生地としっとりとしたメレンゲによって、食べ進めてゆくほどに美味しさが増すだけでなく、突然口の中でチョコチップが炸裂しコクのある甘みが広がります。

 

このチョコチップは「クラスターチョコチップ」と言って、チョコレートアーモンドパウダーにミントの葉を混ぜて冷やし固めてからハンマーで砕き、パイ生地にねじ込んでから絶妙な火加減で焼き上げることで、焼きチョコのような食感と旨さに変化したことで、食べ進めていくと口の中でクラスター爆弾のように炸裂するように作られていました。

 

 

調理・披露を終えたサージェは、創真に対して自分と同じようなものを作ってみろと言い放ちます。

 

それに対し、創真は自分もチェーンソーを持っていると言いだし、取り出したのが木でできたアイスクリームスプーン。

 

これを使って創真はどんなクリスマスケーキを作るのだろうか。

スポンサーリンク

食戟のソーマ 第293話の感想

THE BULEバトルフロア最初の試合の対戦テーマがクリスマスケーキ。

丁度クリスマスシーズンだからいいねと思っていたら、話の中では8月になっていたことを忘れていてビックリしたと同時に笑ってしまいました。

 

幸平創真がサージェの対戦相手として登場しますが、どうやって第三の試練を突破したのかが分からないので、いつ明らかになるのかが気になります。

 

サージェによる「兵装料理」は、華麗でもあり大胆な調理方法なので観客たちが盛り上がるのも納得できました。

 

起爆装置をスイッチとした特殊改造オーブンなんて、本当に迫力満点でショーを見ているような感じに思えました。

 

ケーキの中に入っていた「クラスターチョコチップ」はどんな食感が楽しめるのか食べてみたいと思ってしまいました。

 

それに対し木のアイスクリームスプーンで、創真はどんなクリスマスケーキを作るのかが楽しみです。

食戟のソーマ 34巻第294話のネタバレと感想!真夏のクリスマスケーキ対決

スポンサーリンク