2019年12月10日に放送された「ガイアの夜明け」に大戸屋の社長・山本匡哉さんが密着されました。

しかし番組当初からの数々の高圧的な発言や、現場で働く店長やバイトに対して精神論ばかりの発言がヤバいと話題です。

 

特に「目が死んでいる」「本気でやっているように見えない」と発言した山本匡哉さん。

視聴者もこんな会社で働きたくないと感じざるおえない状況です。

この記事では、大戸屋社長・山本匡哉さんのプロフィールや経歴、そしてガイアの夜明けでのパワハラとも取れる発言について見ていきましょう!

スポンサーリンク

大戸屋社長・山本匡哉のプロフィール

大戸屋社長の山本匡哉さんは現在46歳の若さで、株式会社大戸屋取締役社長です。

 

まずは山本匡哉さんのプロフィールを見ていきましょう。

名前:山本匡哉
生年月日:1973年7月7日
年齢:46歳(2019年現在)

【経歴】
1997年4月 株式会社大戸屋ホールディングス入社
2006年6月 営業支援部長
2008年4月 FC営業部長
2011年4月 直営事業部長

2014年4月 株式会社大戸屋取締役営業本部長
2014年4月 国内事業本部長
2014年6月 取締役国内事業本部長
2017年6月 取締役国内事業管掌(現任)
2017年6月 株式会社大戸屋取締役社長(現任)

 

山本匡哉さんは学生時代にバイトから大戸屋で働きはじめ、22歳のときに入社。

大戸屋一筋で大戸屋のために働かれているのですね。

 

大戸屋というと美味しい定食が食べられる和食屋ですが、日本全国で350店以上、海外にもタイやベトナム・アメリカなど110店舗以上を展開するチェーン店です。

 

しかし2015年に創業者である三森久実(みつもりひさみ)氏が亡くなったことで、取締役である窪田健一と創業一家との対立が勃発します。

 窪田社長は自己の体制を盤石にするために、6月23日の株主総会で、取締役を総入れ替えする人事を断行する。創業家につらなる取締役はすべて切り捨てた。濵田寛明取締役海外事業本部アジア地域担当、高田知典取締役海外事業本部米国事業部長は退任。社外取締役3人、監査役3人も退任。
再任は、窪田社長、山本匡哉(まさや)・国内事業本部長、田中信成・商品開発本部長の3人のみ。社内取締役5人、社外取締役3人は新任だ。
引用:https://www.data-max.co.jp/article/11099

 

窪田派の山本匡哉さんが取締役人事異動を受け、現在の経歴となったのです。

山本匡哉「ガイアの夜明け」の内容

2019年12月10日にテレビ東京で放送された「ガイアの夜明け」ですが、特集は『大戸屋での残業時間削減』というテーマでの密着でした。

法律による企業への残業規制が執行され、チェーン店ながら店内調理にこだわる大戸屋にとっては労働時間の増加という問題があげられています。

 

そこで大戸屋では

  • 働きたくて仕方がない?仕事が生きがいの店長
  • 残業時間削減のために単発バイトシステム「タイミー」を使うが逆に労働時間を増やした店長
  • 残業代を減らせないため自分でシフトを回していたら、バイトが減ってしまい残業時間がかさみ過ぎた店長

という、残業時間が45時間を下回ったことのない3人の店長に密着。

 

彼らの働き方を山本匡哉社長とともに改善していく…

というのが番組内容でした。

 

しかし番組当初からの山本匡哉さんのパワハラともとれる精神論と根性論が視聴者をドン引きさせてヤバいと話題になっています。

 

「目が死んでいる」と叱咤。

 

「店主を降ろすしかない」という降格発言。

 

「価値観を変えろ」と意識改革。

 

さらには残業時間削減をアピールしようとして、ブラック企業であることを逆にアピールしてしまったとも。

 

会社の現場や労働環境を全く見ないで、自分の信念や理念で話されている感じがしますね。

社長がこんな発言していることで、今回のガイアの夜明けは逆の意味で評判です。
大戸屋のガイアの夜明けを見た視聴者の声を聞いてみましょう。

スポンサーリンク

ガイアの夜明けを見た視聴者の反応

大戸屋の残業時間削減のガイアの夜明けを見た視聴者の反応をまとめてみました。

 

 

 

 

 

 

ガイアの夜明けを見て、明日は大戸屋に行こうっていう気が起きませんよね。

この放送で大戸屋の株価や経営に影響が出ないとよいのですが^^;

 

同じくワンマンぶりがヤバいと噂の一瀬邦夫さんの記事はこちら↓↓↓↓

いきなりステーキの社長(一瀬邦夫)のお願いが炎上!ワンマンでヤバい?

大戸屋社長・山本匡哉の目が死んでる発言がヤバいのまとめ

今回はガイアの夜明けでの大戸屋の山本匡哉社長の発言についてご紹介しました。

元々バイトから大戸屋で働き始めた山本匡哉社長だけに、現場のことはよく分かっていると思います。

 

今回の密着放送での発言は、一般人には分からない何か意図があるのかも^^;

 

はとバス運転手の証言ではとバスもブラック企業認定!

関連記事→→はとバス事故でブラック企業認定?!インフル・高熱でも休めない理由

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク