どうもオハジョイです!

はとバス運転手・森聡一容疑者が運転中のバスでタクシーに追突。

タクシー運転手を死亡させてしまった事故で、事故のとき森容疑者はインフルエンザにかかっており高熱があったということです。

 

はとバス運転手はインフルエンザにかかっていても休めない?!

という実態が明らかになり、はとバスもブラック企業じゃないかとネットではざわついております。

 

そこでこの記事では、なぜはとバスやバス運転手が病気やインフルエンザで高熱でも休めないのか?

バス運転手さんのリアルな勤務状況を調査してみました!

スポンサーリンク

はとバス事故でブラック企業認定か?

12月4日にはとバスを運転中だった森聡一容疑者が、路肩に停車していたタクシーに追突しそのまま乗り上げ、タクシーの運転手を死亡させた事故が起こりました。

4日午後6時半ごろ、新宿区西新宿で観光バスの「はとバス」が、停車していたハイヤーに追突して乗り上げ、そのまま30メートルほど進んだあと、街路灯に衝突して止まりました。

バスとハイヤーに乗客はいませんでしたが、この事故で、ハイヤーの運転手、宮崎昭夫さん(52)が死亡しました。
引用:TBS系(JNN)

実はこの事故当時、森容疑者はインフルエンザにかかっており高熱が出たまま運転していたということです。

 

森容疑者の事故後のインタビューで、このように答えています。

「正直申し上げまして、意識が飛んでいた、当時は。ちょっと風邪をひいてまして、それでちょっと意識がとんだ。(風邪薬は飲んでいた?)飲んでました。熱は多分あったと思います」

「(体調悪くても勤務しないといけない?)やってる人じゃないとわからない世界なんで、あまり大きくは言いたくないので、そこは差し控えます。普通のサラリーマンより酷だってことはわかっています」
引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20191205-00428440-fnn-soci

この日の森容疑者の勤務状況は、

12月3日休み

12月4日・午前6時40分出社

午前8時~午後3時ごろまで、途中で休憩を取りながら貸し切り業務を担当。

休憩を挟み、午後5時10分に夜の業務(新宿すし食べ放題と六義園での紅葉ライトアップツアー)へ。

 

この夜の業務中、お客さんがすし店へ行っている間に死亡事故が起きました。

このツアーは午後9時40分に銀座キャピタルホテル前にて解散という日程。

その後バスを車庫に戻してお終いではなく、車両点検や車内清掃、運航終了の報告など雑務をしてから業務終了となります。

 

ということは、この日の勤務時間は午前6時40分-午後10時~11時ごろと考えられます。

途中に休憩を挟むにしても14~15時間の拘束はキツイですねー。

はとバス事故のみんなの声

このはとバス事故での世間のみなさんはどのような反応なのでしょうか?

 

「風邪でも休めないあなたに。。。」

あの薬品会社のCMで迷惑被っている人も多いのでしょうが、運転という人の命を預かる職種でも使用していいものか考えるべきところですよね。

 

はとバスだけでなく、バス業界なら普通だという意見も。

これはブラック企業の温床の言い訳でしょう!

はとバスは氷山の一角?バス運転手が病気で休めない理由

はとバス事故で病気でも休めない実態が明らかになりました。

しかしこれは氷山の一角であり、はとバス以外のバス会社でもあり得ることです。

 

バス運転手が病気でも休めない理由をまとめてみました。

 


勤務がシフト制で運行するため、自分が休んでしまうと代わりの運転手がいないという勤務形態がいけないのでしょう。

 

子どもから憧れる職業のバス運転手ですが「バスが好き」という、やる気ややりがいといった好きな気持ちを逆手に取って業務形態がおかしくても我慢してしまうこともあるのでしょう。

 

もともと会社内で他の人も体調不良だとしても休む概念がなければ、そこに従わざるおえないことってありますよね。

tameiki

それがブラックの所以ですけど


おかしな点は声を大にして取り上げられる社会になっていって欲しいです!

スポンサーリンク

はとバス事故でブラック企業認定のまとめ

はとバス事故で、有名企業のはとバスがブラック企業であると露見しました。

しかしはとバスだけに限らずバスや電車、宅配といった運転手業界では普通のようになっていることが悪循環の元です。

 

憧れの職業「運転士」になったのに、命を削るように働くのではどうなのかなーとオハジョイは思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク