舞妓さんちのまかないさん最新話は週刊少年サンデー2・3号に掲載されています!

第96話を読んだので、あらすじ・感想をまとめました。

ほんわか、ゆるふわ。

今日もおばんざいが美味しいです。

続きはネタバレです、ご注意ください。

スポンサーリンク

舞妓さんちのまかないさん第96話 ネタバレ

すみれは健太へお守りを送るために箱を用意しました。

箱を選んだのは、茶封筒で送るよりも、よりプレゼントっぽくなるという配慮からです。

 

そこに買ってきたお守りを入れてみますが、お守りに対して箱が大きく、場所が余ってしまいました。

 

すみれは京都みやげを買ってこようかと提案しますが、キヨはお金ないと考え始めます。

 

そして思い付いたのは、おかしを作ることでした。

母の日に使ったちょっといい小麦粉がまだ残っているのを思い出したのです。

 

そして準備を始めたキヨ、今回は自分も一緒に作りたいと手伝いを申し出るすみれ。

キヨはたくさんあるといいます。

 

キヨはクッキーを作ろうとしていましたが、すみれが手伝ってくれることから、もう少し手の込んだものを作ろうと言います。

 

二人でエプロンをして、完成したのはマドレーヌでした。

 

焼きたてを見ておいしそうと言うすみれの横で、キヨは焼きたてを味見として食べてしまいます。

それを羨ましがるすみれに、箱の隙間が埋まればいいと食べるのを勧めるキヨでした。

 

 

ここで場面は青森の健太の家に飛びます。

学校から帰ってくる健太、実家に帰ってきていた姉から荷物が届いていると言われます。

 

箱を開けると、お守りと1つのマドレーヌが入っています。

箱の中はマドレーヌの甘い匂いでいっぱいになっています。

 

さっそく送られてきたお守りを手首につける健太。

 

そこでお菓子が1つしかないことを疑問に思います。

 

しかしそこで箱に詰めたお菓子をキヨが隙間が埋まればいいと食べてしまったのだろうと予想します。

 

そして、二人に電話をしようとしますが、姉が帰ってきているのを思い出し、聞かれないように手紙を送ることにしました。

 

書き終えて、すぐに手紙を出しにいきます。

そんな健太の手首には、ずっとお守りがついています。

二人への手紙は「どうも」という言葉だけでした。

週刊少年サンデーの最新話やサンデーコミックをすぐに無料で読む方法

ネタバレはいかがでしたか?!

内容はなんとなく掴めても、やっぱり絵とセリフがあって最新話を読んだ方が断然面白さが変わってきますよね。

 

実はU-NEXTを使えば、いますぐ無料で週刊少年サンデーの最新号を電子書籍で読むことができるのです。

サンデー最新話でもコミック最新刊でも絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください!

 

31日間の無料お試し期間があり、登録直後に600ポイントもらえます。

このポイントは、電子書籍でも映画やアニメの動画でも利用できますよ。

 

さらにお試し期間中でも、90,000本以上の映画やアニメ・アダルト作品(見放題対象)や70誌以上の雑誌が見放題&読み放題なのです☆

最新話やコミック最新刊を絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください!

▼31日間無料体験&600Pを使って最新号を今すぐ読む!▼

お試し期間内なら解約しても違約金もなく、解約自体も非常に簡単ですので安心して試すことができますよ!

スポンサーリンク

舞妓さんちのまかないさん第96話の感想

青春って感じがする一話でしたね。

 

なんだか、自分の高校時代を思い出すような青春を感じさせられました。

さすが幼なじみって感じですね。

 

健太の予想のキヨの行動もほぼ合っていましたし。

健太は不器用な男子って感じがおもいっきり出ていました。

 

手紙だからこそ、色んな思いや裏があって、あの三文字に落ち着いたんでしょうね。

 

電話だと伝えられたのかもしれませんが、改めて手紙を書くっていうのは恥ずかしい部分もありますよね。

 

けれども、電話ではないけどすぐ伝えたいからこそ、その場ですぐに手紙を出しにいったんだと思われます。

電話ができた場合にはどんな言葉をかけていたのかも気になるところですが。

 

なんだか、青森と京都でかなり離れているにも関わらず、繋がっているようになる思わされました。

舞妓さんちのまかないさん 第97話のネタバレと感想!雨の日の買い出し

スポンサーリンク