2018年12月12日発売の週刊少年マガジン2・3号に掲載「東京卍リベンジャーズ」最新話!

第90話を読んだのでネタバレ・感想をまとめました。

イブに振られたと言っていたヒナ。

タケミチとヒナの間に何があったのか?!

続きはネタバレになります、ご注意ください!

スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズの前回までのあらすじ

タケミチと稀咲が過去に会っていたことがわかり、ヒナがタケミチに恋したきっかけがの出来事が明らかになりました。

 

これから二人の恋の行方はどうなっていくのか?!

東京卍リベンジャーズ第90話のネタバレ!タケミチがヒナを振った理由とは?

イブに海下公園で待ち合わせすることを約束する二人。

うれしくて思わず走り出すタケミチ。

 

しかし、タケミチは現代でヒナが「イブの夜に海下公園で振られた」と言っていたことを思い出します。

 

「イブの夜、ここで振られたんだ」

と言っていた「ここ」とは海下公園のことだったのです。

 

「今年のイブに、オレ、ヒナを振るんだ!!」

 

でも、なんでそんなことになるのかわからないタケミチ。

 

イブまであと1週間。

 

二人の気持ちが通じ合ったこの状況で、イブまでにヒナを振る気持ちになるなんて100%信じられないタケミチでした。

 

そこへ、ナオトにそっくりな人物が現れ、タケミチに声をかけます。

なんとその人物はヒナとナオトのお父さんの正人だったのです。

 

喫茶店で正人と話をするタケミチ。

すごく緊張しています。

 

中身は26歳でも、彼女のお父さんと向かい合って話をするのは緊張する様子です。

 

そんなタケミチに、正人は緊張をほぐすように微笑みかけます。

 

正人は仕事が忙しくてヒナやナオトとは話をする時間がないようですが、以前は正人の仕事を嫌っていたナオトが「警察官になりたい」と言ってくれたことを話します。

 

「君のおかげだろ、ありがとう・・・感謝している」

 

そう言って頭を下げられてタケミチはうろたえます。

そんなタケミチの様子を見て、正人はタケミチが自分の予想通りの良い子であることを確信してタケミチに頼みをきいてほしいと言います。

 

そのころ、家に帰ったヒナはご飯の支度をしているお母さんに「今でもお父さんが好きか」とたずねます。

めいっぱいの笑顔で「大好き!」と答えるお母さんに、

 

「ヒナも10年後、タケミチ君にそう言いたい」とほほ笑むのでした。

 

 

場面は変わって、一人喫茶店に残されたタケミチ。

クリスマスには雪が降りそうだとニュースが流れています。

 

タケミチは正人とのやりとりを思い出していました。

正人のタケミチへの頼みとは、「ヒナと別れてほしい」というものでした。

 

深々とタケミチに頭を下げる正人に、「ちょっと待ってくれ」と言い返すタケミチ。

 

しかし、正人の「君は不良だ。娘を巻き込まないと言い切れるかい?」という言葉に凍り付くタケミチ。

 

 

時は過ぎて、イブの夜。

雪の降る海下公園で、タケミチはヒナに「別れよう」と告げるのでした。

スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ第90話の感想

今回は前回と引き続き、タケミチとヒナのエピソード中心でした。

 

ヒナを振ってしまうなんて100%ありえないと考えていたタケミチが、現代のヒナが言っていたとおりに「別れよう」と言い出すまで、なんだかあっという間の展開でした。

 

つい1週間前にはあんなにラブラブで、10年後もタケミチのことを「大好き」と言いたいと言っていたのに、急に振られてしまうヒナがかわいそうすぎます。

 

そりゃあ、あんな唖然とした顔するでしょう。

 

しかし、お父さんに「別れてほしい」と言われたからといってこんなに簡単に別れてしまうものでしょうか?

 

タケミチには何か考えがありそうな気がします。

 

「君は不良だ。娘を巻き込まないと言い切れるかい?」と正人に言われた後、タケミチがなんと返したのか?

 

「言い切れないので別れます」という男じゃないと思うのですが・・・・

 

次回からは決戦へと話は進んでいって、しばらくこのタケミチとヒナの別れのことについては説明なしに展開しそうですが、今回は重要なエピソードだったと思います。

東京卍リベンジャーズ第91話のネタバレ!イブの夜になぜヒナを振ったのか?

スポンサーリンク