週刊少年ジャンプ(2018年12月3日発売)から新連載の『チェンソーマン』!

 

「ファイアパンチ」の藤本タツキ先生による、ダークヒーロー漫画が始まりました。

チェーンソー片手に悪魔と戦う!?

気になって仕方がない設定ですよね。

 

続きはネタバレになります。ご注意ください。

チェンソーマンのあらすじ

腎臓が120万…右目が30万…

借金返済のために、人身売買?!

 

頭にチェンソーが付いた謎の生物ポチタを相棒に金を稼ぐ少年。

主人公 デビルハンター デンジ。

 

デビルハンターとは一体…?

ポチタの謎の正体とは…?

不思議な2人の話が始まる。

チェンソーマン第1話のネタバレ

どうやら悪魔を倒して、報酬を得る。

そんな仕事をしているデンジ。

彼には莫大な借金があるようだ。

 

奇想天外な設定なのに、主人公は超貧乏

相棒の犬、ポチタと1800円で生きていかなければいけないという。

 

彼がなぜそんな生活をしているのか、それはデンジの亡き父親が残した借金を返すため。

そのためにデビルハンターを生業としている。

 

デンジはどんなに理不尽な雇い主にも逆らわない。

それが彼のいいところでもあり、やっかいなところでもある。

 

デンジのささやかな夢は普通 。

食パンにジャムを塗って食べるなんて夢のまた夢なのだ。

 

死ぬまで借金を返す生活。

死ぬまで女とデートをするお金もない。

それでもデンジは働くのです。

 

なぜそうまでして、親の借金を返すのか…?それは過去にさかのぼる。

相棒、ポチタとの出会いになります。

 

―父親が首を吊って死んだ。

デンジは雨の中花の前に立つ。

借金をしていた相手に、物乞いするなり体売るなりして、明日までに70万用意しろと言われる。

さもないと、お前の死体をバラバラにすると。

 

そんな時…!ヴヴヴヴヴと物音を立て、チェンソーが付いた謎の生き物が姿をあらわす。

そう、それがポチタ。

 

デンジはポチタをみて、悪魔だと気づき、どうせ自分は死ぬのだから殺すなら殺せという。

しかし血を流して横たわるポチタ。

ケガをしているようだ。

 

じきに死ぬとわかったデンジは、自分の腕を噛めとポチタに言う。

悪魔は血を飲めばキズが治るそうだ。

 

しかし腕を差し出したのは契約。

デンジはポチタに、お前を助ける代わりに自分を助けろと言う。

こんな人生でもやはりまだ死にたくないようだ。

 

そんなこんなで相棒となったデンジとポチタ。

デビルハンターとして雇ってくれないかと、父親の借金をした相手に願い、今日もまた借金を返すのだ。

 

デンジの夢は普通であることと言ったが、普通とは食パンにジャムを塗ったり、女とイチャイチャしたり、一緒にゲームをしたり、抱かれながら眠ったり。

そんなこと。

そんなことでいいのだ。

 

そんなことをポチタと話しながら眠ろうとしていたら、血を吐き出すデンジ。

デンジは語る。

自分の母親は心臓の病気で、血を吐いて死んだと…

 

しかし、そんな時も仕事はくる。

悪魔がでたのだ。

 

黙ってついていくデンジ。

しかし、そこにはなにもいない…すると雇い主がいう。

 

犬みたいに従順。

安い報酬で働いてくれる。

でも、犬は臭くて嫌いだ、と。

 

その時…!!

後ろからデンジとポチタが手下によって剣で刺される。

 

奴らが望むのは、悪魔の力…

悪魔が望むのはデビルハンターの死…!

雇い主と契約したゾンビの悪魔たちは自分たちを殺すデビルハンター、デンジたちを殺そうとする。

 

デンジは思う。

普通の生活をしたかっただけなのに、それすらも叶わないのか、と。

 

デンジは死んだ。

デンジは過去にポチタと約束した。

 

自分は戦っているうちに死ぬかもしれない、ポチタが心残りになる。

悪魔には死んだ人の体を乗っ取れるやつがいる。

ポチタにそれができるなら、デンジは自分の体をポチタにあげたいという。

 

そして願う…自分が死んだら、自分の体でポチタはこの町を出て普通の暮らしをして普通の死に方をしてほしい、と。

 

デンジは死んだ。

…はずだった。

 

ポチタはデンジの夢の話を聞くのが好きだった。

彼は言った。

これは契約、私の心臓をやる代わりにデンジの夢を私に見せてくれと。

 

デンジは目覚めた。

傷も治っている。

ポチタがいない。

 

ゾンビに囲まれる。

デンジはポチタと同化した体で済まさじい威力で奴らを倒す。

 

戦いがおわると、みしらぬ人たちがやってくる。

公安のデビルハンターらしい。

 

彼らはいう。

デンジはゾンビの悪魔とは違う。

心を持っている。

私に飼われるか?と。

 

デンジが夢見た普通が手に入る。

その普通の代償とは… 次回に続く。

チェンソーマン第1話の感想

巻頭カラーで始まった新連載、チェンソーマン。絵は実に少年誌らしい。優しいデンジとチャーミングな見た目のポチタ。

読んだ瞬間、引き込まれるなにかがあります、この漫画!

 

絶対にない!そんな設定なのに、なぜかどこか、ありえるような人間のもつ嫌らしい感情や欲だったり綺麗ではないものにリアリティを感じました。

 

デンジの境遇も悲しいもので、その中でも 普通 を夢見て生きていくデンジ。

綺麗な心の持ち主。

好きになってしまうほかありません!!

 

戦いの場面も、ページを大胆に使った迫力あるコマが印象的です☆

初回ということもあり、まだまだ登場人物も少なくこれからの展開に期待大!

キャラデザインなんかもかわいいしとっても好みです。

 

デンジとポチタの関係も気になりますが、最後に登場した公安デビルハンターとの絡みも要チェック!

隅から隅まで、ワクワクが止まらない!

駆け足でページをめくってしまう、そんな作品です。

チェンソーマン第2話ネタバレと感想!ポチタの行方は?!