5/2に新テニスの王子様の最新刊26巻が発売です!

さっそく新テニスの王子様 26巻のあらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

シングルス3にリョーマ登場!

エースの王子様であるプランスに苦戦を強いられます。

しかし光る打球でこの状況を打開!

流れを引き戻しますが、リョーマにアクシデントが起こります。

そしてシングルス2には真田が出てきます。

オジュワールが使う忍術テニスと!?

続きはネタバレになります。ご注意ください!

スポンサーリンク

テニスの王子様 25巻あらすじ

日本VSフランスの団体戦が続いています。

ダブルス1の柳・毛利ペアは苦しみながらも1勝をもぎ取り、日本は1勝1敗のタイに持ち込むことに成功。

 

一方そのころ、リョーマは次の対戦相手であるフランスのプランスと馬上テニスなる競技で勝負していました。

結果は引き分け。

桜乃を巡って(!?)因縁のある二人は公式戦で再び相まみえます。

エースの王子様と呼ばれるプランスは、どんなボールも1球でゲームを決めてしまうというプレイスタイルでリョーマを翻弄します。

しかし三船監督がリョーマに何かを進言、反撃が始まります!

>>>今すぐ無料で「新テニスの王子様」の最新刊をU-NEXTで読むにはこちら☆

新テニスの王子様26巻ネタバレ

リョーマが放ったのは平等院も使っていた“光る打球”。

しかし平等院は自分のそれとは似て異なるものと感じているようでした。

 

この光る打球もプランスは果敢に返そうとしますが、あまりの威力にガットが破れてしまいます。

平等院の打球が破壊ならば、リョーマの打球は希望のようだと鬼は分析。

しかし却ってプランスのプライドが刺激されたようでした。

 

一矢報いたものの、結局リョーマはこのゲームを落としてしまいます。

アメリカ代表の選手も試合の行方を見守ります。

 

続く第2セット、センターで跳ね上がったリョーマのツイストサーブをプランスはエースで返すことが出来ず、すかさずリョーマが光る打球で先制しました。

またしてもガットが破れたプランスは、この大会でラケットの持ち込み数に関する規定が無いことを確認するとありったけのラケットを持ってくるように指示します。

 

一方、手塚擁するドイツ代表は順当に勝ち上がっていました。

日本と戦いたいだろう?とジークフリートに話を振られた手塚でしたが、相手がどこであろうと関係ないと素っ気ない態度です。

手塚は常にベストの状態で試合をすることがプロとしての第一歩と、プロになるための道のりを歩んでいました。

 

リョーマは光る打球で2セット目を有利に進めます。

プランスは何本ものラケットを犠牲にしながら、どこに当てれば光る打球をエースで返せるか攻略法を探っていました。

ゲームカウントは5-0とリョーマの圧倒的有利。

 

しかしプランスのラケットに空く穴は徐々に小さいものになっていっていました…。

そしてついにプランスは光る打球の中心を捉えます!

光る打球の威力そのままに返球するプランス。

リョーマは真っ向から立ち向かいます。

 

ドロップボレーを放つリョーマ。

その姿は、プランスの目にはまるでサムライのように映っていました。

しかし今度はリョーマのラケットが破れ、打球がリョーマの腹に!

プランスが駆け寄るも、リョーマは気絶してしまいました。

そのまま病室へ…。

 

「次に戦えることを楽しみにしているよ」

眠るリョーマへ花束を贈るプランス。

病室の廊下には心配そうな桜乃がいました。

 

リョーマは夢を見ていました。

幼いころ、兄のリョーガと井戸に落ちてしまったことがありました。

リョーガは弟を明るく励ましますが、なかなか上に上がることが出来ません。

しかしリョーマは諦めたりしませんでした。

 

「お前、泣き虫のくせにいつだって諦めないもんな」

リョーガも感嘆とするほど諦めの悪い性格のリョーマ。

もう少しという所で落ちそうになった所で、父の南次郎に助けられたのでした。

そこで目を覚まします。

「勝手に試合終わらせないでくんない?まだまだだね」

 

そんなリョーマを見たプランスはこう言います。

「カミュが言ってた。愛が人を…そしてテニスを強くすると」

あながち間違いでもないかもしれないと認めるプランス。

 

試合が再開します。

 

光る打球は破られ、倒れたばかりのリョーマが不利…と思われましたが、プランスのプレイを真似るかのようなリョーマが、途中で審判に打球を当て退場させるハプニングを起こしながらも得点を重ねていきます。

もうこの試合は誰にも止められません。

 

まるでサムライと騎士が戦っているかのような激闘を繰り広げる二人。

お互い光る打球を封じられた状況、周囲はリョーマが劣勢との見方を示します。

しかしリョーマは果敢に光る打球を放ちます!

 

当然プランスはこれを打ち返し、万事休すかと思いきや…。

しかしテニスでは絶対に負けない!と気持ちを込めたリョーマが更に打ち返しました。

負けたくない…その一心でプランスは走ります、予備のラケットを手に取って…。

 

ラケットを2本重ねて打つことは反則だと分かっていても、打たずにはいられなかったプランス。

「ゲームセット、ウォンバイ日本!」

リョーマは勝ったよ、と呟いて倒れこんでしまいます。

 

病室で眠るリョーマに「次に戦えることを楽しみにしてる」と告げ去ろうとするプランス。

病室から出たところで桜乃と遭遇します。

「すごくすごく良い試合でした!二人とも楽しそうで…」

そう言う桜乃のことをますます気に入ったプランスはリョーマを羨みます。

 

プランスが桜乃にペンフレンドからどうかと話を持ちかけたところでリョーマが目覚めます。

「王子様のお目覚めだ!」

 

続くシングルス2、日本は真田が登場!

相手はおじゃーることオジュワール・ドロン。

試合前から忍術の分身…ではなく人形を使って攪乱させようとします(?)が、真田には通じません。

 

「完膚なきまでに叩きのめしてやるわぁー‼」

様々な忍術を駆使するオジュワールでしたが、彼を圧倒する真田。

皇帝復活でこのまま試合が展開されるのか…というところで、突然ミスを連発し始めてしまう真田。

「彼の恐いテニスは派手な忍術ではない。『五車の術』」

スポンサーリンク

漫画最新刊を無料で読む裏技!

マンガを安く買いたい・・・・

マンガを無料で読めたらいいな・・・・・

ネットに落ちてないかな・・・・

 

もしかしてネットにあるrarやzipファイル・torrentファイルをダウンロードして漫画を読んでいませんか?

これをしてしまったら犯罪者です!!

違法アップロードはもちろん、違法ダウンロードも犯罪行為!

漫画を読みたいといっても犯罪を犯してまでは読みたくありませんよね?

 

そこで漫画大好き、でも超どケチな私が1200円分のマンガを無料で読んだ裏技に興味ありませんか??

今から5〜10分後には、1200円分のマンガを無料で読む事が出来ます。

 

方法は簡単!

2つのオンデマンドサービスに初月無料のお試し会員登録するだけ。

U-NEXTとmusic.jpは、本来ならば有料サービスなんです。

ですが、どちらも無料お試し期間があり、しかも登録時にポイント(1p/1円相当分)がもらえます。

トライアル期間をうまく利用すれば、マンガを無料で読めちゃうんです!

【U-NEXTを賢く使うには?】

U-NEXTって1度は聞いたことあるかもしれませんが、実は映画やアニメ動画配信だけでなく電子書籍も豊富な品揃え!しかもアダルト作品でも見放題の作品もアリ☆

31日間無料トライアルができ、登録時に600ポイントをすぐにもらえます。

このポイントを使って最新刊や好きな漫画を実質無料で読むことができるのです!

>>今すぐU-NEXTを無料で試しすならこちらをクリック☆<<

【music.jpを賢く使うには?】

music.jpは音楽配信をはじめこちらも動画やマンガ、雑誌まで幅広く楽しめる総合配信サービスです。

なんと17万冊以上のマンガが取り揃えてあります!

music.jpも初月無料で試せる上、登録時に1600ポイントが貰えます♪

>>music.jpを無料で試しすならこちらをクリック☆<<

※music.jpのポイントは動画専用ポイントが1000ポイントが含まれるので、マンガに使えるのは実質600ポイントになります。(1000ポイントは、映画やドラマ・アニメなどの新作動画に使えますよ!)

 

どちらのオンデマンドサービスでも、見放題作品のドラマ・映画やアニメがあるため、漫画だけでなくなどの動画も同時に楽しむこともできますよ。

U-NEXTもmusic.jpも無料登録期間内に解約をすれば、費用は1円もかかりません!!!!

ただ解約を忘れたら月額費用がかかるので、そこは注意してくださいね^^;

 

どちらか1つでもコミック1冊分は無料で読めるポイントが付与されるので、1度使ってみない手はありませんよ。

 

もし漫画を毎月購入しているのであれば継続後もポイントが毎月加算されるので、ポイントを使って無料で読んでしかも動画も楽しめるという使い方があるのを覚えておいてください!!

新テニスの王子様 26巻感想

リョーマとプランスの対決が中心となりました。

馬上テニスを始めた時はどうなるかと思いましたが、普通に(?)プレイしてくれて良かったです。

最後はリョーマの強い気持ちが上回ったようですね。

 

桜乃に関しても…プランスは振られてしまった感じになるんでしょうか。

ちょっと可哀想な感じもしますが、桜乃はリョーマ一筋ですから仕方ないですね。

 

新テニが始まってから存在感が増してる彼女ですが、今後リョーマとの進展はあるんでそうか?

真田の試合も気になりますね。

五術とは何なんでしょうか?次巻が待ち遠しいです。

 

越前兄弟が井戸から這い上がる場面やオジュワールの忍術など、実際に漫画を読まないと通じないシュールな場面もあるので、文章だけではなくぜひ買って読んでみて下さいね。

スポンサーリンク