週刊少年ジャンプ21号(4/22発売)のブラッククローバー第202話のネタバレと感想をまとめました。

202話は、ブラッククローバー 第20巻に収録される予定です。

続きはネタバレです!

スポンサーリンク

ブラッククローバー 前回までのあらすじ

ブラッククローバー第201話のネタバレ!最新話「影の王宮 最上階」と202話の考察

魔法帝の死から始まったヴァンジャンスと肉体を共有する白夜の魔眼の党首リヒトがかつてから仕掛けていたエルフ族の転生により魔法騎士団の多く者の人格が上書きされてしまうというもの。

白夜の魔眼アジトであるグラビド岩石とクローバー城に封じられた冥府の扉を開く術式が進行される中。

…エルフたちは悪魔と呼ばれる者に利用されていることを知る。

 

リヒト(パトリ)はアスタの説得でともに悪魔を倒すことを誓う。

影の王宮の出口には本物のリヒトとシャーロット(シャルラ)、
そしてヤミ団長が来ていた。

ブラッククローバー第202話『異なる世界の』ネタバレ

アスタにつきまとっていた魔力を持たないものを好むアンチドリのネロが突然喋りだした。

 

「変ナ顔シテナイデ早ク シロ サッサット空間 出セ」

 

…その口はかなり悪い。

言いたいことはフィンラルの空間魔法でクローバー王国の外れにある魔神の骨に連れて行けというもの。

 

 

ヤミ団長は悪魔と戦いながら相手の魔法の性質と対策を探る。

 

その性質は言葉に出したものの出すものと。

出したものを操るものの2タイプ。

 

だが魔力量は桁違いで回復に応用が効くその魔法は無敵に近いが、

相手を言葉のみで直接殺害することと闇魔法を防ぐことはできないようで避けるばかり、

回避されてしまうのでダメージを当たることも叶わず。

 

リヒトの宿魔の剣のよる反射ですら避けられてしまう。

 

対象や効果などを戦いながら探るのは限界があった。

悪魔、リヒト、シャルラと比べる人間であるとヤミの魔力量は少ないため長期戦は不利。

 

されにパトリを闇落ちさせて作った五つ葉のクローバーの魔導書を使った言霊魔法のおぞましい魔力にヤミは戦慄する。

 

魔法で現れた不気味なモノが押し寄せてヤミを…

 

その魔力はユノとパトリも感じていた。

 

一方、ネロとともに魔神の骨までやってきたフィンラルは言われるままにセフィロトの樹の描かれた石版から魔石を外して頭蓋の上の魔法帝の像へとはめ込むように言われて実行。

 

「…これで… 最後だ…! ………!! これ…は… 魔力………!!?」

 

魔力を放つ像にヒヒが入る。

スポンサーリンク

ブラッククローバー 第202話『異なる世界の』の感想

悪魔の魔力量はエルフ族よりも上。

 

そんな相手の魔法の正体を探りながらのヤミ団長の戦闘は普段の面倒くさいという素振りが全く見られません。

 

シャルラとの魔法の相性が悪いらしく。

リヒトはまだ本調子とは言えない状態なのでヤミ団長が中心になるしかないというのも確か。

 

それとアニメのオープニングでは毎回登場する魔神の骨はただの死骸ではないようですね。

 

リヒトの理解者だったという初代の魔法帝の像はただの像ではなさそう。

ブラッククローバー 第203話の予想と考察

悪魔の言霊魔法の効果は謎ばかり。

そして魔導書を使った現れた触手の怪物のようなもの。

 

シャルラの話だと別の世界、

悪魔の世界の生き物なのでしょう。

 

それにヤミたちは飲み込まれて。

 

最初の魔法帝は人類を滅ぼそうとしていた魔神を倒すことで魔法帝と呼ばれた。

 

あの頭蓋にある像はその偉業を讃えたというよりも魔法帝そのものが封印のためにともに石化しているようにも見えます。

 

そもそもなんでネロはそんな事を知ってて、そこにフィンラルを使って行ったのかも不明のまま…

ネロは魔法帝の石像がこの戦いの鍵になることを知っているのは確かなようです。

スポンサーリンク