2018年12月17日発売の週刊少年ジャンプ3号に掲載中の「ne0:lation」第2話のネタバレ・感想を紹介します。

ne0のおかげで両親が残した借金から解放された大悟。

日常はどう変わったのだろうか?

そして、ne0の次なる悪者いじめのターゲットは誰だ?!

 

続きはネタバレです。ご注意を!

スポンサーリンク

ne0:lation前回のあらすじ

ne0;lation(ネオレイション) 第1話のネタバレ!パソコンを操る魔法使い

理系不良ことne0(ネオ)のコンピュータスキルによって借金取り・金本たちの悪事が暴かれ、大悟の両親が残した借金が無くなります。

さらに姉の大切な宝物であるホットドックのキッチンカーを守ることができました。

 

その後の大悟はどうなったのでしょうか!?

ne0:lation第2話のネタバレ!事件から一夜明けて…

借金取り・金本たちが使っていた事務所にやって来たne0と大悟。

金本たちはテロリストとして拘束されていたが、すぐに間違いだったことが分かり解放されていた。

 

金本たちが拘束されている間に、ne0は様々な情報を集めまとめたものを見せたことで簡単にヤクザの事務所を乗っ取ることに成功した。

 

事務所掃除する道具を買いに出かけていた大悟が戻ると、部屋の中を荒らしている2人組が!

しかしne0がいない。

 

大悟は正当防衛ということで2人組を倒しますが、背後からスタンガンを持った男によって捕まってしまいます。

いなくなっていたne0、

大悟の姉さんが営業しているホットドックのキッチンカーwww

 

戻ると部屋が荒らされた状態になっていたが、大悟のスマホを見つけると閲覧履歴を調べるのに夢中になってしまいますw

 

大悟が連れて行かれた場所は、町山田開発というヤクザの屋敷。

いくらne0でも相手がヤクザでは敵うはずがないと、大悟は心配します。

 

ne0は、そんな心配をよそに閲覧履歴を調べている最中、ヤクザから非通知の電話がかかり大悟を人質になっていることを聞きます。

が、即座に電話を切ってしまうwww

 

またすぐに電話が鳴り、金貸しに関する書類を持ってくるように指示をされます。

 

その直後にヤクザの電話が鳴り、出ると通信会社をハッキングし電話番号を特定したne0からです。

非通知で電話をかけてくるのは、無礼だという文句とお前たちを潰すと宣言www

 

しかし、ヤクザが持っている携帯は「トバシ携帯」と呼ばれ、契約は関係ない人物の名前、GPS機能もない、とハッキングしたとしても自分たちが特定できないと自信たっぷりに大悟に話すヤクザ。

 

そこはne0。

あっさりとヤクザの場所を特定、プリンターの定着ドラムを使って紙を発火させ火事を起こします。

 

ヤクザのne0への殺意が増した瞬間、ne0が前もって通報していた消防士たちが突入してきました。

消防士たちによって大悟が人質に取られていることが判明し、監禁の現行犯でヤクザたちは逮捕・余罪を含めて刑務所行きが決定されてしまいます。

 

ne0は大悟が人質に取られた時から、この計画を立て自分は動くことなく悪者いじめというガキの遊びを楽しんでいました。

スポンサーリンク

第2話の感想

金本たちの事件からすぐに情報を集め、事務所を乗っ取ってしまうところは面白かったし、さすが抜け目ないなと思いました。

 

しかも、契約書にはリフォーム可と書かれていたので、事務所がどんな風に変わるのかが楽しみです。

大悟のスマホの閲覧履歴を探ろうと操作している姿はやっぱり好奇心旺盛な子どもだなと、なんかクスッと笑える場面でした。

 

ヤクザはトバシ携帯を使って場所を特定できないように対策はしていたけど、相手が悪かったって感じがまた面白かったです。

次回はどんな悪者が出てきてne0がどんな方法で潰すのかが楽しみです。

ne0:lation(ネオレイション)1巻/第3話のネタバレと感想!謎の失踪事件発生

スポンサーリンク