2019年4月17日発売の週刊サンデー2019年20号に掲載、「舞妓さんちのまかないさん 第112話(11巻収録予定)」を読んだのでネタバレ・感想をまとめました。

梅雨も終わりにさしかかり、京都では強い日差しが照り付けるようになってきました。

 

舞妓さんたちは日焼けはご法度。

みんな必死で日焼け止めを塗ります。

しかし仕込みさんの理子は日焼け止めを塗ろうとしません。

 

そんな理子につる駒さん姉さんは・・・・

続きはネタバレになります、ご注意ください!

スポンサーリンク

舞妓さんちのまかないさんの前回までのあらすじ

舞妓さんちのまかないさん111話のネタバレ!最新話「すーちゃんの帰る場所」

映画を見て夜更かししてしまい、お座敷が終わるなりお茶屋さんで眠ってしまった百子さん姉さん。

一度寝てしまうと目を覚まさない姉さんをすーちゃんは家まで送ります。

 

そのまま家に泊まらせてもらうことにしたすーちゃんですが、いつもとは違って静かすぎて眠れません。

唯一、屋形と同じ音をだしている冷蔵庫のそばでウトウトと眠ってしまいました。

>>今すぐ無料で週刊少年サンデー最新号をU-NEXTで読むならこちら!

舞妓さんちのまかないさん 第112話のネタバレ!「夏の準備」

「おけいこ行ってきまーす!!」

笑顔で屋形を出る舞妓さんたち。

しかし、夏の強い日差しに照り付けられて、あわてて引き返します。

 

彼女たちがあわててとりだしたのは日焼け止め!

顔だけでなく、首筋、腕、と身体全体に念入りに塗り広げます。

 

舞妓さんは紫外線への意識がとても高いのです。

なぜなら日焼けをしてしまうと、白粉ののりが悪くなって、白粉の浮きが激しくなってしまうからです。

 

必死に日焼け止めをぬる舞妓さんたちを尻目に、理子は日焼け止めを塗っていません。

お姉さんの一人に塗らないの?と聞かれても「あーうちはいいっスよ」と答えます。

中学で部活をやっていた時も塗ったことがないし、面倒だから、というのが理由です。

 

面倒、といっても何分もかからないよ、と言われても、「いや、かかる時間とかじゃなくて、出てるところにいちいち塗ってく感じが面倒なんスよ。イライラする」とかたくなに塗ろうとしません。

 

その様子をつる駒さん姉さんは心配そうに見ていました。

 

その日、つる駒さん姉さんはお稽古から帰ると、すぐにキヨのところへとやってきました。

暑くなってきたので冷たい麦茶を差し出すキヨ。

その麦茶をごくごく飲みながら、つる駒さん姉さんは言います。

 

「あんな、うちおけいこ中ずっと考えててん! キヨさんに日焼けにええもん作ってもろうたらええやろかて!」

しかし、朝のやり取りをしらないキヨはきょとんとしています。

 

そんなキヨにつる駒さん姉さんは、肌に良いプルプルしたやつをつくってほしい、と言います。

 

そしてキヨが作ったのは、プリン!

卵を一つ使い切った一人用のプリンです。

事情を知らないキヨはつる駒さん姉さんの好物でプルプルしたものを作ったのでした。

 

「これやない・・・プルッとしとるけど・・・」

ガックリしたつる駒さん姉さんでしたが、何か意を決したような顔をしました。

そしてプリンを食べたら自分でいう、と決意したのです。

 

つる駒さん姉さんは、部屋に戻ると、理子に日焼け止めを差し出してこれを塗りなはれ、と言います。

理子はそれを「いいです」と断ります。

 

しかしつる駒さん姉さんは強引にええから塗りなはれ、と迫ります。

 

それでも嫌だという理子に、舞妓ちゃんは塗るっちゅう決まりなんや!とさらに迫りますが、理子は自分は舞妓さんではないから、という理由で断ろうとします。

その言葉にカッとなったつる駒さん姉さんは理子を叱ります。

 

「あほ!! いつ舞妓ちゃんになってもええように、準備しとかなあかんゆうてんの!!」

その迫力に押された理子は、やっとはい、姉さん、と素直にうなずいたのでした。

 

きちんと日焼け止めをぬるようになった理子。

今度は逆につる駒さん姉さんにSPFが何かわかって使っていますか? と、肌が弱いのにSPFの意味もわからずにむやみに数字の高いものを選んでいる姉さんに教えてあげるのでした。

スポンサーリンク

週刊少年サンデーの最新話やサンデーコミックをすぐに無料で読む方法

ネタバレはいかがでしたか?!

内容はなんとなく掴めても、やっぱり絵とセリフがあって最新話を読んだ方が断然面白さが変わってきますよね。

 

実はU-NEXTを使えば、いますぐ無料で週刊少年サンデーの最新号を電子書籍で読むことができるのです。

サンデー最新話でもコミック最新刊でも絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください!

 

31日間の無料お試し期間があり、登録直後に600ポイントもらえます。

このポイントは、電子書籍でも映画やアニメの動画でも利用できますよ。

 

さらにお試し期間中でも、90,000本以上の映画やアニメ・アダルト作品(見放題対象)や70誌以上の雑誌が見放題&読み放題なのです☆

最新話やコミック最新刊を絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください!

▼31日間無料体験&600Pを使って最新号を今すぐ読む!▼

お試し期間内なら解約しても違約金もなく、解約自体も非常に簡単ですので安心して試すことができますよ!

舞妓さんちのまかないさん 第112話の感想

つる駒さん姉さん、優しい!

いつも生意気ばかり言っている理子に、こんなに気にかけてあげるなんて・・・・

 

そして、理子・・・・

言葉もなかなか直さないし、日焼けもお構いなし、では舞妓ちゃんになれないかもしれないのに・・・・

 

読んでる私のほうがハラハラするくらいです。

でも、つる駒さん姉さんが一生懸命教えてくれるでしょうね。

 

次回はどんなお話になるのでしょうか? 楽しみです。

スポンサーリンク