2018年12月17日発売の週刊少年ジャンプ3号に掲載されている料理マンガ「食戟のソーマ」第292話のネタバレ・感想を紹介します。

ノワールの料理人たちによる技・料理によって、次々と合格が決まります。

表の料理人たちは手も足も出ない状態。

 

このままでは表の料理人たちは全滅してしまうのでは?

続きはネタバレです、ご注意ください!

スポンサーリンク

食戟のソーマ 前回までのあらすじ

食戟のソーマ第291話のネタバレ!ノワールの料理人は異能の持ち主ばかり!

291話では、類い希なる異能を持つノワールの料理人たちによる技と料理が披露されます。

 

「調理場ピエロ」のマルカンタによる高速回転ジャグリング、

牛肉の血を抜き出し、最高の出汁や調味料に変えてしまう「赤黒の処刑人」クロード・ビル、

生の牛フィレ肉をむこうが透けて見えるほどの薄さにカットする「跳ね回る狂気」バニーヘアー。

 

裏の3人たちの料理は見事で合格となります。

 

しかし田所恵、タクミ・アルディーニ、司瑛士の3人も牛肉を素材とした必殺料理(スペシャリテ)の調理に取りかかるのです!

食戟のソーマ第292話のネタバレ!表の料理人たちの技が炸裂

司瑛士が取り出したのは大きな「グレーター」

グレーターとは、チーズやレモン・トリュフなどを細かくおろす調理道具だが剣のような大きなものはない。

 

その大きなグレーターを見事な剣さばきで弾力のある生肉を的確におろしながら調理していく。

 

一方、田所恵はオーブンで丁寧に焼いた牛肉の塊を様々な調理道具を使って魅せる料理として美しく盛り付け、タクミ・アルディーニは三日月型の包丁・メッザルーナで牛肉料理を作っていきます。

3人ともノワールの料理人たちが持つ異能に負けず劣らない技術や才能を伸ばしていた。

 

他の表の料理人たちは、ただ立ち尽くすだけ。

ノワールの料理人・サージェは、そんな表の料理人たちの様子に苛立っていた。

 

その中には創真の姿もあった。

 

薙切仙左衛門に創真には、どんな異能があるのかと聞かれる父・城一郎。

しかし、創真はただの定食屋の息子でノワールの料理人たちと渡り合える異能なんて持っていないと答える。

 

遠月学園に入っていなければ、ノワールに関わることなく普通の料理人として過ごしていたはずと仙左衛門に語る城一郎。

 

不敵な笑みを浮かべている創真を見てなにかを感じるサージェ。

 

第三の試練終了から数時間後、最後の門が開け放たれ決戦が始まる。

 

今回のBLUEは注目されているだけに、観客の熱気も凄い中での最初の試合はノワールの女性料理人・サージェ。

対する相手はなんと幸平創真。

 

サージェは相手が創真だと思っていなかった様子で、怪訝な表情を浮かべていた。

創真はどうやって第三の試練を突破したのか?

サージェとの対決が今始まろうとしている。

スポンサーリンク

食戟のソーマ第292話の感想

前回はノワールの料理人たちの技術や料理を見せつけられたが、今回は司たちも負けず劣らない技術を見せてくれたのが面白かったです。

 

チーズやレモンをすりおろす調理道具が、剣のような大きさを使いこなす司は凄いなぁと思いました。

料理の完成形が見られたのは恵の料理だけだったので、司とタクミの料理がどんな仕上がり・味になったのかが気になります。

 

また、創真がどうやって第三の試練を突破したのか?

描かれていないのがとても気になります。

 

サージェとの対決で明らかになっていくのか?

どんな試合展開になっていくのかが楽しみです。

 

サージェの兵装料理に対して、定食屋の息子創真はどんなアイディア・技で対抗するのか!?

食戟のソーマ 第293話のネタバレ THE BULEバトルフロア開門!

スポンサーリンク