2019年4月1日発売の週刊少年ジャンプ2019年18号最新話!

呪術廻戦第53話のあらすじ、感想をまとめました。

敵はなんとか撤収、嵐が去りました。

 

高専側は夏油たちのたくらみについて予測し情報を整理しますが、確信は持てないまま様子見ということになります。

一方夏油たちの計画は着々と遂行されていくのでした。

ここからはネタバレになりますので、ご注意ください。

スポンサーリンク

呪術廻戦 第53話 前回までのあらすじ

呪術廻戦52話のネタバレ!最新話「規格外」の考察と53話の予想

帳が消え、頭上高くに姿を現した五条。

五条の出現に、撤収開始をする呪霊たち。

 

しかし五条は、花御へ強力な一打を与え、夏油の手下と思われる男を生け捕りにするのでした。

その一方で真人は目的を果たして帰途につこうとしていました。

>>今すぐ無料で呪術廻戦の最新刊を読むならこちら!

呪術廻戦 第53話のネタバレ 完遂

逃げ帰ってきた仲間たちの中でも、花御は半身が大きくえぐれていました。

「君は働きすぎ」

と、歌姫たちと遭遇した男が花御に言います。

 

立っていることもままならない花御は答えることもなく倒れます。

男が「楽にしてあげようか」と言い刀を握ると、真人が男の背後に立っています。

 

「人間のくせに勝手に殺すな」と真人が圧をかけます。

男はそれを気にすることもなく、「優しさだよ」と答えます。

そして「呪いにはこの機微はわかんないか」と心底本気の様子で続けるのでした。

 

男は真人に戦果を尋ねます。

真人は高専から、特級呪物である両面宿儺の指6本と、受胎九相図の1から3番を持ちだしていました。

 

彼らは高専に詳しい夏油を中心として今回の作戦を立てました。

高専はそのほとんどの寺社仏閣がハリボテです。

それは呪物管理のための措置です。

 

天元の結界術で配置を変え、どれかの建物がその呪物管理する本当の部屋につながっているのです。

それは天元しかわかりません。

そう夏油は言います。

 

天元は誰だという漏湖。

夏油は不死の術式を持った呪術師と答えます。

 

漏湖は五条と天元のどちらが強いのかと聞きます。

夏油は、天元のことを不死であって不老ではなく、結界のこと以外は現世には関わらないので気にしなくて良いと言うのでした。

 

彼らは以前回収された両面宿儺の指に真人の呪力の札を内側に貼っていたのでした。

真人自身ならばそれをたどることは可能です。

真人は護衛などを気にしていましたが、夏油はその心配はないと言います。

 

夏油の要望は、花御の負担を減らすため出来る限り術師を減らすことでした。

花御は五条を帳に閉じ込めないことを疑問に思いますが、目的をはっきりさせない方が時間が五条対策になると考えます。

また、帳がどの程度耐久性があるかを調べるためにも、生徒を閉じ込めることになりました。

 

花御は両面宿儺の器以外は殺していいのか確認します。

夏油は両面宿儺が予想と違う反応を見せることが多く、おそらく生徒の中に殺してはいけない誰かがいると推測します。

 

おそらくそれは伏黒でしょう。

伏黒を殺してしまうと、両面宿儺にとってなんらかの過剰な刺激となってしまい好ましくありません。

 

では虎杖を先に攫っては、と漏湖が提案します。

しかし両面宿儺自身、夏油たちにも、高専側にも爆弾のようなものです。

予想が立たないだけに、その時が来るまでは刺激は控えたいところです。

 

その時、とは10月31日の渋谷です。

全ては五条を封印するため、温存できるものはそこまで温存したいのです。

 

鞣造や呪術師に関しては捨て置いて構わないと呪霊たちに夏油は言います。

最後の作戦まで付き合える呪術師は少ないのです。

必要な人間は必要な時まで適宜うまく付き合うようにというお達しでした。

 

真人は傷ついた花御を抱えて歩き出します。

真人に花御は苛立ちを隠せないと呟きます。

真人はそれに花御の呪いっぽさを感じるのでした。

 

一方高専では被害状況が共有されていました。

2級術師が3名、準1弓術士が一名、補助監督が5名、忌庫番が2名が犠牲となりました。

みな、学長たちと別行動だった人たちです。

 

呪物流出の情報を界隈に流さないため、この件は公開しないことになります。

また捕らえた男は、情報をほとんど持っていませんでした。

目新しいものといえば、性別不明の白髪おかっぱの年若い呪術師がいるとのことでした。

 

教師たちはその誰かに心当たりがないか話合いますが、誰にも検討がつきません。

またどう侵入経路や彼らの目的について話し合いますが、はっきりとした確信は持てません。

とりあえずは交流会は中止という学長に五条が反論します。

 

その頃、虎杖と野薔薇は、伏黒のお見舞いに来ていました。

野薔薇がいつ東堂と仲良くなったのか聞くと、虎杖はいまいち意識がしっかりしていないのでよくわからないと言います。

 

虎杖たちは、伏黒の怪我が酷くなくてよかったと言います。

伏黒は呪力がほとんどなかったため、種の影響が少なかったのです。

 

花御の話を続けようとする二人を遮り、伏黒は虎杖が強くなったことを指摘します。

伏黒はかつて、虎杖が自分と伏黒それぞれが正しいと言ったことを思い出していました。

 

伏黒はそれは正しいが、それは自分たちは二人とも間違っているということと同様だと感じるのでした。

野薔薇は答えがでない問題もある、と言います。

 

伏黒は納得できていないようです。

自分の価値観を通せないような人間は強くはなりきれないと感じています。

 

すぐに虎杖を追い越すと宣言する伏黒。

虎杖は、伏黒の様にいつもの様子を感じて安心します。

野薔薇は、二人で成長勝負をしていることに自分も入りたいようです。

 

そして、東堂が深く頷き、それでこそ兄弟の友人と言います。

三人が東堂の突然の東堂の出現に戸惑っていると、虎杖は瞬時に逃げ出します。

追いかける東堂。

 

東堂には感謝しているけれど、あの独特のノリに巻き込まれた時、虎杖は正気じゃなかったと感じていました。

しかし東堂は

「中学の時からあんな感じだった」と答えます。

そもそも二人は同中ではありません。

 

さて、色々あった交流会。

1日休みを挟んだ後、三輪霞はバッターボックスに立っていました。

 

ちょっとばかり自信をなくしている霞。

役立たずを自称しているけれども、まあいうほどでもない謙遜的な「役立たず」だと思っていた霞。

しかし、今回はガチで、みんなが死闘を繰り広げる中爆睡という失態をおかしていました。

やや肩身がせまいし、起きたら刀は折れているし、踏んだり蹴ったりです。

 

交流会は野球に切り替わったのでした。

東京校チームのピッチャーは真希、キャッチャーは虎杖です。

スポンサーリンク

漫画最新刊を無料で読む裏技!

マンガを安く買いたい・・・・

マンガを無料で読めたらいいな・・・・・

ネットに落ちてないかな・・・・

 

もしかしてネットにあるrarやzipファイル・torrentファイルをダウンロードして漫画を読んでいませんか?

これをしてしまったら犯罪者です!!

違法アップロードはもちろん、違法ダウンロードも犯罪行為!

漫画を読みたいといっても犯罪を犯してまでは読みたくありませんよね?

 

そこで漫画大好き、でも超どケチな私が1200円分のマンガを無料で読んだ裏技に興味ありませんか??

今から5〜10分後には、1200円分のマンガを無料で読む事が出来ます。

 

方法は簡単!

2つのオンデマンドサービスに初月無料のお試し会員登録するだけ。

U-NEXTとmusic.jpは、本来ならば有料サービスなんです。

ですが、どちらも無料お試し期間があり、しかも登録時にポイント(1p/1円相当分)がもらえます。

トライアル期間をうまく利用すれば、マンガを無料で読めちゃうんです!

【U-NEXTを賢く使うには?】

U-NEXTって1度は聞いたことあるかもしれませんが、実は映画やアニメ動画配信だけでなく電子書籍も豊富な品揃え!しかもアダルト作品でも見放題の作品もアリ☆

31日間無料トライアルができ、登録時に600ポイントをすぐにもらえます。

このポイントを使って最新刊や好きな漫画を実質無料で読むことができるのです!

>>今すぐU-NEXTを無料で試しすならこちらをクリック☆<<

【music.jpを賢く使うには?】

music.jpは音楽配信をはじめこちらも動画やマンガ、雑誌まで幅広く楽しめる総合配信サービスです。

なんと17万冊以上のマンガが取り揃えてあります!

music.jpも初月無料で試せる上、登録時に1600ポイントが貰えます♪

>>music.jpを無料で試しすならこちらをクリック☆<<

※music.jpのポイントは動画専用ポイントが1000ポイントが含まれるので、マンガに使えるのは実質600ポイントになります。(1000ポイントは、映画やドラマ・アニメなどの新作動画に使えますよ!)

 

どちらのオンデマンドサービスでも、見放題作品のドラマ・映画やアニメがあるため、漫画だけでなくなどの動画も同時に楽しむこともできますよ。

U-NEXTもmusic.jpも無料登録期間内に解約をすれば、費用は1円もかかりません!!!!

ただ解約を忘れたら月額費用がかかるので、そこは注意してくださいね^^;

 

どちらか1つでもコミック1冊分は無料で読めるポイントが付与されるので、1度使ってみない手はありませんよ。

 

もし漫画を毎月購入しているのであれば継続後もポイントが毎月加算されるので、ポイントを使って無料で読んでしかも動画も楽しめるという使い方があるのを覚えておいてください!!

呪術廻戦 第53話考察

夏油たちの作戦がわかった回でした。

どうも呪霊と夏油を覗く呪術師たちは一枚岩では無いようです。

 

あれほどのことがあったのに花御が存命だったのは驚きです。

確かに祓えたかどうかはわからないと言っていましたが、花御がヨボヨボでしたね。

 

真人と花御の雰囲気を見るに、呪霊同士の結びつきは強いように見えます。

根底に人間への呪というものがあるとはいえ、思っているより距離が近いですね。

 

花御も真人も呪霊の中ではトップクラスなので、何か特別な気持ちと尊敬のようなものがお互いにあるのでしょうか。

呪術師同士よりよほど敬意と仲間意識が強いように見えます。

 

また今後の展開の示唆される、五条の封印が夏油から提示されました。

やはり五条が圧倒的な強者なのでしょう。

 

夏油はどんな手を使うのでしょうか。

今回の帳もそれに使用されるのでしょうか。

 

また伏黒が元気そうで何よりです。

呪種の発芽ルールである、呪力によって成長する種というのがきちんと生きている設定だと思いました。

呪術廻戦は、呪術師の戦闘ルールがしっかり確立していて、読者への開示とタイミングがきちんとしていて後付け間もなく物語の末端まで行き届いている印象です。

 

虎杖と東堂ですが、虎杖がまさかの正気じゃなかった発言です。

東堂の空気感がすごいのでしょうか。

 

まさか両面宿儺が出ていたのでしょうか。

両面宿儺と東堂は組み合わせとして悪そうですから、東堂の空気感に飲まれてしまったのでしょう。

東堂はかなりの強者ですね。

メンタルも相当強いと思います。

呪術廻戦 54話予測

野球回と予告にも銘打たれているので、まごうことなき野球回のようです。

頑張るチャンスのなかった三輪霞のいいところが見られるのでしょうか。

しかし、伏黒や狗巻、加茂は野球ができるコンディションなのでしょうか。

 

伏黒は思ったより軽症だったようですが、1日休んだ後野球というのは無理そうですよね。

あくまで交流がメインなので、もちろんただのレクレーションという意味合いが強い野球なのだとは思いますが、どんな回になるのでしょう。

九人もいないのですが、教師もいれてフルメンバーでやるのでしょうか。

 

ハード目なバトル展開が長かったので、キャラ同士の交流が多めの閑話休題色の強い野球回だと予想されます。

ガチガチの野球よりは、味方再度の登場人物たちが次から次に出てきたりと予想されます。

また今回のバトルの個人個人の反省なども含まれるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク