2019年4月1日発売の週刊少年ジャンプ2019年18号最新話!

アクタージュ第59話のあらすじ、感想をまとめました。

ひなにきついことを言われた景。

景は吉岡ととった動画をラインで送り、ひなに自分の気持ちを伝えるのでした。

ここからはネタバレになりますので、ご注意ください。

アクタージュ 前回までのあらすじ

アクタージュ第58話のネタバレ!最新話「芸能人」の考察と59話の予想

ひなに映画撮影の手伝いを依頼する吉岡と景。

ひなには断られますが、しつこく食い下がると二人。

ひなは景に厳しい言葉を浴びせます。

 

そこからひなと景は口論になるのでした。。

しかしどれだけ言ってもひなは景のことを受け入れる様子はありませんでした。

またひなの指摘はすべてではないものの、正論としか言いようもない部分もあり、景は友達付き合いについと自分のふるまいについて真剣に考えます。

>>今すぐ無料でアクタージュ最新刊を読むならこちら!

アクタージュ第59話のネタバレ 4月の君

ひなはその夜遼馬に電話をかけていました。

ひなと遼馬は幽霊部員で学祭の時期は暇なため、ひなが遼馬を映画に誘っていたのです。

しかし遼馬は用事があると言って断ります。

 

用事の内容を聞くと、ナンパと答える遼馬。

ひながなにそれ、と言うと、遼馬に電話を切られてしまいます。

ひなはその時ラインが入っていることに気がつきます。

 

吉岡からでした。

吉岡にラインを教えたか記憶が定かではないひな。

吉岡からのラインは動画でした。

 

動画を再生すると夏服の景が教室にいる姿です。

ということは、昔の姿。

盗撮ではないかとやや引き気味のひな。

 

吉岡がなぜこんなものを送ってきたかわかりません。

ひなはその動画を見て、4月の頃を思い出しました。

その頃の景は、周りに興味のないような顔をしていました。

 

4月の頃、ひなは景に声をかけたことがありました。

いつもひとりの景を、きれいな子だと思っていました。

 

クラスに馴染んでもいないように見えたので、クラスの親睦のカラオケ大会に誘って友達になりたいと思いました。

私が一番先に仲良くなりたい、とひなは思っていました。

 

ひなは新しいクラスで、去年までのグループとひとり違うクラスになっていました。

今のクラスではまだひとり、景もいつもひとりだったので声をかけたのでした。

しかし景は「これからバイトなの」とだけ答えると、再び世界には興味がないようにひなのことも見えないように振る舞うのでした。

ひなは傷つきました。

 

しかし景は、役者の友達のことをひなが憶測で悪く言うと怒ったのです。

それは血の通った対応でした。

ひなはそれをやはり「彼ら」のような人たちが、一般の人を下に見ていると感じたのでした。

 

ひなは映像を見ていてふと気がつきました。

教室の窓の外の木が枯れています。

 

景が、「この頃の私は」と喋り始めました。

この景が今の景で、この映像は二人が撮った映画のワンシーンだと気がついたひな。

 

画面の中の景は語り続けます。

4月の頃、景は自分のことばかり考えていたと言います。

家のことや妹たちのことで頭がいっぱいなのでした。

 

外の世界は違うように思っていて、別の世界と思っていました。

「でも今は違う」と景は言います。

景は世界が全て繋がっていることに気がついたのです。

 

もちろん、自分も、その世界の一員なのです。

画面の景がこちらをしっかり見ています。

「これが今の私」と言う景は、さきほどの4月の頃の景とは全く違いました。

 

ひなは、プロの演技力に圧倒されました。

「できれば今度は私からカラオケに誘いたけど、一緒に映画も撮りたかったけど」

と、景は続けて言います。

 

もうひなを怒らせたくないので、言うのはやめます、と結びました。

やっぱりフツーがわからないからと景は言いました。

動画はそこで終わりました。

 

冷静になればその動画はウザくて、あざとくて意味不明です。

でも、とそれとは違う感情が沸き上がってきます。

 

翌朝、景と吉岡は投稿前に映画撮影をしていました。

しかし思いのほか生徒たちの投稿時間は早く、全くすすみません。

 

景はやさぐれた顔をしていました。

映画は取れないし、ひなへのラインは返信がないまま。

もう気持ちは帰りたい、とやさぐれる景を慰める吉岡。

 

そんな様子を登校途中のひなが眺めていました。

ひなはクラスメート達と登校していましたが、彼らが話す景の話題には入っていきませんでした。

景は星アキラと付き合ってるんだから、一般人と遊んだりしないでしょ、というクラスメート達。

 

ひなは黙って考えていました。

何か違和感があります。

それは景にでもクラスメート達にでもありません。

今までの自分の「フツー」に疑問を持ったのです。

 

ひなは突然景に声をかけます。

驚く景。

ひなは「チャイムなるよ」とだけ言います。

 

チャイムがなり生徒達が後者に吸い込まれていく中、向かい合うひなと景。

ひなは、遼馬には手を出さないって約束するかと聞きます。

 

意味がすぐには理解できない景。

けれども、それを約束します。

ならいい、と言い、ひなは校舎に向かっていきます。

 

その時、景と吉岡のラインに通知が来ます。

ひなは映像研究部のグループラインを作ってくれたのでした。

景はそれを見て、ありがとうと言いながら、ひなの背を追いかけるのでした。

スポンサーリンク

漫画最新刊を無料で読む裏技!

マンガを安く買いたい・・・・

マンガを無料で読めたらいいな・・・・・

ネットに落ちてないかな・・・・

 

もしかしてネットにあるrarやzipファイル・torrentファイルをダウンロードして漫画を読んでいませんか?

これをしてしまったら犯罪者です!!

違法アップロードはもちろん、違法ダウンロードも犯罪行為!

漫画を読みたいといっても犯罪を犯してまでは読みたくありませんよね?

 

そこで漫画大好き、でも超どケチな私が1561円分のマンガを無料で読んだ裏技に興味ありませんか??

今から5〜10分後には、1561円分のマンガを無料で読む事が出来ます。

 

方法は簡単!

2つのオンデマンドサービスに初月無料のお試し会員登録するだけ。

U-NEXTとmusic.jpは、本来ならば有料サービスなんです。

ですが、どちらも無料お試し期間があり、しかも登録時にポイント(1p/1円相当分)がもらえます。

トライアル期間をうまく利用すれば、マンガを無料で読めちゃうんです!

【U-NEXTを賢く使うには?】

U-NEXTって1度は聞いたことあるかもしれませんが、実は映画やアニメ動画配信だけでなく電子書籍も豊富な品揃え!しかもアダルト作品でも見放題の作品もアリ☆

31日間無料トライアルができ、登録時に600ポイントをすぐにもらえます。

このポイントを使って最新刊や好きな漫画を実質無料で読むことができるのです!

【music.jpを賢く使うには?】

music.jpは音楽配信をはじめこちらも動画やマンガ、雑誌まで幅広く楽しめる総合配信サービスです。

なんと17万冊以上のマンガが取り揃えてあります!

music.jpも初月無料で試せる上、登録時に2,461ポイントが貰えます♪

※music.jpのポイントは動画専用ポイントが1500ポイントが含まれるので、マンガに使えるのは実質961ポイントになります。(1500ポイントは、映画やドラマ・アニメなどの新作動画に使えますよ!)

 

どちらのオンデマンドサービスでも、見放題作品のドラマ・映画やアニメがあるため、漫画だけでなくなどの動画も同時に楽しむこともできますよ。

U-NEXTもmusic.jpも無料登録期間内に解約をすれば、費用は1円もかかりません!!!!

ただ解約を忘れたら月額費用がかかるので、そこは注意してくださいね^^;

 

どちらか1つでもコミック1冊分は無料で読めるポイントが付与されるので、1度使ってみない手はありませんよ。

 

もし漫画を毎月購入しているのであれば継続後もポイントが毎月加算されるので、ポイントを使って無料で読んでしかも動画も楽しめるという使い方があるのを覚えておいてください!!

アクタージュ 第59話感想

景に最初に話しかけたのはひなだったのですね。

景はどこかでそのことが意識の中にあったのでしょう。

だから友達を探すとき、まずひなに話しかけたと考えられます。

 

しかしそんなことがあったにもかかわらず、景はひなの名前を忘れていたようですね。

それならひなは当然怒るでしょう。

 

しかしひなは、それを違う世界の人だと考えることで理由づけして自分を納得させたのではないでしょうか。

また景も、自分はこの世界とは別のものと考えていたみたいですね。

景にとってひなが世界の出入り口になったと言えます。

 

最初に世界への出入り口を提示していたひな。

一度は閉ざされてしまっていたその扉を、景はひなへアプローチすることで得られたともいえます。

 

女優になってから知り合いは増えても、言葉をぶつけてきたのはひなだけです。

ただの賛同ではなく、どうしてそう思うのか、それをどう感じるのかがきちんと言葉にされています。

わざわざ、他人の意見を否定するというのは、正直面倒くさいコミュニケーションです。

 

景は別に美人で演技があるのですから、いかに景の社会性に問題があっても何かを言う必要もありません。

普通がわからなくても生きていけるでしょう。

それを考えれば、吉岡や景との会話にきちんと付き合ってくれるひなは面倒見がいいとも言えます。

 

そもそも最初からその傾向はみられました。

友達になりたい、という気持ちがあったのはひなですが、美人であまり人を受け入れない景に声をかけるのは手間でもあります。

にもかかわらず、クラスのカラオケがあると教えてくれるのはひなが根本的にはフツーに親切と考えるべきでしょう。

 

景は全く何にも気がついていませんでした。

しかしそれに気がついて、ちゃんと向き合い、自分の得意分野である演技を交えた動画を送った景。

ひなはちょっとあざとくて意味不明と感じるものの、違う部分で心が打たれます。

 

それはやはり景自身が問われたら、やはり彼女は女優でしかなく、それを使ったひなへのアプローチだったからひなに言葉が届いたのでしょう。

今までのようなやや上っ面感のあるものとは違います。

景はやはり女優でそれを理解してもらうことが重要なのです。

 

一方ひなは、「フツー」という自分の価値観に不安を感じるものの、自分を見つめる力が高いです。

景に対するモヤモヤしたものが、他者の責任ではなく自分の中にあると気がついています。

「フツー」「フツー」と言う割には、能力値が高いようにも思います。

 

それゆえに、冷たかった景とは適切な距離取り、過剰に嫌な感じの対応をせず、景自身の心配もしています。

景にとって「フツー」で、感じのいい女の子の友達ができたと言える展開です。

 

既存キャラだと、千世子との距離感が一番近かった景。

千世子のように演劇の世界100のタイプとは、真逆のひな。

そんなひなとの交流は景にとって良いものになるでしょう。

アクタージュ 60話予想

グループラインができ、仲間が増えた映像研究部。

景にもそうでしたが友達になりたい場合自分から話かける積極性があり、ただ媚びるような付き合いではなく、嫌な感情も自分の問題かなと自省できるタイプです。

振り回されすぎず振り回しすぎず、また受け入れる力も強いので、クラスでの位置は良さそうです。

 

なのでもうちょっと映画撮影の協力が受け入れられるのではないでしょうか。

もう日にちもありませんし、遼馬も手伝いに参加するかもしれません。

 

ひなとの友情が一つの山場でした。

そしてひなは景にとって、今まで自分とは関係ないと思っていた世界の入り口です。

景がひなとの友情を築くことで、その世界に映画づくりを通じてきちんと馴染んでいく姿が描かれるのではないでしょうか。

 

みんなの協力があって映画が完成し、景はさらに女優としての進路の意思を固めるでしょう。

また最初のスタートが進路調査だったので、学生生活編はそこに着地点があるように思います。

 

アクタージュは全体的に女の子同士の世界が丁寧に描かれているので仕方がないですが、もう少し吉岡の世界がどうにかなるといいですね。

スポンサーリンク

漫画最新話やコミックが無料で安全に読める?!

ネタバレ記事で大体の内容は分かっても、やっぱり絵が欲しいよ。

そう、やっぱり漫画はストーリーに作家先生の画があってこそ面白いのですよね。

 

しかし漫画をたくさん読むと、お金をかかって大変。

試し読みを公開している電子書籍サイトも多くありますが、制限があってツライ。

 

だからといって、違法ダウンロードなんかしたら、デバイスにウイルスを感染したり、もしかしたら乗っ取られてしまう危険もあるので絶対に止めましょう!

なんとかお金をかけずに安全に漫画を読めないの?!

という人には『U-NEXTの電子書籍サービス』がおススメ!

 

U-NEXTに新規登録をすると、

  • 31日間、無料でお試しできる
  • 登録後すぐに600Pが貰え、好きな漫画が読めたり動画が見れる
  • お試し期間中の違約金はない
  • Webで解約可能

 

無料お試し期間中にこの600ポイントを使ってコミックを購入することが出来るのです!

もちろん31日以内に解約すれば、一切基本料金はかかりません。

 

さらにU-NEXTといえば、圧倒的な本数の動画も配信しています。

登録中だったら、無料で見放題作品が視聴できます!

そして雑誌約70誌が読み放題☆

 

漫画だけでなく、アニメも映画もドラマも多くの動画が楽しめる「U-NEXT」!

この機会にチェックしてみてはいかがですか?

本ページの情報は2019年5月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。