モーニング16号(3/20発売)のコウノドリ最新279話を読んだネタバレと感想です。

医療安全管理編第11回の今号、いよいよペルソナへの糾弾が始まろうかとしてしまいます。

シンイチの想いはどこにぶつければいいのか?

鴻鳥の失態となるのか?

気になる続きはネタバレです!

スポンサーリンク

コウノドリ前回のあらすじ

コウノドリ 278話のネタバレ!最新話「説明」その微笑みは失われた

鴻鳥先生の許可で退院したマコ。

しかし翌日に原因不明で亡くなってしまう。

お葬式も終わったその後、とにかく原因をハッキリさせたいシンイチは、ペルソナへ原因解明のために足を運ぶと宣言します。

>今すぐ無料でモーニング最新号を読むならこちら!

コウノドリ279話のネタバレ

なに、こんなところで寝てんのよ?

 

「ごめん...

昨日飲みすぎちゃてさ...」

いつも聞きなれた声がするような、いつもの朝に感じるのに。

目の前には笑顔の君が写真の中にいる。

 

倉崎先生は、妊婦・岡田さんの1か月検診を診ています。

岡田さんは倉崎先生に、その後の小野田さんの状況を聞くのですが教えてもらえませんでした。

 

旦那も気にし過ぎだと詮索することを咎めます。

そして岡田さんは今から小野田さんの花屋に行こうと旦那に相談します。

同じ廊下にはシンイチがいるとは知らずに...

 

シンイチはまた磯野先生と鴻鳥先生の元へ原因追及のために来ています。

これで3回目となってもまだはっきりしない。

最初と変わらない状況にシンイチは口調は冷静ながらも怒りをぶつけます。

 

そしてハッキリと

「鴻鳥先生があとはお産を待つだけだからと言ったから退院した」

「妻と子供が今ここにいないのは

鴻鳥先生...

あなたのせいだ」

と糾弾します。

 

小野田さんの花屋に着いた岡田夫妻。

シャッターが閉まってクローズの看板が出ているのを見て帰ろうとしますが、近所の人の噂話が聞こえてしまいます。

奥さんがお腹に赤ちゃんがいたまま急に亡くなったと。

 

 

シンイチはコンビニでお弁当を選んでいるところに友人から電話がかかってきました。

みんなで飲んでるから出て来いよ、と。

 

居酒屋で大学時代の友人たちが、シンイチこっちこっちと招きます。

思ったより元気そうだと言われるほど、嘘でも笑顔が出来たシンイチ。

 

酒を交わし盛り上がっているところで、一人の電話が鳴ります。

出てみると彼の奥さんからで子どもの熱が出たから早く帰ってきてほしいということでした。

大丈夫大丈夫、とよくあることと軽く考えている友人にシンイチは早く帰れと怒鳴ってしまいます。

 

その後も飲み直していたシンイチと友人たち。

お開きになり、友人の1人と歩いて帰る途中シンイチはお礼を言います。

自分のために集まってくれたんだろ、と。

 

あはは・・・

乾いた笑いのあとシンイチは、

オレはもう一緒に楽しめない 何したって楽しくない...

と打ち明けます。

 

1日中彼女の写真を見てぼーっとしてしまう。

死んだのは病院が悪いんだと言い聞かせても、どこかで自分のせいなんじゃないかと責めてしまう...と。

 

おれは誰を恨んだらいいのかな?

というシンイチの問いに弁護士に相談することを勧めます。

 

医療訴訟に強いという知り合いがいるから相談してみたら、と言われシンイチは法律事務所の扉を開きます。

スポンサーリンク

モーニングの最新話やモーニング単行本をすぐに無料で読む方法

以上、ネタバレをご紹介しました!

しかしやっぱり絵とセリフがあって最新話を読んだ方が断然面白さが変わってきますよね。

 

実はU-NEXTを使えば、モーニングの最新号を電子書籍で今すぐ無料で読むことができるのです。

31日間の無料お試し期間があり、登録直後に600ポイントもらえます。

さらにお試し期間中でも、90,000本以上の映画やアニメ・アダルト作品(見放題対象)や70誌以上の雑誌が見放題&読み放題なのです☆

最新話やコミック最新刊を絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください!

▼31日間無料体験&600Pを使って最新号を今すぐ読む!▼

このポイントは、電子書籍にも映画やアニメの動画にも利用できますよ。

またお試し期間内なら解約しても違約金もなく、解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

コウノドリ279話の感想

きっと自分が被害者側だったら進展しない原因究明に、どんなに誠実な態度をされても何か隠しているんではないかと勘ぐってしまいますよね。

 

良くなったから退院したと思っていたのに、知らない間に冷たく息を引き取っていたら自暴自棄になっても仕方ないなと思います。

シンイチの悲しみを癒すのは時間なのか法の上での裁きなのか。

いつかはと思っていた医療訴訟ですが、まさかの鴻鳥先生を相手取ったものとは思ってみませんでした。

 

弁護士のカンナ先生は見た感じ物腰柔らかな感じですが、きっとやり手の弁護士なのかなという雰囲気です。

これからコウノドリはどうなるのか?

気になるコウノドリ280話は、モーニング17号(3/27発売)です。

スポンサーリンク