2019年3月18日発売の週刊少年ジャンプ2019年16号最新話!

呪術廻戦第51話のあらすじ、感想をまとめました。

51話は、呪術廻戦第6巻に収録される予定です。

黒閃を5回も受けながらなかなか倒れない花御。

花御は追い詰められているとは感じるものの、それ以上に愉悦を享受していました。

そんな花御はさらなる奥の手を出してきます。

ここからはネタバレになりますので、ご注意ください。

スポンサーリンク

呪術廻戦 第51話 前回までのあらすじ

呪術廻戦 第50話のネタバレ!最新話「予感」虎杖が黒閃連続発生の記録を!

トリックスター的存在東堂が参戦したことにより流れが変わった花御対即席親友コンビ戦。

東堂の術式、手を自分と相手が入れ替わるというシンプルなものに花御は翻弄されます。

そんな中さらなる進化を遂げる虎杖。

現在黒閃連続発生回数最高記録の七海の4回を超える、5回目の黒閃を花御に食らわせるのでした。

>>今すぐ呪術廻戦の最新刊を無料で読むならこちら!

呪術廻戦 第51話のネタバレ 供花

花御と即席親友コンビ、虎杖と東堂の間ではいまだ激しいバトルが繰り広げられていました。

二人からの殴打の連続、しかし花御も負けてはいません。

木の根を次々と繰り出します。

 

東堂のやり方に花御が慣れてきたことに虎杖は気がつきます。

しかし黒閃をあれだけ打たれた花御。

効いていないわけがありません。

東堂は二人なら倒せると感じていました。

 

花御はここまでやられたのは初めてでした。

しかし花御が感じているのは焦りよりも楽しさでした。

その戦いの愉悦とも言うべき感情は強まっていきます。

 

花の種を次々と地中から生み出し、呪種が弾丸のように二人に向かって飛び出します。

東堂は虎杖と花御の場所が入れ替えます。

 

花御は東堂の術式「自分と誰かを入れ替える」という前提が嘘だったことに気がつきます。

自分を呪種から庇ってくれたことに気がつく虎杖。

東堂は鍛え抜いた体で呪種を跳ね返す気でいました。

 

その瞬間、東堂の脳内は学校の教室に移動します。

女生徒が教室に佇む東堂に、そんなことができるのか疑問を問いかけます。

誰かと思ってみれば長身アイドル高田ちゃんです。

 

高田ちゃんは東堂に伏黒の傷の形状を覚えているか聞きます。

忘れるわけがありません。

 

今まさに自分に向かって放たれている呪いの種子たち。

だからこそ強靭な肉体で跳ね返そうと防御の姿勢をとったのでした。

 

高田ちゃんは再度反論します。

「だけど伏黒くんの種子はちょっと成長していたよね」

 

たしかにその通りです。

東堂の記憶から、あの種がちょっと成長していたことが鮮明に思い出されました。

 

高田ちゃんは、何が種子の栄養素なのか問いかけます。

東堂はピンときました。

呪力です。

 

脳内の教室で行われた高田ちゃんとの対話は、わずか0,01秒のことでした。

現実世界に引き戻された東堂は、種がぶつかる寸前で呪力を解きました。

種は東堂にぶつかっただけでした。

 

花御は東堂が呪種の仕組みに気がついたことを理解しました。

花御の呪種は、呪力で強くなるのです。

 

無事に呪種の脅威から逃れた東堂は、高田ちゃんに心から感謝し、次の全国握手会でかならずやお礼を言わなければと思うのでした。

呪種の仕組みに気がついた東堂に驚いた花御には隙が生まれます。

虎杖と東堂は再び接近し、激しい殴打と蹴りを花御に繰り出します。

 

東堂はわざと術式の開示を説明不足のものにしたのでした。

そうすれば花御は考えなければなりません。

東堂の術式「不義遊戯」は術式範囲内であればなんでも入れ替えが可能なのかどうかをです。

 

生物だけにとどまらず、呪骸にも有効な不義遊戯。

条件は一定の呪力があるものとなら交換が可能なのです。

そこまで花御は気がついているのでしょうか。

 

東堂は戦いのなかで最初の場所に戻ってきていました。

それは東堂の戦略でした。

ここには「あれ」があります。

 

東堂は、花御に虎杖が飛び出そうとした瞬間手を叩きます。

虎杖がいたはずの場所には特級呪具の「遊雲」が姿を現します。

 

真希が使っていた特急呪具が川の中にあると、伏黒はパンダに連れていかれる直前東堂に教えていたのでした。

そして、花御の顔面が脆いことも伝えていたのです。

 

虎杖は入れ替えされ、川に飛ばされていました。

「遊雲」を握った東堂は、すかさず花御の顔面をそれで強打しました。

これでとどめがさせたはずとおもいましたが、決め手にはなりませんでした。

 

花御はすかさず木の幹を伸ばしてきます。

交わす東堂は、これでも仕留められないことに驚きます。

 

周囲の植物か萎れだしました。

花御は植物の力をもらい、呪力へと変化させるのです。

 

花御の肩には大きな花が咲き、その中心に目を持っています。

そこから呪力を放出しようしていました。

 

駆けつけてきた虎杖に、東堂は逃げるよう言います。

領域展開をする花御。

そこへ突然帳が解除されます。

 

帳の暗い色が空からなくなり空が青く晴れわたります。

そこ空の上に立っていたのは五条は立ち、こちらを見下ろしていました。

スポンサーリンク

ジャンプコミックの最新刊をすぐに無料で読む方法

ネタバレはいかがでしたか?!

内容はなんとなく掴めても、やっぱり絵とセリフがあって最新話を読んだ方が断然面白さが変わってきますよね。

 

実はU-NEXTを使えば、ジャンプコミックの最新刊の電子書籍を今すぐ無料で読むことができるのです。

ジャンプコミック最新刊を絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください!

 

31日間の無料お試し期間があり、登録直後に600ポイントもらえます。

このポイントは、電子書籍でも映画やアニメの動画でも利用できますよ。

さらにお試し期間中でも、90,000本以上の映画やアニメ・アダルト作品(見放題対象)や70誌以上の雑誌が見放題&読み放題なのです☆

最新話やコミック最新刊を絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください!

▼31日間無料体験&600Pを使って最新号を今すぐ読む!▼

お試し期間内なら解約しても違約金もなく、解約自体も非常に簡単ですので安心して試すことができますよ!

呪術廻戦 第51話感想

東堂の脳内高田ちゃんとの会話が面白かったですね。

東堂という男の無限の可能性を感じます。

 

高田ちゃんはアイドルなので、東堂の脳内世界では偶像的な、東堂にひらめきを与える存在なのでしょう。

握手会にも参加しているマメな男ですよね。

東堂の引き出しの多さに驚きです。

 

東堂は独特の雰囲気と言葉使いなので、呪術開示もわざとそうしている雰囲気がないところが要注意な存在ですね。

敢えての物言いなど、東堂の賢さも見せつける回でもありました。

独特の脳内思考、独白などすべていつもコンマ以下の瞬時に考えられているにもかかわらず、発する言葉は端的で的確です。

 

そして自分の肉体への信頼に、作品内で一番の文武両道キャラではないかと思わせます。

強さと頭脳、そしてたゆまぬ鍛錬というところに、京都校のメンバーから強さや勝ちへの信頼が得られるのでしょう。

 

また花御の攻撃のなかではしんどさが強そうな呪種の仕組みが明らかになりました。

呪種が一番嫌ですよね。

もちろん枝が刺さるもの痛そうですが、体に根を張るのは嫌すぎるのではないでしょうか。

 

ですが、花御という大地の番人らしい自然と融和した特徴でもあります。

自然の怒りを伝えるのに、花や種での攻撃はまさにうってつけです。

種という未来を感じさせる生命の源や、花という美しい存在からの攻撃こそ、花御の伝えたい自然の怒り、自然が人のためだけに存在しているわけではないことを伝えてくれるのではないでしょうか。

 

また次回は五条が本気を見せるようですね。

ジョーカー的な存在五条がみせる戦いが楽しみですね。

呪術廻戦 52話予想

花御の肩に咲く花の目から出る呪力放出。

これが花御のとっておきの奥の手のようなので次が一つの山場になるでしょう。

能力値が高く、次々と奥の手を出してくる花御でしたが、そろそろ頭打ちのようです。

 

一方五条を排除する帳が解除されました。

術者が倒されたのでしょうか。

それとも何か他の手を使ったのでしょうか。

 

五条の登場の仕方からおそらく五条が何かをしたようですが、詳細は明らかではありません。

五条は作品中最強の存在で、全ての流れを変えてしまうキャラですよね。

 

虎杖復活の時もそうでしたし、予想がつかない展開を持ってくるキャラだと思います。

単純に花御だけを倒しにきたとは思えません。

生徒の救援や、侵入者対応は一旦終わったのでしょうか。

 

気になるところは満載ですが、五条が完全にヤル気顔なのでおそらく一仕事、二仕事終えたところかと思われます。

久々の五条の本気展開です。

 

さすがの花御もただでは済まないでしょう。

三輪霞もファンだと言っていましたし、東京校の中ではぶっちぎりで名が知れているレベルではないかと思われます。

圧倒的か驚くような仕込みありの展開が待っているのではないでしょうか。

次回の呪術廻戦52話は、週刊少年ジャンプ17号(3月25日発売)に掲載です。

スポンサーリンク