2019年3月11日発売の週刊少年ジャンプ15号最新話!

アクタージュ第56話のあらすじ、感想をまとめました。

56話は、アクタージュ第7巻に収録される予定です。

「映像研究部」として映画を撮ることになった景。

吉岡と二人で全てをこなすことは難しく、景の知っているプロのやり方ではうまくいきません。

 

二人は二人らしい映画の撮り方を模索していきます。

ここからはネタバレになりますので、ご注意ください。

スポンサーリンク

アクタージュ 前回までのあらすじ

アクタージュ第55話のネタバレ!最新話では難航する景の友達づくり 

仕事のオファーを全て断り、景を普通の学生生活に戻した黒山。

黒山は景に学校で普通の友達が出来たら仕事を再開させてやると言います。

 

景はクラスメートに話しかけてみるも、距離感がおかしくさけられてしまいます。

そんな中、「映像研究部」の吉岡に声を掛けられ、部活で映画を撮ることになりました。

>>今すぐアクタージュ最新刊を読むならこちら!

アクタージュ第56話のネタバレ 隣の席の君

茜は景からの活動休止を知らせるラインに驚いていました。

その日現場が一緒だった真咲にそれを伝えると、彼はそれを信じられない様子です。

オファーが殺到していることは想像に難くないです。

 

にもかかわらず、なぜそんなことが起こっているのか二人にはさっぱり見当がつきません。

しかし景からの直接のラインを信じるしかありません。

 

それでもお芝居はすると言う景。

景は学校で映画を作る気満々でした。

 

撮影機材一式をスタジオ大黒天から借り受け、使い方を雪から教えてもらう景。

黒山に映画でも取る気かと突っ込まれ、景はあたふたと放送係になったと拙いごまかしをするのでした。

景は映画部でお芝居をして映画を撮って友達も作るとか考えてないと口走ります。

 

本人はごまかせたつもりで学校へ向かいますが、雪は景のことを心配していました。

景が舞台から戻りきれていない状態で演技をさせるのはNGであることを理解しているのです。

しかし黒山は問題ないと考えていました。

 

景と吉岡がつくる映画のタイトルは「隣の席の君」です。

主人公の「僕」は、「隣の席の君」がいつも一人で、誰とも仲良くしているところを見たことがありません。

一人でもいつも堂々をしている「君」のことを目で追ってしまう、そんな「僕」の視点での「君」の1日を撮ったものです。

 

全部で4シーン、10分程度の映画です。

もちろん「君」は景です。

二人は撮影をはじめるもののなかなかなうまくいきません。

監督も撮影スタッフも全て吉岡が一人でこなしているのです。

当然といえば当然です。

 

ただでさえ目立つ景に、外野から邪魔がはいり、一人撮影隊の吉岡は失敗ばかりです。

18テイクして全くうまくいかないことに気がつき二人は話し合います。

謝る吉岡ですが、景は人数が少ないことを指摘します。

お芝居ができると思っていたのに全く目処が立ちません。

今までの映画も舞台も大勢の人が携わっていたのだと景は実感します。

 

ひなと遼馬に手伝ってもらうことを景は提案します。

しかし二人にはすでに断られていました。

 

文化部の最低ラインは三人です

それをクリアするために、二人は名前を貸しているだけなのでした。

その代わりに部室を好きに使わせていたのです。

 

景はそこでプロの知り合い達に頼んで手伝ってもらおうと考えます。

吉岡は感嘆の声をあげます。

「流石プロ」と褒められ、悪い気はしません。

 

景は自分はプロなので、と自信満々で答えます。

そんなプロに素人撮影に付き合ってもらって悪いと恐縮する吉岡。

 

吉岡はプロである景に恥をかかせたくないと思っていました。

「隣の席の君」は吉岡が景と隣の席になった時に景を当て書きしたものでした。

 

吉岡と景は2年になってすぐ隣同士の席だったのです。

吉岡はそれから景のことを見つめ、脚本を書き切ったのです。

 

「いつか君で映画を撮りたい」と吉岡が思っているうちに、景はほんとうにプロになってしまいました。

吉岡はそれを後悔していたのです。

プロになった景はいまさら素人の映画には出てくれないでしょう、そう吉岡は思っていました。

 

その願いが今叶うのに、みっともない映画をとりたくはありません。

その話を聞くと景は、二人で映画を撮ることを決めます。

吉岡は驚いて反論します。

 

しかし景はプロに頼ったやり方ではこの映画の完成を喜べないだろうと言うのでした。

景は吉岡が勝手に景の気持ちを想像して諦めていたのを聞き、それに覚えがあったのです。

勝手に壁を作って悩むのはつまらないと千世子に言われたことが思い浮かびました。

 

景は吉岡と映画が撮りたいと訴えます。

プロとか素人とかそういうことが関係なしの二人の映画です。

 

景の言葉に吉岡の心は揺れていました。

機材も使いこなせないことが彼の自信と勢いを削いだのです。

 

景は持ってきた機材を全て回収し謝ります。

吉岡がバイトして買ったカメラでやればいいのです。

録音は後からだって大丈夫です。

 

景の知っている映画を作る人々はみな、自分のしたいことをするため一生懸命でした。

吉岡もやりたいように撮ったほうがいいと判断したのです。

 

再度教室で、吉岡のカメラで撮影を再開する二人。

ひなはその現場にたまたま居合わせます。

 

冷めた目で見るひな、そして座っているだけの景を撮る吉岡。

 

お芝居をする気でしたが、吉岡の要望は景が座っている姿でした。

しかしその座った景の姿は、吉岡が脚本を書き切ってしまったきっかけになった景の姿そのものでした。

 

映画を撮っている二人に周囲はざわめいています。

映画撮影自体には冷やかし半分ですが、景の様子は本物の女優だと周囲は色めき立ちます。

 

ひなは二人を見てイライラしてしまいます。

自分でもコントロールできないほど嫌な気持ちに、ひなは自分が性格が悪いのではないかと心配になるのでした。

 

残りは8シーン12カット。

楽しくなってきた二人は映画の完成を誓い合うのでした。

スポンサーリンク

ジャンプコミックの最新刊をすぐに無料で読む方法

ネタバレはいかがでしたか?!

内容はなんとなく掴めても、やっぱり絵とセリフがあって最新話を読んだ方が断然面白さが変わってきますよね。

 

実はU-NEXTを使えば、ジャンプコミックの最新刊の電子書籍を今すぐ無料で読むことができるのです。

ジャンプコミック最新刊を絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください!

 

31日間の無料お試し期間があり、登録直後に600ポイントもらえます。

このポイントは、電子書籍でも映画やアニメの動画でも利用できますよ。

さらにお試し期間中でも、90,000本以上の映画やアニメ・アダルト作品(見放題対象)や70誌以上の雑誌が見放題&読み放題なのです☆

最新話やコミック最新刊を絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください!

▼31日間無料体験&600Pを使って最新号を今すぐ読む!▼

お試し期間内なら解約しても違約金もなく、解約自体も非常に簡単ですので安心して試すことができますよ!

アクタージュ 第56話の感想

学校で演技をする気満々の景に心配のかけらもない黒山。

やはりプロから見れば、普通の高校である景の学校で撮る何かなら何の心配もないと考えているのでしょう。

景の思惑である友達作りの一環が強いことも理解しているのだと思います。

 

吉岡が景の友達になっていくのでしょうか。

景の周囲の同世代の異性は友達という距離よりか、少し違う意味合いを含んでいる子も多いように思います。

純粋に映画が好きな友達に吉岡がなっていくのでしょうか。

 

作っている映画の内容は景に恋をしているような内容ですが、実際の振る舞いはもう少しさっぱりした距離感ですよね。

映画への熱意はありますが、それ以外は主張も薄い吉岡。

 

アクタージュは景の欠けた部分を、他者との関わりで成長させていき、景もまた周囲に強く影響を与えるということが多いです。

吉岡は一体どんな役割を果たすのでしょうか。

距離感としても淡白に思えます。

これから深掘りがされるのでしょうか。

 

吉岡は景がプロであることを褒めていますが、過剰な憧れもないような雰囲気です。

撮りたかった女の子がプロの女優になるなんて映画好きな男の子からしたら、自分の審美眼の凄まじさに震えそうですよね。

ましてやその子と、その子を当て書きした自分の脚本で映画を撮るなんて夢過ぎる夢のように思えます。

 

吉岡には異様な落ち着きが感じられます。

何か吉岡の内面にあるのかもしれません。

 

ひなの普通に性格が悪いのかな、という反省がとても特徴的だと思いました。

ひなは自分を性格が良くもなく悪くもなく特徴がないように自分を評価しているのかもしれません。

景が芸能人ですごいけど別に付き合いたいかといえばそこまででもない、という雰囲気ですよね。

 

景にいきなり話しかけられた時も逃げていたので、なにか目立つようなことで起こりうる面倒は避けたいというスタンスなのでしょうか。

映画を撮っている吉岡と景を恥ずかしい、と思っていますし、目立つことは避けたいのでしょう。

また取り立てて強く主張することもあまりないようです。

 

遼馬とのやりとりでも、遼馬は好きだけれど自分から積極的にはいきませんし、好ましいけれど熱意は薄いのかもしれません。

良くも悪くも自分を型にはめ込んでいるようにも見えます。

 

そんなひなが自分でも驚くほど心がざわついているのは気になりますね。

まだ正確にひなの気持ちは開示されていませんが、そこが景との関わりのきっかけとなるのでしょうか。

アクタージュ 57話の予想

アキラの登場が枠外に予告されていました。

学校編に芸能人のアキラがどういう流れで入ってくるのか気になるところです。

景の活動休止の件で話をしにくるのでしょうか。

芸能事務所の英才教育を受けているアキラからすれば困惑するようなスタジオ大黒天の判断です。

 

アキラはこの漫画のつっこみやくというか、景に一般の基準値を教えてくれる役回りでもあります。

また、面倒見の良さから二人の映画づくりにアドバイスをしてくれるのかもしれません。

 

アキラは芸能人というわりに親切で物腰も柔らかく一般的な思考や態度だと言えます。

そのあたりは千世子や阿良也とは違うところです。

 

演技の本で勉強してきた過去もありますし、映画づくりにも知識があるのでしょうか。

場数を踏んでいるのもあるので、演技に没頭しすぎる景よりは広い目のアドバイスをするのではないかと思われます。

 

それにしても、吉岡の映画がこのままあっさりできてしまうのでしょうか。

そして景は友達づくりはクリアしたと演技の世界にあっさりもどってしまうのでしょうか。

 

そうなるとひなの活躍に期待が高まります。

景に心をかき乱され続けるひな。

最初によくわからないけれど、変な絡まれ方を景にされたひな。

 

彼女はなんらかの形で景にぶつかると思います。

現在持っているひなの系へのネガティブな感情、それがキーになるのではないでしょうか。

 

遼馬は景が芸能人ということもあり興味があるようですが、ひなの景への感情は冷淡です。

内面の第一印象の良くない景。

特に言葉のやりとりが下手な部分は見受けられます。

 

もちろんそれが全て悪いわけではありません。

しかしそれは景の課題の一つではないでしょうか。

言葉や言語以外のやり取りでわかり合う、それができていないことが最初のひなへのおかしな絡み方で示唆されていたのかもしれません。

 

美人であるゆえに、ある程度は相手に受け入れられてしまう景。

しかし千世子や阿良也など、第一印象を良く思われなかった相手と、演技を通したやりとりで友達を作ってきました。

同様に、第一印象に失敗したひなとの間に、演技ではないやりとりで友達になるという景の挑戦なのかもしれません。

おそらく現在ネガティブな印象を景に持っているひなが、その感情を軸に景とやりとりをしていくのでしょう。

 

現在はまだやりとりさえ発生していません。

一度目はひなにトイレに逃げられました。

 

ひなのやり方はある意味間違ってはいません。

景が悪い子でなくても、正直絡みたくない相手とは距離を置くのがお互いのためです。

 

ひなは人間関係を今までうまくやってきた子なのでしょう。

一方景は人間関係に関しては不器用です。

不器用さという性質はしばしば善良さや良いものとして扱われますが、必ずしもそうではありません。

 

景の内面は他人に見えないのですから、やり取りをしないで友達を作ろうというのはめちゃくちゃです。

人間同士が付き合う以上、お互いの譲歩のため、お互いが努力とすり合わせをしなくてはなりません。

 

そこで発生するやり取りは良いものだけとは限りません。

すり減ったりすることもあるでしょう。

ある種その辺りをすっ飛ばしてきた景は、ここでひなとやりとりすることでその人間関係のやりとりを覚えていくのではないでしょうか。

 

景は女優でもあります。

これからの演技の幅という部分を考えれば、ぶっ飛んだ役だけでは生き残れません。

千世子にも言われましたが、普通を想像できなければ難しいことは多いでしょう。

 

黒山の希望やアリサの話から推測すると、演劇以外の他の世界を持つことが必要とされているように思います。

短編とはいえ映画づくりは時間がかかるので、急展開ではなくじわじわとひながなんらかの感情を出していき、景と関わりを持っていくことが予想されます。

スポンサーリンク