青のフラッグ5巻を読んだ感想とあらすじをまとめました。

27話~33話まで収録されています。

花火が舞い上がる中、互いの想いを知ることになる太一と二葉。

夏祭りからの帰り道、太一はトーマにあることを告げます。

新しい関係を築き上げる中迎えた新学期、トーマに想いを寄せているマミが何故か太一に急接近し始めて…?

続きはネタバレになります。ご注意ください!

スポンサーリンク

青のフラッグ前巻までのあらすじ

入院中のトーマが兄の誠也と進路について口論になっているところを目撃する太一と二葉。

太一は誠也からトーマが何を考えているのか訊き出せと頼まれます。

 

その後トーマは無事退院し、太一の誕生日に行われる夏祭りに行く事になった太一・二葉・トーマ・真澄の4人。

祭りの目玉である花火が始まる直前、二人きりになった太一と二葉。

 

その最中、思いがけず二葉の想いが太一へ伝わり…。

そしてトーマと二人になった真澄も思わず本心を零します。

 

「何よりあの子の幸せを望んでいると思っていたクセに」

「ねえトーマ、あんたはどうなのよ。私は嫌。嫌よ」

見つめ合う太一と二葉を祝福するかのような花火が空に打ちあがる…。

青のフラッグ5巻のネタバレ

青のフラッグ

花火が始まったことに気付いた太一と二葉は、慌ててトーマと真澄の元へ向かいます。

美しく咲き誇る花火を見つめる4人。

花火が終わった後、太一は3人から「誕生日おめでとう」と祝福されます。

 

二葉からは手作りマドレーヌ、真澄からは学業のお守りをプレゼントされる太一。

一方トーマからはなにも無し。でもどこか思うところがあるような表情…。

帰りの電車で、太一は「お前の入れ知恵だろ。マドレーヌ」とトーマに指摘。

 

以前、太一が好きな子からもらって嬉しいプレゼントは「手作りのもの」「マドレーヌとか」とトーマに話したことがあったのでした。

それを覚えていたトーマ。

トーマは余計なお世話だったかと謝りますが、太一は「嬉しかった。サンキュ」と耳まで赤くしながら言います。

 

別れ際、トーマは太一に誕生日プレゼントを渡します。

手作りのお守りで、真澄と被っていたため渡しづらかったのだとトーマ。

笑顔でお礼を言う太一。

そして太一はトーマにこう告げます。

「オレさ、二葉と付き合うことになったよ」

 

そして迎えた新学期の朝、二葉からのラインを見てにやける太一。

そんな太一に、トーマと仲が良く彼に想いを寄せているマミが突然話しかけてきます。

「実はさ、アタシずっと興味ぃあったからさー」

太一たちがやっているゲームをやり込み始めるマミ。

 

マミは太一やその仲間たちとも集まってよくやっていると言うと、トーマに「太一には受験があるんだから」と諌められます。

「でもアイツが言ったんだもん。やるならトーマと3人でやろーって」

その後、マミは友人の一人である津吾から太一に迷惑をかけるなと釘を刺されます。

 

視線の先には仲睦まじげな太一と二葉。

津吾を睨み上げ去って行くマミ。

呆れた様子の津吾。

 

一方、付き合い始めてもなかなか学校で話す機会がない太一と二葉。

明日一緒に帰ろうと電話で約束します。

 

トーマは真澄から「八木原舞美、どうにかしなさいよ」と苦言されます。

 

あいつはそんなつもりじゃないと反論しますが、

「でも知らないんでしょ?あれだけ好意持たれてて言ってないってことは、信じてないってことじゃないの?」

 

翌日、太一と二葉は帰り道で文化祭で二葉の友人たちのバンドを一緒に観に行こうと約束します。

 

ファーストフード店で勉強する二人は同じ志望校であることが発覚しますが、実は他に気になった学校があり、そちらに行くか悩んでいるような様子の二葉。

 

帰り際、太一は「同じ大学行けたらいーな」と二葉に告げますが、二葉は思い悩んだ表情…。

 

翌日、女子軍団から二葉と付き合い始めたのに何故マミと最近仲良くしているのか問いただされる太一。

 

太一に忠告してくる女子たちにやや引き気味の太一でしたが、二葉がトーマと仲良さそうに話している場面に遭遇し、「そうだよなぁ…」と思い直します。

マミが話しかけてきますが、そんな出来事もあり女子たちの視線もありで、耐えかねた太一はマミを連れ出します。

 

それとなく二葉と付き合っているからもう少し遠慮してくれと告げようとしますが…。

 

「アタシ、アンタとただ友達になりたいだけなんだけど」

その場面をマミの友人の一人である健助に目撃されます。

 

マミの目に涙が浮かんでいることに気付いた健助は太一を強く問いただします。

健助には彼女がいましたが、やっぱりマミが一番なのだと言う健助。

 

マミは激昂し、「なんで女としてしか好きになってくんないのよ」と健助に詰め寄ります。

「だっておめーは女だろ」という健助の言葉に、マミは太一の腕を掴みその場から去ります。

 

しかし二人きりでいる所を二葉と真澄に目撃されました。

カフェで2人を問いただす真澄。

二人の仲を疑うかのような真澄にマミは「男女で友人関係はそんなに変か」と不快感を示します。

 

あんたは裏がありそうってだけ、と真澄が言うと激しい怒りを露わにするマミ。

「どいつもこいつも、アタシの性格勝手に作ってんじゃねー」

 

一度だって誰かの恋路を邪魔しようとしたことはなかったとマミは言います。

真澄は冷静に、それが人間の知恵だと言います。

 

攻撃されないようにする知恵もあるという真澄に何故こちらが偏見に合わせてやらねばならないのだとマミ。

 

感情が昂り、涙が零れるマミに…。

「口をちょっと開くと泣かないらしいよ」

二葉の言葉に大きな溜め息を吐く真澄。

 

真澄に促され、二葉は「二人が仲良いの嫌でした」と告白します。

真澄も何で今まで邪険にしていた太一と突然仲良くなり始めたのか訊くと、マミは観念したように「トーマよ」と言います。

 

トーマにはフラれてて、だからせめて親友になりたかったと。

トーマと太一の空気感に好感を持ち、マミはこんな風になりたかったのだと言います。

でも男女で親友とか無理なのかなと気弱な本音を吐露します。

 

二葉は「八木原さんも男の子になりたいと思うの?」と問いますが、

「まさかっアタシはアタシが大好きだもん」

 

トーマに女の子として大事にしてもらえた時、女の子に生まれてよかったと思ったと、幸せそうな表情を見せるマミ。

太一はふと、真澄の苦しそうな表情になっていることに気付きます…。

 

二人になった帰り、太一は「オレは今お前と一緒にいる時間が一番大事なんだから」と二葉に告げ、二葉もまた「太一くんが太一くんに生まれてきてくれてよかった」と笑顔で言います。

 

一方、マミの元には津吾から「大丈夫か?親友」とメッセージが。

嬉しそうなマミは、津吾からかかってきた電話に出たのでした。

 

中学時代、容姿が優れていたマミは女子から陰口を叩かれたり彼女が出来た男友達に避けられたりした経験がありました。

そんな中で、唯一“友人”としての距離を保ってくれた津吾。

 

「ねえ津吾。アンタに嫌われないよう頑張るから、絶対アタシのこと好きにならないでね」

「頼まれたって御免だよお前なんて」

そして高校生になり、トーマと出逢ったマミは恋に落ちました…。

 

津吾・健助と話しているトーマ。

健助は未だにマミから許してもらえてないらしい。

健助がトイレに立ったとき、マミに関してあまり健助を煽るなとトーマは津吾に言いますが、逆にじゃあお前がマミと付き合ってやれと言われます。

 

何も言えないトーマ。

「なぁトーマ。お前、何隠してる」

津吾に問われたトーマは…。

漫画最新刊を無料で読む裏技!

マンガを安く買いたい・・・・

マンガを無料で読めたらいいな・・・・・

ネットに落ちてないかな・・・・

 

もしかしてネットにあるrarやzipファイル・torrentファイルをダウンロードして漫画を読んでいませんか?

これをしてしまったら犯罪者です!!

違法アップロードはもちろん、違法ダウンロードも犯罪行為!

漫画を読みたいといっても犯罪を犯してまでは読みたくありませんよね?

 

そこで漫画大好き、でも超どケチな私が1561円分のマンガを無料で読んだ裏技に興味ありませんか??

今から5〜10分後には、1561円分のマンガを無料で読む事が出来ます。

 

方法は簡単!

2つのオンデマンドサービスに初月無料のお試し会員登録するだけ。

U-NEXTとmusic.jpは、本来ならば有料サービスなんです。

ですが、どちらも無料お試し期間があり、しかも登録時にポイント(1p/1円相当分)がもらえます。

トライアル期間をうまく利用すれば、マンガを無料で読めちゃうんです!

【U-NEXTを賢く使うには?】

U-NEXTって1度は聞いたことあるかもしれませんが、実は動画配信だけでなく電子書籍も豊富な品揃え!

31日間無料トライアルができ、登録時に600ポイントをすぐにもらえます。

このポイントを使って最新刊や好きな漫画を実質無料で読むことができるのです!

【music.jpを賢く使うには?】

music.jpは音楽配信をはじめこちらも動画やマンガ、雑誌まで幅広く楽しめる総合配信サービスです。

なんと17万冊以上のマンガが取り揃えてあります!

music.jpも初月無料で試せる上、登録時に2,461ポイントが貰えます♪

※music.jpのポイントは動画専用ポイントが1500ポイントが含まれるので、マンガに使えるのは実質961ポイントになります。(1500ポイントは、映画やドラマ・アニメなどの新作動画に使えますよ!)

 

どちらのオンデマンドサービスでも、見放題作品のドラマ・映画やアニメがあるため、漫画だけでなくなどの動画も同時に楽しむこともできますよ。

U-NEXTもmusic.jpも無料登録期間内に解約をすれば、費用は1円もかかりません!!!!

ただ解約を忘れたら月額費用がかかるので、そこは注意してくださいね^^;

 

どちらか1つでもコミック1冊分は無料で読めるポイントが付与されるので、1度使ってみない手はありませんよ。

 

もし漫画を毎月購入しているのであれば継続後もポイントが毎月加算されるので、ポイントを使って無料で読んでしかも動画も楽しめるという使い方があるのを覚えておいてください!!

青のフラッグ5巻のネタバレ

夏祭りの夜、とうとう思いが通じ合った太一と二葉は恋人同士に。

本来ならめでたい事なのですが、トーマや真澄の想いを知っている読者としては複雑な気持ちになります…。

恋愛である以上、全員が幸せになるなんてことはなかなか難しいでしょうが、どうにかなってほしいとも思ってしまいます。

 

でも異性愛者である太一や二葉に、読者からの「可哀想だから」という気持ちだけでそれぞれ親友とどうにかなってほしいと思いを押し付けるのもなんか違う気がしますよね…。

二人は間違いなく思い合ってますし…。

初々しい恋人としての二人は微笑ましく見ていてほんのり幸せな気持ちになりました。

 

一方でそんな場面をトーマや真澄が見たらどう思うか心が痛みます…。

そんな中で今回大きくピックアップされたのが八木原舞美ことマミ。

 

良くも悪くも自分の思いに素直で周囲を振り回す彼女に共感できたという読者は多いのではないでしょうか。

美人ゆえに友人とトラブルが多かったマミ。

 

それが自分で仕掛けた訳ではなく周囲が勝手に誤解した結果と言うのが悲しいですね。

津吾と言う親友がいるのが救いですが、彼女の恋はどうなっていくのでしょう?

 

恐らく同性愛者であるトーマがマミの気持ちは応えるのは難しいのではないかなと思います。

青のフラッグ、ますます切なく目が離せなくなってきました。

次巻も楽しみです。

スポンサーリンク

漫画最新話やコミックが無料で安全に読める?!

ネタバレ記事で大体の内容は分かっても、やっぱり絵が欲しいよ。

そう、やっぱり漫画はストーリーに作家先生の画があってこそ面白いのですよね。

 

しかし漫画をたくさん読むと、お金をかかって大変。

試し読みを公開している電子書籍サイトも多くありますが、制限があってツライ。

 

だからといって、違法ダウンロードなんかしたら、デバイスにウイルスを感染したり、もしかしたら乗っ取られてしまう危険もあるので絶対に止めましょう!

なんとかお金をかけずに安全に漫画を読めないの?!

という人には『U-NEXTの電子書籍サービス』がおススメ!

 

U-NEXTに新規登録をすると、

  • 31日間、無料でお試しできる
  • 登録後すぐに600Pが貰え、好きな漫画が読めたり動画が見れる
  • お試し期間中の違約金はない
  • Webで解約可能

 

無料お試し期間中にこの600ポイントを使ってコミックを購入することが出来るのです!

もちろん31日以内に解約すれば、一切基本料金はかかりません。

 

さらにU-NEXTといえば、圧倒的な本数の動画も配信しています。

登録中だったら、無料で見放題作品が視聴できます!

そして雑誌約70誌が読み放題☆

 

漫画だけでなく、アニメも映画もドラマも多くの動画が楽しめる「U-NEXT」!

この機会にチェックしてみてはいかがですか?

本ページの情報は2019年2月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。