2018年12月13日発売のヤングジャンプ2019年2号に掲載、最新話ゴールデンカムイ【183話】を読みました~!

ゴールデンカムイのあらすじ・ネタバレ・感想のまとめです。

 

ソフィアは何を語るのでしょうか?

今回はウィルクの名前の由来が明らかになり、刺青の暗号にも一歩近づきます!

続きはネタバレになります、ご注意ください!

スポンサーリンク

ゴールデンカムイの前回までのあらすじ

ゴールデンカムイ最新182話のネタバレ!ソフィア脱獄とウィルクについて語る!

前回、ソフィアを連れて追手から逃れたアシリパは、自分の父親のことをソフィアにたずねます。

ソフィアは自身が知るウィルクの姿をアシリパに話すのでした。

 

一方、亜港監獄に辿り着いた先遣隊。

なんと虎に遭遇し、銃で応戦します。

その銃声は、離れたところにいた尾形の耳にも届いていたのでした……

ゴールデンカムイ第183話のネタバレ!ウィルクの名前が明かされる!

アシリパがまだ小さかった頃、アチャはアシリパを連れて狩りに出ていました。

 

小熊に遭遇したアシリパは、村で育てられないの?とアチャに聞きます。

しかし、アチャは自然の厳しさを伝え、間違った優しさは弱さになると、弱肉強食の世界を教えたのでした。

 

流氷の上を進むアシリパたちは、狼の群れに遭遇します。

狼を見たソフィアは、ウィルクのことを思い出し、話し出しました。

 

それは、ウィルクたちが秘密警察に追われて逃げていた時のこと……。

仲間の一人が瀕死の傷を負っていたために、ウィルクたちは動けずにいました。

 

ですが、追手は近くまで迫ってきています。

ウィルクは思い切った行動に出ました。

仲間の息の根を自らの手で止めたのです。

 

一緒にいたキロランケとソフィアは驚きました。

ソフィアは、もし自分だったら、なんの迷いもなく同じ行動をとれただろうかと思います。

 

ウィルクは合理的に考え、最短の経路で行動を実践できる人物でした。

キロランケは、自分もそんなウィルクを信頼し、愛していたと話します。

 

ソフィアはウィルクの名前の由来を語ります。

ウィルクがまだ名前もつけられていない程小さかった頃、一匹の狼を見つけました。

その狼は病気か何かで、群れからはぐれてしまったのでした。

やがて狼の群れがその狼を迎えに来ます。

 

しかし、その狼は弱っていたため、群れに殺されてしまいました。

狼は合理的な生き物だからです。

 

ウィルクは狼に機能的な美しさを見出し、狼に憧れ、屍から皮を剥ぎ、走り回りました。

その様子を父親が見て、彼の名前が決まりました。

ウィルクとは、ポーランド語で狼を表す言葉でした。

 

アシリパはその話を聞いて、父から忘れるなと言われたことを思い出しました。

それは、自分の名前の由来を聞いた母親が父につけたアイヌ語の名前……

 

“ホロケウオシコニ”『オオカミに追いつく』という名でした。

 

それから、アシリパは、刺青の暗号のことを思い出しました。

刺青は身体の正中線で途切れていて……

「……あッ!!」

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ第183話の感想

今回は、ウィルクの名前の由来が明かされました。

狼はアシリパにとって、縁のある動物ですが、まさかここで再登場するとは思いませんでした。

 

ウィルクが合理的なのは、狼に憧れてのことだったようです。

殺された狼のシーンは、人によってはトラウマになりそうですが、美しく感じたというウィルクの異様さが際立ちます。

 

そして、暗号を解くカギとなりそうなキーワードが判明しました。

“ホロケウオシコニ”から、どうやって謎を解いていくのか……?!

 

次回の展開が見逃せませんね!

それでは、今回の感想はここまで!

読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク