2019年3月6日発売のヤングジャンプ2019年14号、最新話!

ゴールデンカムイ【192話】を読んだのでネタバレ・感想をまとめました。

192話は、ゴールデンカムイ20巻に収録される予定です。

ニヴフの集落で体勢を整える杉元たち。

今回は、杉元とアシリパの結束も固まり…?!

続きはネタバレになります、ご注意ください!

ゴールデンカムイ 前回までのあらすじ

ゴールデンカムイ 第191話のネタバレ!最新話では第七師団に新キャラ登場?!

前回、キロランケを故郷の氷のもと埋葬した杉元たち。

静かにキロランケに別れを告げる一行は、道中で岩息が加わり、いよいよ北海道へ帰ります。

 

一方、登別では温泉で療養する菊田特曹長の元に宇佐美と二階堂が訪れていて……!?

>>今すぐ週刊ヤングジャンプ最新号を読むならこちら!

ゴールデンカムイ第192話のネタバレ!改めて結束を固める杉元とアシリパ

温泉で怪しい下駄の男の噂を聞く宇佐美でしたが、冬でも雪下駄があるし、暗闇を逃げていったというのも目が慣れていただけかもしれないと、取り合いません。

 

宇佐美は滝を下半身に浴びながら叫びます。

「僕は忙しいんだッ」

「本人からも聞いたらいい…なぁ?有古一等卒」

「下駄の音がしたんですが…雪に残された足跡が下駄ではなかった わら長靴の足跡でした」

 

菊田が話しを促します。

「着ていた服が…気になったんです 妙な柄の服で」

「どんな?」

「それがよく見えなくて…なんといえばいいのか…」

有古一等卒は歯切れが良くありません。

 

「あんたら戦争終わってからずっとここでのんびりしてたからボケたんだ」

「コラコラ二階堂…」

窘める宇佐美に菊田と有古は黙っていました。

 

一同は旅館に場所を移し、話を続けました。

「そもそも有古一等卒はなんでそんな山奥の温泉に?」

「そこはアイヌしか知らない秘湯だから…」

 

お前アイヌか?と訊く二階堂に、有古はそうだと答えます。

「じゃあそいつもアイヌでは?妙な柄の着物もアイヌの文様だ」

「アイヌの服ならわかります」

菊田が按摩を受けながら独り言ちます。

 

「俺はその話が妙に気になったんだがなぁ 気にし過ぎかなぁ?」

「按摩さん知らない?」

菊田の按摩をしていた都丹庵士。

 

「アイヌの変わった文様の服ですか?さあ…今度見かけたら教えますよ」

「あはッ言うねえ」

盲目の都丹に宇佐美が笑います。

 

亜港近辺ニヴフ民族の集落にて。

「ニヴフもエノノカたちと同じように犬をたくさん飼っているんだな」

エノノカがニヴフの家を案内します。

 

ニヴフの夏の家は丸太で作りますが、ウイルタと樺太アイヌは木の皮で作ります。

一方で、ウイルタの冬の家はトナカイを飼っているために動物の革の家で作り、樺太アイヌとニヴフは穴を掘って土で作ります。

 

アシリパがニヴフとウイルタの服は似てると言いました。

「わたしたちはちょっと違ってちょっと似ている 北海道にいたら知らなかった」

 

トラフの中では、谷垣たちが話していました。

「どうして尾形はキロランケと組んでいたのか この男が少数民族の独立に共感するとはおもえないが」

「本当に純粋に金塊が欲しいだけなんだろうか」

 

「そうであって欲しいね」

杉元は言いました。

「気兼ねなく殺せる」

 

横たわる月島軍曹がスヴェトラーナの名前を呼び、問いかけます。

島を出たいアンタの気持ちもわかるし無事を知りたいご両親の気持ちもわかる…けれど岩息について行って大陸に渡れ

と頼むのです。

 

生きていることさえわかれば真っ暗な底からは抜け出せる、強い気持ちをあらわした月島軍曹の言葉にスヴェトラーナは約束すると頷きます。

 

彼女は、この島から逃げることばかり考えてたが監獄でソフィアと出会ったことで彼女自身を変えていました。

「あたしもソフィアみたいに強くなって首都サンクトペテルブルクで成り上がる」

そして大金持ちになって両親を呼び寄せる、と誓うのです。

 

熱い胸の内を語ったスヴェトラーナは、杉元たちと別れ、岩息と一緒に大陸へと向かうのでした。

スヴェトラーナと岩息の大陸でも大冒険を展開するのだが、また別の話…。

 

スヴェトラーナたちを見送ると杉元がアシリパにお婆ちゃんに元気な姿を見せないと、と話しかけます。

しかし鶴見中尉がコタンに戻ることを許さないのではと心配するアシリパ。

 

杉元も同意しますが、彼がアシリパを必要とするわけは、刺青人皮の暗号を解くまでだろうからと安心させます。

「土方歳三たちよりはマシさ」

アシリパは杉元がこぼした言葉に疑問に思いました。

 

土方歳三と協力させるために自分に金塊を託したと思っていたアチャ。

何かアチャから聞いたのでは?と杉元に問い詰めるアシリパ。

 

『アシリパは山で潜伏し戦えるよう…………育てた 私の娘は…アイヌを導く存在……』

杉元はアシリパの父親の言葉を思い出しますが、何も...と否定します。

 

アシリパは金塊を見つけることでアチャがなぜ殺されたのか真相がわかるかもしれないと言いました。

そして杉元のこれからにも問いかけます。

鶴見中尉に協力して刺青人皮を集めるの続けるのか?どうかと。

 

杉元も今の時点では鶴見中尉が一番金塊の近くに入るため、まずは金塊探しだと決定します。

アシリパも同意し、また二人の道は同じことで相棒の契約更新を約束します。

 

――金塊を見つけてすべて終わらせる

――アシリパさんをこの金塊争奪戦から解放するんだ

心に固く誓う杉元でありました。

スポンサーリンク

ヤングジャンプの最新話やヤンジャンコミックをすぐに無料で読む方法

ネタバレはいかがでしたか?!

内容はなんとなく掴めても、やっぱり絵とセリフがあって最新話を読んだ方が断然面白さが変わってきますよね。

 

実はU-NEXTを使えば、ヤングジャンプの最新号を電子書籍で今すぐ無料で読むことができるのです。

最新話やコミック最新刊を絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください!

 

▼31日間無料体験&600Pを使って最新号を今すぐ読む!▼

31日間の無料お試し期間があり、登録直後に600ポイントもらえます。

このポイントは、電子書籍でも映画やアニメの動画でも利用できますよ。

またお試し期間内なら解約しても違約金もなく、解約自体も非常に簡単ですので安心して試すことができますよ!

ゴールデンカムイ第192話の感想

療養中の菊田特務曹長を訪ねる宇佐美と二階堂。

宇佐美や二階堂の態度から、療養中の兵士への当たりは厳しいようですね。

 

そして、怪しい男の話をする四人の前に現れたのは、都丹庵士。

少し話が見えてきましたね。

“下駄の男”が都丹庵士だとしたら、山奥で一体何をしていたのでしょうか?

 

今回、杉元とアシリパはお互いの目的を再確認し、改めて結束を固めました。

アチャが殺された真相を追うアシリパに対し、アシリパを金塊争奪戦から解放したい杉元……!

 

今後のアシリパの選択次第では、杉元と意見が対立する可能性も出てきましたね。

果たして、アシリパが真相を知った時どうするのか、そして杉元はアシリパを戦いから解放してやることは出来るのか!?

次回のゴールデンカムイ第193話は、週刊ヤングジャンプ15号(3/14発売)に掲載です。

スポンサーリンク

漫画最新話やコミックが無料で安全に読める?!

ネタバレ記事で大体の内容は分かっても、やっぱり絵が欲しいよ。

そう、やっぱり漫画はストーリーに作家先生の画があってこそ面白いのですよね。

 

しかし漫画をたくさん読むと、お金をかかって大変。

試し読みを公開している電子書籍サイトも多くありますが、制限があってツライ。

 

だからといって、違法ダウンロードなんかしたら、デバイスにウイルスを感染したり、もしかしたら乗っ取られてしまう危険もあるので絶対に止めましょう!

なんとかお金をかけずに安全に漫画を読めないの?!

という人には『U-NEXTの電子書籍サービス』がおススメ!

 

U-NEXTに新規登録をすると、

  • 31日間、無料でお試しできる
  • 登録後すぐに600Pが貰え、好きな漫画が読めたり動画が見れる
  • お試し期間中の違約金はない
  • Webで解約可能

 

無料お試し期間中にこの600ポイントを使ってコミックを購入することが出来るのです!

もちろん31日以内に解約すれば、一切基本料金はかかりません。

 

さらにU-NEXTといえば、圧倒的な本数の動画も配信しています。

登録中だったら、無料で見放題作品が視聴できます!

そして雑誌約70誌が読み放題☆

 

漫画だけでなく、アニメも映画もドラマも多くの動画が楽しめる「U-NEXT」!

この機会にチェックしてみてはいかがですか?

本ページの情報は2019年5月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。