2019年3月6日発売の週刊サンデー2019年14号に掲載、「舞妓さんちのまかないさん 第106話」を読んだのでネタバレ・感想をまとめました。

106話は、舞妓さんちのまかないさん 第10巻に収録される予定です。

梅干しをつくるキヨ。

そこへ男衆さんがやってきました。

 

しんどそうな様子の男衆さんに、お茶を淹れてあげるキヨは・・・

続きはネタバレになります、ご注意ください!

スポンサーリンク

舞妓さんちのまかないさんの前回までのあらすじ

舞妓さんちのまかないさんのネタバレ!第105話/10巻 最新話は「姉から妹へ」

梅雨入りして湿気の多い京都。

髪がくせっ毛の理子は髪がまとまらなくて朝ごはんを食べる時間も満足にありません。

そんな理子を心配したすみれは自分が使っていたヘアピンを貸してあげるのでした。

舞妓さんちのまかないさん 第106話のネタバレ!梅雨の風物詩

屋形の廊下に新聞紙をひいて梅を並べているキヨ。

梅をひとつひとつチェックして梅の色が変わっているか確認しています。

 

そこへ、花街を支える男衆さんがやってきました。

「お兄さん、こんにちは」

お兄さんは首にタオルをかけていますが、少し汗をかいています。

この蒸し暑い中、彼はうちわを配るために自転車で屋形を回っていました。

 

うちわは花街ではただの「涼をとるための道具」ではありません。

芸妓、舞妓たちからひいき筋に送られるお中元がわりなのです。

 

日ごろお世話になっているお茶屋さんや料理屋さん、髪結いさんや着物屋さん、出前をお願いするお店、屋形などにもうちわ屋さんや男衆さんによって届けられます。

男衆さんたちは梅雨の晴れ間をぬって自転車で運んでいます。

うちわは花街の梅雨の風物詩なのです。

 

 

いつも元気なお兄さんも、このムシムシした気候でしんどそうにしています。

「は~~~しんどい。ちょっと休ませてくれ」

 

そう言われてキヨはスリッパを出そうとしますが、右手に梅、左手にうちわを持っていて、どうしようかと困っています。

その様子を見てお兄さんは順々でいいから、と言います。

 

 

キヨはまず梅を元の新聞紙の上に戻します。

それを見たお兄さんはキヨにそれはなんだと聞きます。

「これですか?梅干し用の梅です」

それを聞いて驚くお兄さん。

 

まさかキヨが漬けるのか、と興味津々です。

キヨは今、梅が黄色くなるのを待っているのです。

 

その話を聞いて、よく市のおかあさんが許したなあ、と感心します。

お兄さんのイメージでは市のおかあさんなら生の梅を買って干して梅干し作るよりも最初から梅干しを買ったらいいんじゃないの、と言いそうです。

 

しかし、実際はキヨと一緒に市のおかあさんも毎日梅の様子を見てくれているのです。

変わるもんやなぁ、と驚くお兄さん。

 

キヨはお兄さんにお茶を出そうとしますが、ちょうどしょうがのシロップを作ったところだったことを思い出します。

そこで、お鍋にできたしょうがシロップを氷の入ったグラスに注ぎ、そこへ炭酸水を入れます。

できあがったのはジンジャーエールでした。

 

スカッとしたその味に、熱さも疲れも吹き飛びそうです。

(ジンジャーエールって作れるんやな)

お兄さんは再び感心してしまいました。

 

 

その時、キヨの後ろにまだ使っていない新しょうががあることに気が付きます。

それは、紅しょうが用に取っておいてあったのです。

しょうがに塩をして下漬けし、瓶に入れ、梅酢で漬け込めば紅しょうがが出来上がります。

その面倒な作業手順を聞いてすこしゲンナリするお兄さん。

 

しかしキヨは、今年はおばあちゃんに梅酢を送ってもらったけど、今年からこっちでも梅干し作るから、来年は今年つけた梅干しの梅酢で紅しょうがを作れる、と楽しみでワクワクしています。

ジンジャーエールで一服して元気を取り戻したお兄さんは、もう少しきばるか、と再び自転車に乗ってうちわ配りへと向かいました。

スポンサーリンク

週刊少年サンデーの最新話やサンデーコミックをすぐに無料で読む方法

ネタバレはいかがでしたか?!

内容はなんとなく掴めても、やっぱり絵とセリフがあって最新話を読んだ方が断然面白さが変わってきますよね。

 

実はU-NEXTを使えば、いますぐ無料で週刊少年サンデーの最新号を電子書籍で読むことができるのです。

サンデー最新話でもコミック最新刊でも絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください!

 

31日間の無料お試し期間があり、登録直後に600ポイントもらえます。

このポイントは、電子書籍でも映画やアニメの動画でも利用できますよ。

 

さらにお試し期間中でも、90,000本以上の映画やアニメ・アダルト作品(見放題対象)や70誌以上の雑誌が見放題&読み放題なのです☆

最新話やコミック最新刊を絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください!

▼31日間無料体験&600Pを使って最新号を今すぐ読む!▼

お試し期間内なら解約しても違約金もなく、解約自体も非常に簡単ですので安心して試すことができますよ!

舞妓さんちのまかないさん 第106話の感想

梅雨だからそろそろ梅仕事のお話かなあ、と思っていましたが、やっとでました、梅。

梅ぼしをつける準備をしながら、もう来年の梅干しのことを考えているキヨ、かわいかったですね。

美味しい梅ぼしができるといいのですが。

 

同時進行でしょうがもシロップや紅しょうがにして、季節折々の食べ物を楽しんでいますね。

ジンジャーエールは暑い季節に活躍しそうです。

 

作中では段々暑くなってきていますが、次はどんなお話になるのでしょうか。

楽しみですね!

次回の舞妓さんちのまかないさん 第107話は、週刊少年サンデー15号(3/13発売)に掲載です。

スポンサーリンク