3/4発売の週刊少年ジャンプ14号の「ハイキュー! 第340話」を読んだネタバレと感想です!

340話は、ハイキュー!第39巻に収録されるはずです。

準々決勝、鴎台と対戦中の烏野高校。
まずはあいさつがわりの翔陽のスパイクが決まった。

続きはネタバレです!

スポンサーリンク

ハイキュー! 前回までのあらすじ

ハイキュー!!第339話のネタバレ!最新話「認知」と340話の考察

憧れだった小さな巨人がバレーを止めていた。

その事実を知った翔陽だが、意外にも冷静にそのことを受け止めていた。

 

いよいよ始まった準々決勝...

ハイキュー!第340話《メラメラ》のネタバレ

「電光石火の速攻で 瞬く間の先制点!」

烏野1年生コンビによる先制で、烏野応援団も盛り上がる。

 

それでも翔陽の速攻に初めて対戦するはずの鴎台は、3人がブロックについてきた。

しかしあえて昼神はけん制するように、分かっていても早いと影山に話しかける。

そして影山が見せつけるためにあえてど真ん中を抜かせるトスをあげたことも胸の内で闘志を燃やす。

 

サーブは影山。

レシーブを崩したものの、上手くフォローをされる。

トスをあげる声がライトとレフトから飛び交ってくる。

 

しかしボールはライトにあげられた。

もう1人の小さな巨人「星海」に。

 

ブロック3枚がついてきていたが、さらにその上をいくスパイクを放った。

体全部をバネにして跳躍する姿はさながら1話の鳥が羽ばたくようだ。

 

解説者も思わず小さな巨人たちの対決にあおりを促す。

 

そして星海のサーブだが、影山のさきほどのサーブを意識しすぎてネットにかかってしまった。

烏野のチャンスボールとなり、影山が選んだのは田中。

しかし鴎台のブロッカー昼神の壁に立ちふさがれてしまう。

 

「彼のブロックが振られることは 決してない」

「不動の昼神」

と解説者に言わしめてしまうほどだ。

 

そんな鴎台のメンバーは、”不動”ということばで、イジって冗談が言えるほどリラックスしている。

当の昼神も、不動って動けないみたいでイヤだと。

 

翔陽たちにも

「俺たちの前で チョロチョロしても 無駄だよー」

なんて軽い調子で釘をさしてきた。

スポンサーリンク

ジャンプコミックの最新刊をすぐに無料で読む方法

ネタバレはいかがでしたか?!

内容はなんとなく掴めても、やっぱり絵とセリフがあって最新話を読んだ方が断然面白さが変わってきますよね。

 

実はU-NEXTを使えば、ジャンプコミックの最新刊の電子書籍を今すぐ無料で読むことができるのです。

ジャンプコミック最新刊を絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください!

 

31日間の無料お試し期間があり、登録直後に600ポイントもらえます。

このポイントは、電子書籍でも映画やアニメの動画でも利用できますよ。

さらにお試し期間中でも、90,000本以上の映画やアニメ・アダルト作品(見放題対象)や70誌以上の雑誌が見放題&読み放題なのです☆

最新話やコミック最新刊を絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください!

▼31日間無料体験&600Pを使って最新号を今すぐ読む!▼

お試し期間内なら解約しても違約金もなく、解約自体も非常に簡単ですので安心して試すことができますよ!

ハイキュー!第340話の感想

小さな巨人で先制されたのなら、もう1人の小さな巨人でやり返さないとナメられると言わんばかりな対決でした。

 

しかし翔陽のジャンプする姿もどこまで飛ぶんだ?と思えるほどですが、星海がジャンプした姿は全身がバネのように使われており、その姿がとてもカッコよかったです。

 

昼神のニックネーム「不動の昼神」も分かった回なので、今後どう不動昼神様が扱われるのか気になります。

ハイキュー!第341話の予想と考察

まだ第1セット、1対2の攻防中です。

さっそく昼神のブロックが飛び出してきましたが、このローテンションだとまだ澤村・翔陽・田中というままなのでどうやって突破するのか気になります。

 

とはいえ田中がこのままやられっぱなしではないでしょうし、影山もいつまでもドシャット状態を食らってばかりいるとは思えません。

意外に澤村あたりが何か機をてらったことでもするかもしれませんね。

 

ハイキュー第341話は、週刊少年ジャンプ15号(3/10発売)に掲載です。

スポンサーリンク