2019年2月28日発売の週刊少年チャンピオン2019年13号の最新話!

「ハリガネサービスACE(エース)第15話」を読んだのでネタバレ・感想をまとめました。

15話は、ハリガネサービスエース第2巻に収録される予定です。

インターハイがとうとう開幕しました!!!

豊瀬高校バレー部の1回戦の相手は開会式の前にスタッフの女の子にボールをぶつけようとした高校でした。

どのような高校なのでしょうか?

今回もバレー部一同の活躍に目が離せません!

続きはネタバレになりますので、ご注意ください!

スポンサーリンク

ハリガネサービスACE(エース)前回までのあらすじ!

ハリガネサービスACE(エース)第14話のネタバレ!インターハイ本戦が開幕

いよいよインターハイ本戦が開幕します!いざ決戦の地へと向かう豊瀬高校バレー部!!

情報番組で全国デビューをしてしまった、マネージャーのケイちゃんやネットの動画で話題になっているサービスエースの下平が会場でも一目を置かれ注目されてしまいます。

そんななかで、とうとうインターハイの開会式が始まり、下平は今のメンバーで一試合でも多く勝つことを心に誓うのでした!!!

ハリガネサービスACE(エース)第15話のネタバレ!インターハイ開幕!!1回戦の相手は!?

いよいよインターハイ本戦が開幕しました。

豊瀬高校バレー部の1回戦の相手は、開会式の前にスタッフの女の子にボールをぶつけようとした高校でした。

 

前の試合が終わり、アリーナに入ると会場にはたくさんの観客で埋まっていました。

対戦相手はガラの悪い選手たちで、試合前の練習の対人パスでも手を緩めることなく、ものすごい勢いでパスを出しています。

 

対戦相手の虚蔵山商業は今回が全国大会初出場であり、豊瀬高校バレー部の誰も対戦相手の情報を持っていませんでした。

虚蔵山商業は10年前まで荒れている高校でした。しかし、スポーツの強化に取り組むようになってからは、最初は反発していた生徒たちも持ち前の負けん気で次第に本気で競技に取り組み、全国大会に出場するまでになりました。

 

虚蔵山商業の選手はレシーブ練習もせず、豊瀬高校のレシーブ練習をしていた鴫澤さんを舐めるように見ます。

その様子に気付いた監督が鴫澤さんと交代します。監督が虚蔵山商業の選手たちにレシーブ練習はいいのか?と聞きますが、レシーブなんていらない。攻めあるのみ!と答えます。

 

練習時間が終わり、とうとう1回戦が始まります!!!

豊瀬高校バレー部のOBも試合を応援しに会場に来てくれました。

そこでもTVで全国デビューしたケイちゃんがいじられてしまいます。

 

虚蔵山商業のサーブから試合が始まります。初めからコーナーのギリギリを狙い、豊瀬高校のレシーブを崩します。

大船先輩にトスをあげる松下ですが、相手はブロックに一人しか来ません。

 

1枚ブロックに捕まるまいとスパイクを打ち込みますが、相手は顔面でレシーブをして根性を見せます。

虚蔵山商業のスパイクはミスを恐れない勢いがあります。豊瀬高校はブロックを失敗してしまい相手に得点を取られてしまいます。

そんななか金田がサーバーに対して背中を向けます。

金田にどのような思惑があるのでしょうか!?

スポンサーリンク

ハリガネサービスACE(エース)第15話の感想

ハリガネサービスACE第15話の感想になります!!!

前回、インターハイの開会式が終わりました。とうとう待ちに待ったインターハイ本戦の1回戦が始まりました!!!

豊瀬高校の1回戦の相手は控え室でも問題を起こしたガラの悪い高校でした。

 

全国大会にこのような高校がいると嫌でも目立ってしまいますねwww

試合内容も荒々しいバレーをするので今までに見たことのないタイプの選手が多いと感じました!!!

サーバーに背中を向けた金田の思惑にはどのような意図があるのでしょうか、次回のお話も気になります!!

スポンサーリンク