2019年2月28日発売のヤングジャンプ2019年13号、最新話!

ゴールデンカムイ【191話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

191話は、ゴールデンカムイ第20巻に収録されるはずです。

鯉登少尉との戦いで息絶えたキロランケ。

一同はキロランケを見送るため、氷の中に埋葬します。

そして、アシリパは父親についての真相を突き止めるため、はぐれてしまったソフィアを探しますが……?!

続きはネタバレになります、ご注意ください!

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ 前回までのあらすじ

ゴールデンカムイ ネタバレ!第190話「仲間のために戦うキロランケ」

前回、ついにキロランケを追い詰めた鯉登少尉!

力が拮抗する二人でしたが、月島軍曹と谷垣に助けられます。

息の根を止めようとする彼らでしたが、アシリパが現れ、止めに入ります。

キロランケはアシリパから暗号の鍵を思い出したことを聞くと、静かに息を引き取ったのでした……

ゴールデンカムイ第191話のネタバレ!キロランケを見送る

「この流氷はアムール川の水が河口で凍ったものなんだって…」

「春が来たらそのまま故郷の水にとけて眠れる…」

氷の中に埋葬されたキロランケの前で、白石は涙ぐみます。

 

「真面目過ぎる男だったんだよキロちゃんはさ…!!」

アシリパはアチャが殺された理由をキロランケから聞きたかったと呟きました。

 

谷垣は、インカラマッが「ウィルクが変わってしまい仲間を裏切った」とキロランケから聞いたことを話します。

「やっぱりアチャがアイヌを殺して金塊を奪ったから殺されたのか?」

疑念を口にしたアシリパに、杉元は網走監獄でのことを話します。

「のっぺら坊は撃たれる直前にアイヌを殺したのは自分じゃないと言ったぜ」

 

キロランケが亡くなった今、真相を知るのはソフィアのみとなりました。

アシリパはソフィアを探します。

 

その時、大怪我を負っていた月島軍曹が膝をつきます。

「ひどい傷だ よくここまで立っていられた」

 

谷垣が月島軍曹を庇います。

「急いで亜港へ引き返すぞ」

鯉登少尉は谷垣に月島を背負うように指示すると、皆に言いました。

 

アシリパはソフィアを探していました。

「ソフィアはキロランケニシパと監獄でたくさん文通していた」

「すべて知っているかもしれない」

 

杉元も双眼鏡で辺りを探します。

「あ!!向こうに人影がある!!」

 

何かを見付けたアシリパに鯉登少尉が叱責します。

「お前を確保するために我々は来た」

「杉元も我々に協力をする取引をしている」

「私の許可なしに離れるな」

 

しかし、アシリパは鯉登の言葉を無視して走り出しました。

「ちょっと見てくる」

「俺も行く」

 

抱えていた尾形を放ってついていく杉元

杉元とアシリパは人影にそっと近づきます。

「なんかモメてるぞ」

 

そこにいたのは、襲い掛かる悪漢達を一人で相手している男でした。

「もっとぉ」「んもっとぉ」

聞き覚えのある掛け声とともに悪漢を吹っ飛ばす岩息舞治。

「はぁッ☆」

 

杉元に気付いた岩息はズンズン近付いていました。

「ややや?杉元さんではありませんか」「奇遇ですな」

「見なかったことにしよう」

 

岩息も杉元たちに合流しました。

「船での入国は危険ですからねぇ」

負傷していた月島軍曹を抱きかかえたまま話す岩息。

「私たち同じ道筋で北上してたんですねぇ」「たはッ☆」

 

無言の月島軍曹。

「あばよキロランケ」

白石がキロランケに別れを告げます。

 

去り際に、杉元とアシリパはソフィアの話をします。

「こいつら亜港まで運んだらまたソフィアを探しに行こうか?」

「いや…ソフィアとは必ずまた会える」

「私を探しに来るはずだ」

 

彼らが去った後、ソフィアはキロランケの亡骸を目にして呟きました。

「さようなら坊や…忘れないわ」

 

氷の上には弔いのために傷が付けられたキロランケのマキリが置かれていました。

道中、杉元がふと思い出します。

「そうだアシリパさんこれ返すよ」

 

杉元から渡されたものを見て、アシリパは微笑みます。

「ありがとう杉元」

アシリパはマキリを腰に下げました。

「さあ北海道に帰ろうアシリパさん」

 

――北海道最大の温泉地・登別地獄谷

宇佐美と二階堂は滝の湯にいました。

じっと滝に打たれている二階堂の横で、滝を下半身で浴びる宇佐美は何か騒いでいる。

 

温泉を満喫する二人に声が掛けられます。

現れたのは菊田特務曹長。

宇佐美が佇まいを正し、怪我の経過を伺います。

 

「真っ暗な雪山を明かりもつけずに下駄で逃げて行ったらしい」

「変な話だろ?」

滝を浴びていた宇佐美が叫んだ。

スポンサーリンク

ヤングジャンプの最新話やヤンジャンコミックをすぐに無料で読む方法

ネタバレはいかがでしたか?!

内容はなんとなく掴めても、やっぱり絵とセリフがあって最新話を読んだ方が断然面白さが変わってきますよね。

 

実はU-NEXTを使えば、ヤングジャンプの最新号を電子書籍で今すぐ無料で読むことができるのです。

最新話やコミック最新刊を絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください!

さらにお試し期間中でも、90,000本以上の映画やアニメ・アダルト作品(見放題対象)や70誌以上の雑誌が見放題&読み放題なのです☆

▼31日間無料体験&600Pを使って最新号を今すぐ読む!▼

31日間の無料お試し期間があり、登録直後に600ポイントもらえます。

このポイントは、電子書籍でも映画やアニメの動画でも利用できますよ。

またお試し期間内なら解約しても違約金もなく、解約自体も非常に簡単ですので安心して試すことができますよ!

ゴールデンカムイ第191話の感想

アシリパたちに弔われるキロランケ。

弔うための氷が、キロランケの故郷の水というのは因果ですね。

 

非常に仲間思いだったキロランケが死んでしまったのはとても寂しいなぁと感じます。

自分たちの護ってきた伝統が子供たちの笑顔とともにあることを、キロランケやウィルクは望んでいましたが、アシリパは

キロランケの死を前に何を思うのでしょうか。

 

ソフィアを探しに行こうかと言う杉元に、ソフィアとは必ずまた会えると言ったアシリパ。

今後、どこかでソフィアが再度現れる場面がありそうです。

そして、登別で温泉を満喫していた宇佐美と二階堂。

二階堂の怪我は長い間入院していた甲斐あってか、ほぼ治っているようでした。

第七師団の新たなキーパーソンらしき人物も登場し、今後の展開が気になるところです。

ゴールデンカムイ第192話は、週刊ヤングジャンプ14号(3月7日発売)に掲載予定です!

スポンサーリンク