2018年12月10日発売の週刊少年ジャンプ2号に掲載されている「食戟のソーマ」第291話のネタバレ・感想を紹介します。

 

ノワールの女性料理人が作り出した牛肉料理

滅茶苦茶な調理法に見えたが、それは高度な技術によって作り出された必殺の一品だった。

創真たちは、第三の門番となった彼女の料理と同レベルの必殺級の一皿を作ることができるのか。

スポンサーリンク

食戟のソーマ 前回までのあらすじ

290話では、第二の門までの出場を免除されていたノワールの料理人3名が登場します。

第三の試練が始まろうとしたとき、特等執行官ブックマスターにより趣向を変えた選別が行われることになった。

 

ノワールの女性料理人による牛肉の調理が始まった。

牛肉の火入れまでは普通だったが、仕上げで出した道具がなんとチェーンソーで肉の表面に傷を付けていく。

 

肉質が台無しになったと思われた料理は、「表」の料理人が築き上げた誇りがズタズタになるほどの美味さだった。

創真たちは、第三の試練の門番と指名された彼女と同レベルの一皿を作ることができるだろうか。

食戟のソーマ第291話のネタバレ‼スゴすぎるノワールの料理人たち

ノワールの女性料理人が出した一皿。

それは、遠月学園ではその人でしか作れない独創性のある品

「その料理人の顔が見える一皿」

のこと、必殺料理スペシャリテと呼ばれているのと同じレベルだった。

 

特等執行官ブックマスターは、牛肉を使った必殺料理スペシャリテを出せと要求をしてきた。

 

ノワールの女性料理人が必殺料理を出せたことで会場内はざわつく。

そして追加した料理の味で黙らせてしまった。

 

彼女の名前はサージェ、軍曹サージェントの略でチェーンソーさながらの「C・C・ナイフ」をはじめとする調理道具と思わない道具類を使うのだ。

味わう者の常識をひっくり返し破壊し続けてきた彼女は

兵装料理ディッシュ・アームドの使い手と呼ばれるようになった。

 

気圧された「表」の料理人の前に現れたのが、

鮮やかな手つきで圧力鍋を上回る柔らかさに牛肉を仕上げる

「調理場ピエロ」アルカンタ

 

不気味な装置で、牛肉から抜いた血を最高の出汁または調味料に変える

「赤黒の処刑人」クロード・ビル

 

断頭台で牛肉をむこうが透けて見えるほどの薄さに切れる

「跳ね回る狂気」バニーヘアー

 

彼らが作り出した料理は、全て合格となった。

 

今回BLUEにノミネートされたノワールの料理人たちは、

どんな場所・状況・素材でもその人にしか作り出すことのできない、必殺料理級の品にすることができる「異能」の持ち主ばかりだった。

 

このままでは「表」の料理人が全滅してしまう、

誰もが思っていたが、牛肉を使った必殺級の料理に取り組む田所恵、タクミ・アルディーニ、司瑛士の3人がいた。

 

彼らはどんな必殺級の料理を出して、第三の試練を突破することができるだろうか。

スポンサーリンク

食戟のソーマ第291話の感想

調理道具と思えない道具で、人を味で黙らせる料理が作れるなんて本当に凄いなと思いました。

あんな調理道具・方法があるとは知らなかったので、マネはできないけど勉強になりました。

 

特にピエロが披露した調理方法は美味しくなるだけでなく、料理を待つ人を楽しく見せるには、うってつけだなと思います。

 

簡単な方法でマネができたら、美味しく料理を作ることができたらいいなと思いました。

 

さらに、今回BLUEでノミネートされているノワールの料理人たちは、どんな状況でも必殺級の料理を作り出せるなんて、こんな強敵相手でどうすれば勝てるのかなとハラハラしましたが、最期に3人の表情で次回はどんな料理が出てくるのかが楽しみになってきました。

食戟のソーマ第292話のネタバレ!司・タクミ・恵の必殺料理とは!?

スポンサーリンク