週刊サンデー2019年13号(2019年2月27日発売)に掲載「舞妓さんちのまかないさん 第105話」を読んだのでネタバレ・感想をまとめました。

梅雨入りして毎日雨が続いている京都。

屋形では舞妓さんたちが湿気に嫌気がさしていました。

続きはネタバレになります、ご注意ください!

スポンサーリンク

舞妓さんちのまかないさんの前回までのあらすじ

舞妓さんちのまかないさん第104話のネタバレ!最新話「健太が京都にやってきた⑤」

三十三間堂についたキヨとすみれ。

舞妓さんと一緒に写真を撮ったあの日は、すみれにとって忘れられない日でした。

 

あの日、すみれは健太のキヨへの気持ちに気が付いたのでした。

そして、健太が帰る時間がやってきます。

お正月にまた会おうというキヨに、健太は甲子園に出場するから、夏にまた会おう、と言うのでした。

舞妓さんちのまかないさん第105話のネタバレ!「姉と妹がいることで」

雨が降っています。

少しやんでもまたすぐ雨が降ってきます。

朝ごはんを食べながら、その様子をゲンナリしながら眺めるつる駒さん姉さんたち。

湿気でドアが閉まりにくかったり、階段が変な音がしたりして気がめいります。

 

それ以上に不機嫌な顔をしているのは理子です。

髪の毛がクリンクリンになってしまっています

その様子はまるで音楽家のようです。

 

理子はくせっ毛なので湿気が多いとはねてクリンクリンになってしまうのです。

しかも、舞妓さんは地毛で髷を結うので仕込みさんの今から髪を伸ばしているので余計にすごいことになっているのでした。

朝ごはんはまだ途中でしたが、おけいこ中に髪が目に入ると集中できないのでもう一回ブローしにいく理子でした。

 

朝の理子の様子が気になりながらあいさつ回りをするすみれ。

行った先のおかあさんがお留守で、手紙を置いて行きます。

その手紙で便せんがもう最後であることに気が付きます

最近バタバタしていて買いに行けなかったのです。

 

文具店へ行くと、おとうさんがすみれの顔をみるなり、何も言わないのに、「待っとったえ。便せんやろ?」と便せんを渡してくれるのに驚きます。

百子さん姉さんが「そろそろ来はるやろうから渡しといてくれ」と言っていたというのです。

便せんはたくさん言付けてありました。

 

百子さん姉さんが妹のすみれのことを見守ってくれているのです。

その心遣いに感謝するすみれでした。

その時心に浮かんだのは理子の事でした。

 

屋形の台所ではキヨが鶏もも肉に衣をつけて、チキンカツを作っていました。

サックリころもとしっとりお肉。

タルタルソースも用意しています。

そこへ理子が「キヨさん、運ぶの手伝います」と言ってやってきました。

 

理子の前髪はパッチン留めで止められていました。

しっかり者のすーちゃん時代にすみれがつけていたパッチン留めです。

うれしそうな顔をしている理子。

 

「これ、百はなさん姉さんがくれたんス」

すみれが、これつけてご飯しっかり最後まで食べて、と渡してきたのだそうです。

「じゃあさっそく冷めないうちに食べよう!」

キヨの言葉に理子はげんきに「はい!」と返事をします。

 

すみれも百子さん姉さんのように妹を見守っているのでした。

スポンサーリンク

週刊少年サンデーの最新話やサンデーコミックをすぐに無料で読む方法

ネタバレはいかがでしたか?!

内容はなんとなく掴めても、やっぱり絵とセリフがあって最新話を読んだ方が断然面白さが変わってきますよね。

 

実はU-NEXTを使えば、いますぐ無料で週刊少年サンデーの最新号を電子書籍で読むことができるのです。

サンデー最新話でもコミック最新刊でも絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください!

 

31日間の無料お試し期間があり、登録直後に600ポイントもらえます。

このポイントは、電子書籍でも映画やアニメの動画でも利用できますよ。

 

さらにお試し期間中でも、90,000本以上の映画やアニメ・アダルト作品(見放題対象)や70誌以上の雑誌が見放題&読み放題なのです☆

最新話やコミック最新刊を絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください!

▼31日間無料体験&600Pを使って最新号を今すぐ読む!▼

お試し期間内なら解約しても違約金もなく、解約自体も非常に簡単ですので安心して試すことができますよ!

舞妓さんちのまかないさん 第105話の感想

健太の修学旅行のシリーズが終わり、再び理子のお話に戻ってきましたね。

湿気でクルクルになるにしても理子のクルクルは大変そうです。

しかもおけいこの邪魔になるからと朝ごはんを残すなんて、理子は真面目さんです。

 

真面目だからこそ、すみれは何とかしてあげたいと思ったんでしょうね。

ご飯を抜いて大変なことになる前でよかったです。

 

相変わらずほっこりするお話でした。

次回も楽しみです。

舞妓さんちのまかないさん第106話は、週刊少年サンデー14号(3月6日発売)に掲載です。

スポンサーリンク