2018年12月10日発売の週刊少年ジャンプ2号から新連載の「ne0;lation」のネタバレ・感想を紹介します。

 

今作は「切り拓け新時代! 時代を揺さぶるウィンター」の第2弾で、悪の魔法使いが街の闇を支配する征服譚である。

スポンサーリンク

「ne0;lation」第1話のネタバレ 魔法使い現る

ファミレスでガラの悪い客に無愛想な顔で料理を運んでくる少年・薬袋大悟みないだいご

彼の両親は借金を残したまま亡くなっている。

当時高校生だった姉が借金返済のために仕事をすることを選んだ。

 

そのため大悟には、2つのことをすることになった。

一つは、家計のためにバイトをする。

もう一つは、ちゃんと高校を卒業すること。

 

特に2つ目は高校を諦めた姉の唯一の願い。

暴力沙汰にならないように気をつけている。

 

ガラの悪い客は借金取りの金本とその舎弟で、大悟への嫌がらせをしに来ていた。

金本たちを殴りたいけど、大騒ぎになって下手すると高校を退学になる恐れがあるのでグッとこらえる大悟。

 

金本の背後から、入れ立ての熱いコーヒーが入ったカップが金本に飛んできたwww

 

パソコンを見ながらゲームをしていた高校生が、

スマホだと思って振っていたコーヒーカップだったw

 

舎弟が金本のシャツの弁償代を、その高校生に要求したがのらりくらりとかわされてしまう。

金本を病院へ連れて行くために、その高校生の写真を撮って立ち去る舎弟。

 

高校生はIQ191・全国模試1位の超天才・尾根新太おねあらただと大悟に名乗る。

新太に危機を救ってくれたことに礼を言い、写真を撮られたことを心配する大悟。

だが、すでにハッキングで舎弟のスマホから画像ファイルを消去していた。

 

大悟が帰宅すると、父親が別に借金をしており全部で900万円近くになると姉から説明された。

返済方法として、姉が経営しているホットドックのキッチンカーの売却。

姉は借金が少なくなるなら売ってもいいと。

 

しかし今まで借金返済のために、何もかも諦めてきた姉の唯一のわがまま。

姉のキッチンカーを守るために、大悟は借金返済を待って貰うように懇願しに事務所へ。

 

しかし取り合って貰えない。

そこへ新太がne0ネオとして現れ、キッチンカー乗っ取りと借用書が偽物だと明らかになった。

 

さらにne0のパソコン操作により、書類を隠滅してしまった。

それは、まるで魔法のようだった。

「ne0;lation」第1話の感想

主人公・尾根新太の登場の仕方が面白く、パソコン見ながらスマホでゲームしているつもりだったのが振ったのがコーヒーカップというのが良かったです。

 

その後舎弟との会話がかみ合ってないのに、ボケとツッコミの漫才みたいに成立しているのも笑えました。

 

ハッカーと聞くと悪いイメージを持つ人が多いが、本来はプログラミングに優れている人のことを言い、その技術を犯罪に使う人を破壊者クラッカーと呼ばれている。

そんなことを知ることができてためになりました。

 

不良と言えば、ケンカが強い体育会系のイメージが確かにあるけど、理系の不良という表現は聞いたことがなかったので、それもアリかなと思いました。

 

パソコンから相手のスマホをハックし発火させるところは、本当に魔法みたいで凄いと思いました。

金本たちが国際テロリストで警察に逮捕されるところは、スカッとして大悟の姉さんの宝物が守れて本当に良かったと思いました。

これから、この街で何が起こるのかが楽しみです。

ne0:lation(ネオレイション)1巻/第2話のネタバレと感想!ネオと大悟

スポンサーリンク