2019年2/21発売のモーニング11号の最新話!

鬼灯の冷徹【252話 難易度エクストリーム】を読んだネタバレ・感想をまとめました。

EU地獄のベルゼブブから鬼灯に一通の手紙が届きます。

その内容は「面白いギャルゲーを技術課に作らせろ」というものでした。

ここからはネタバレになりますのでご注意ください。

スポンサーリンク

鬼灯の冷徹、前回のあらすじ

鬼灯の冷徹 251話のネタバレ!最新話は太山庁の補佐官の正体に迫る!

第七裁判所の第一補佐官である通称【御柱様】に会いにやってきた鬼灯と桃太郎ブラザーズ。

太山庁についての話しを聞いているところで御柱様のもとに、亡者が逃げ出そうとしているという連絡が入ります。

 

御柱様の力によって、「大量の蠢く虫たち」が亡者を囲い太山庁に到着。

そんな御柱様の力をみて「この光景を見てしまうとこのゴキバージョンは本当に無理と肌で感じてしまいます」と鬼灯たちが御柱様の怖さを肌で感じる瞬間でした。

鬼灯の冷徹252話のネタバレ「難易度エクストリーム」

「面白いギャルゲを技術課に作らせろ」

EU地獄の王、サタン王の要望が書かれた手紙が届き、鬼灯は呆れながらも技術課にこの手紙を渡します。

 

断るつもりの鬼灯とは裏腹に技術課の蓬(よもぎ)はやる気になります。

本格的に作るためにはキャラクターデザインが大事ということで、作画を新米獄卒の茄子に頼んでみました。

 

受注を受けた茄子のイラストは平安時代の美女たち。

おちょぼ口で麻呂眉が特徴的で、技術課の烏頭(うず)も思わず「このギャルゲやりたくねぇ」と迫真の表情で言いたくなるほど。

 

「ギャルゲーの概念を無視したデザインで、内部パラメータも複雑そうだ」

と鬼灯もある意味関心している模様です。

 

この場合のキャラクター攻略は【御簾越しの後ろ姿で判断して和歌を送る】という当時の恋愛手段を使ったもので、なかなか現代っ子には難易度の高いものです。

そんな中、女獄卒のお香さんも面白そうだと興味を示しています。

 

そこで茄子は、女性向けイケメンもののデザインも書いてみます。

次のデザインは江戸時代の武士や農民、高利貸しや飛脚など、バリエーション豊富なデザインですが、女性たちが望んでいるものはこういうものじゃない気がすると鬼灯からツッコミが入ります。

 

ただ、蓬はそんな茄子の発想がすきなようでいいぞ、もっとやれといった感じです。

この時代の攻略は当時人気だった、力士、役者、火消しの難易度が高く、隠れキャラクターは忍、といった具合です。

 

ただ、こういったいまどきのゲームは髪型や服を現代風にアレンジするものじゃないのか。

と烏頭がツッコミをいれます。

奇をてらいすぎたようです。

 

ということで、世の中の定番をとらえたものを、と言った具合で今度は鬼灯が案を出します。

等活・叫喚・衆合・焦熱といった地獄のキャラクター(すべておばちゃん)。

地獄の歴史を考えて、年の功を感じさせる。といったところです。

 

さらに、日本の地獄を活かすということで地獄に住まう動物や蟲を育てる育成ものもいいのでは、と恋愛要素が消えた案もあげます。

 

こんな感じでだんだんサタン王の要求とは脱線。

もともと、勝手な要求なのでサタン王からの要求は断っておきますよ、と鬼灯。

 

ただ、技術課としてはやる気が出てきたようで、いっそ尖ったゲームを作ろうということで、「アクション要素も備えたバイオレンスホラー【衆合美女凶事】」というゲームが完成。

 

完成したゲームを見て、EU地獄の幹部ベルゼブブは呆れてしまう。

といったところで今回はおしまいです。

スポンサーリンク

モーニングの最新話やモーニング単行本をすぐに無料で読む方法

以上、ネタバレをご紹介しました!

しかしやっぱり絵とセリフがあって最新話を読んだ方が断然面白さが変わってきますよね。

 

実はU-NEXTを使えば、モーニングの最新号を電子書籍で今すぐ無料で読むことができるのです。

31日間の無料お試し期間があり、登録直後に600ポイントもらえます。

さらにお試し期間中でも、90,000本以上の映画やアニメ・アダルト作品(見放題対象)や70誌以上の雑誌が見放題&読み放題なのです☆

最新話やコミック最新刊を絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください!

▼31日間無料体験&600Pを使って最新号を今すぐ読む!▼

このポイントは、電子書籍にも映画やアニメの動画にも利用できますよ。

またお試し期間内なら解約しても違約金もなく、解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

鬼灯の冷徹252話の感想

今回は、鬼灯の冷徹がスマホゲームになるので、それを意識した内容のお話になりましたね。

実際こんなゲームが出るなら少しプレイしてみたいなという気持ちですね。

どちらかというと女性向けのほうで、忍びを出せるまでリセマラをすると思います。

 

実際に時代ものを背景にしたゲームもありますが、現代向けにアレンジしてイケメンや美女が出るとファンが増えますよね。

髪型ひとつで人気を左右するキャラクターもいますし。

 

 

そして、最後の動物育成シミュレーションは思わず笑いました。

やってみたいですねコレ。

楽しい回でした。

 

余談ですが、編集者さんの煽りによると、鬼灯の冷徹のスマホパズルゲーム。

登録者が4万人を突破したそうです、おめでとうございます。

次回も鬼灯の冷徹第253話は、3/7発売のモーニング13号にて掲載予定です。

スポンサーリンク