『ぼくたちは勉強ができない第99話 “引け目”』のネタバレ&感想をまとめました。

99話は、ぼくたちは勉強ができない第12巻に収録される予定です。

大森くんの仕業で、まさかの写真集疑惑を課せられた前回の唯我。

今回はどんなドタバタに巻き込まれるのか?

続きはネタバレです、ご注意ください!

スポンサーリンク

ぼくたちは勉強ができない前回までのあらすじ

ぼくたちは勉強ができない 97話のネタバレ!最新話は唯我の進路。

唯我の自宅で勉強会。

リフレッシュの為といい、大森くんが本棚にこっそりグラビア写真集を隠します。

 

翌日いつものメンバーで唯我宅で勉強会。

うるかが先に来て、その本を見つけてしまいうろたえます。

唯我の好みなのかと勘違いし、うるかも真似てみますがうまくいかず、しかし唯我も意識してしまいます。

 

写真集の存在に気づく唯我とうるかは文乃と理珠にバレないよう隠しますがバレてしまいました。

大森くんの仕業だと発覚し、誤解は解けますが、うっかりグラビアを真似た自分の写真を唯我に送ってしまううるかなのでした。

ぼくたちは勉強ができない第99話のネタバレ「引け目」

メイド喫茶でアルバイト中の唯我。

どうやら人手が足りなくてとっても忙しい様子です。

 

キビキビと働く唯我は、従業員からの評判も上々。

アルバイト中はしっかり働き、帰り道では勉強…

そんな唯我を有難いと思いながらもちゃんと寝れているのかと心配するあすみ先輩。

 

『全然余裕ですよこのくらい』と笑ってかわす唯我ですか、フラフラと溝にはまったり、電柱にぶつかったりとかなり疲れているようす。

そんな唯我を心配して、自分の家の診療所に連れて行きます。

 

やはり唯我はちょっとした睡眠不足だと言われてしまいます。

では僕はこれで…と帰ろうとすると、『泊まっていきなさいッ!!』とお医者さん(あすみ先輩のお父さん)は言うのでした。

 

こんなチャンスをみすみす…

と泊まらせようとする父と、悪ノリするあすみ先輩に唯我は押しきられてしまいました。

 

病室に入院着の唯我。

めったにない一人の空間だし少し勉強をと、教科書を取り出すと、あすみ先輩が勢いよく部屋にきます。

 

あすみ先輩はナース服を着て『看病してやろーか♡』とやる気満々です。

じつは今度メイド喫茶のイベントで着るコスプレだそうです。

 

なぜ今着るのかとドキドキする唯我。

そんな唯我にあすみ先輩は、唯我に一番最初に見てほしかったからと。

 

『どうかな かわいい?』と恥ずかしげに聞きながら迫る先輩に唯我はついはぐらかして誤魔化します。

ですが、しゅんとする先輩を見て、すごくかわいいと今度はあたふた。

そんな唯我をみてからかうあすみ先輩。

 

ためしに着たからからかいに来ただけのようです…。

悪かったよ、なんて言いながらお詫びに唯我の肩を揉むあすみ先輩は、唯我がVIP推薦を蹴った話しを持ちかけます。

 

『少し無理しすぎなんじゃねーか?』と、心配するあすみ先輩。

ですが唯我は、自分が選んだ進路は、必ずしもすぐ稼げるとは限らないから、家族の負担を減らすためにも少しでもお金は貯めておきたいのだと言いきるのです。

 

それを聞いてあすみ先輩は『そうでもしないと…自分だけやりたいことをやらせてもらう選択に引け目がある…ってか?』と核心をつきます。

 

先輩は唯我に、いろんなものを背負い込みすぎだと、リラックスしろといい、なぜかこちょこちょと唯我をくすぐるのでした。

 

そんなこんなでふざけていると、滑って倒れてしまい、あすみ先輩の上に唯我が覆いかぶさってしまいました。

どことなく色っぽいあすみ先輩に顔が真っ赤になり照れる唯我。

 

またからかわれる!なんて思っていると、あすみ先輩が真っ赤になって照れていました。

必死に否定するあすみ先輩、なんだかいい雰囲気な二人。

 

ですが、その一連の流れをあすみ先輩の父は見ていたのでした…。

うんうん、と涙を流しながら、グッジョブをしているあすみ先輩の父…

どうやら最初の方から見ていたそうです。

 

すると、ドンドンと入口を叩く音が。

どうやら、急患のようです。

 

ぐったりした、子供を抱いたお母さんが涙ながらやってきました。

診療時間外にもかかわらず、快く患者をみる先生。

お代も大したことしてないからと言い患者を見送ります。

 

そんな父親を眺めるあすみ先輩と唯我。

あすみ先輩は、

『アホな親父』

『好きであんな親父の背中追おうってんだから 充分アホかもな』

と自虐します。

 

あすみ先輩は父親が気ままにやりたいことをやっている、この診療所が好きなのだと言います。

そして、唯我に『お前が人生かけて学びたいと選んだ道なんだろ? なら引け目なんて感じる必要ねーぞ』と。

 

もし仮に唯我が自分の家族なら、『好きに生きろボケ』と言うだろうと。

そんなあすみ先輩の言葉に唯我は嬉しそうな表情を見せました。

 

すると、あすみ先輩の父親が、窓からぬっと出てきて、またもや聞き耳を立てていたのでした。

スポンサーリンク

ジャンプコミックの最新刊をすぐに無料で読む方法

ネタバレはいかがでしたか?!

内容はなんとなく掴めても、やっぱり絵とセリフがあって最新話を読んだ方が断然面白さが変わってきますよね。

 

実はU-NEXTを使えば、ジャンプコミックの最新刊の電子書籍を今すぐ無料で読むことができるのです。

ジャンプコミック最新刊を絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください!

 

31日間の無料お試し期間があり、登録直後に600ポイントもらえます。

このポイントは、電子書籍でも映画やアニメの動画でも利用できますよ。

さらにお試し期間中でも、90,000本以上の映画やアニメ・アダルト作品(見放題対象)や70誌以上の雑誌が見放題&読み放題なのです☆

最新話やコミック最新刊を絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください!

▼31日間無料体験&600Pを使って最新号を今すぐ読む!▼

お試し期間内なら解約しても違約金もなく、解約自体も非常に簡単ですので安心して試すことができますよ!

ぼくたちは勉強ができない 第99話の感想

見るからに忙しなく無理をしている、唯我。

キャパオーバーなのは見ている人にはわかってしまいます。

 

あすみ先輩は洞察力が鋭いので、からかいながらも本気で心配している様子がとても微笑ましかったです。

 

あすみ先輩のお父さんもかなりいいキャラというか、あすみ先輩との掛け合いも面白いのですが、ちゃんとしたお医者さん。

いい親子関係です。

 

そして、推薦を蹴ってやりたいことをやると決めた唯我ですが、好きなことをやる引け目。

それを今回あすみ先輩に指摘され、温かい言葉をもらいました。

これで少しは無理せず、過ごせるといいのですが。

毎度のことながら、自分のことに少し素直じゃないあすみ先輩がとってもかわいい回でした。

 

次回のぼくたちは勉強ができない第100話は、週刊少年ジャンプ13号(2月25日発売)の掲載予定です。

次もほっこりした話がいいなー。

スポンサーリンク