2月18日に発売された週刊少年ジャンプ12号の最新話!

ハイキュー!!338話『小さな巨人決定戦』のネタバレ・感想をまとめました。

338話は、ハイキュー‼第38巻に収録されると思います。

春高バレーの日程で唯一2戦続けて行われる魔の3日目、烏野は星海擁する鴎台と激突します。

体力的にも厳しい所ですが、ここを勝てば“センターコート”で試合が出来るということもあり気合十分の烏野の面々。

試合直前、冴子が日向の前に予期せぬ人物を連れてきて…?

続きはネタバレになります。ご注意ください!

スポンサーリンク

ハイキュー!!前回までのあらすじ

ハイキュー!!337話のネタバレ!最新話で梟谷学園VS貉坂高校が決着

ムラッ気はありつつ驚異的な爆発力を秘める木兎と、全国の3本指に入るアタッカー・悪球打ちの桐生との激しいエース対決となった梟谷と貉坂の準々決勝。

死闘を制したのは梟谷学園。これで梟谷はベスト4へと駒を進めることになりました。

そして烏野も鴎台との1戦が近づいてきます…!

ハイキュー!!338話のネタバレ!

試合前、日向は鴎台の星海から声をかけられます。

「どっちが現在(いま)の小さな巨人か、決めようぜ」

 

コートの外では、つい数時間前まで戦っていた烏野と音駒の応援団の女性陣がすっかり意気投合していました。

バレーの話で盛り上がっている最中、

「あれっ月島さん!?」

月島の兄に声をかけてきた人物の顔を見て、冴子が「あ゛っ!!?」と驚きます。

 

烏野バレー部は次の試合に向けてミーティングの真っ最中。

「…あの音駒と戦った後に立て続けに準々決勝とは…」

マネージャーの谷地は音駒との激戦の後にまた試合をすることが信じられないといった様子です。

 

「個人で一番厄介なのは星海光来だな。攻撃は超多彩、サーブも強力だ」

「でも正直、星海以上に厄介なのは――」

 

一方宮城にいる伊達工。

また烏野の試合を観るのかと他の面々に呆れている二口。

 

「気になるクセに」

「うっせ」

「それに、今回見るのはどっちかつーと相手の方だろ」

「全国トップクラスのブロックを誇るチーム、ですよね…!」

 

という訳で今回烏野が戦うのは、ざっくり言うと伊達工よりも強力なブロックに加え、超一級品のエースを兼ね備えたチームだそうです。

 

日向影山を除き少し気圧されたような烏野。

ここでキャプテン・澤村から気合のお言葉が入ります。

 

「…お気付きだろうか、我々今、全国ベスト8です」

おお、とその事実を噛みしめる田中たち。

 

「ぶっちゃけキツイ!音駒の後ぶっ続けの準々決勝はキッツイ!!」

「だが“魔の3日目”超えた先には準決勝、“センターコート”だ…!!」

 

“センターコート”という言葉に目を輝かせる一同。

「今日も勝ってウマイ晩飯を食うぞ!」

「オエーイ!」

 

ミーティング後、潔子は影山が何かをノートに記していることに気付きます。

 

影山が字を書いていることを珍しがる潔子でしたが、

「あ、多分バレー日誌書いてマス!」

日向は知っていました。

 

影山の意外な一面を知った潔子。

 

日向も最初は目を疑ったと言いつつも、

「影山はアホで凶暴だけど、バレーにだけはそうじゃない」

 

影山は自分がバレーを知るよりもずっと前からバレーと向き合って来たんだと語る日向。

だから自分よりもずっと“先”に居るんだと、日向は少し悔しそうにしながらもその事実を認めていました。

 

「だがいずれたおす!!」

そのままアップへ向かう日向を「元気にも程がある…」と谷地は恐れ戦いた様子です。

 

一方月島と山口の二人。

“勝ったらセンターコート”の試合を前に気合が入っている山口。

 

「ツッキー!!!俺達のサーブ&ブロックは負けない!」

一度噛んでも懲りずに2回言ったことに呆れる月島。

 

しかし次の瞬間には二人とも大きく噴いて笑い声が上がり、とても良い雰囲気です。

 

 

一方の上級生組。

真剣な面持ちの三年生。

 

「…やはり3年の背中はでけえなノヤさん」

「そうだな龍」

その背中の大きさを感じる田中と西谷でしたが…。

 

「今日晩飯何かな。肉が良いな。…からあげ」と菅原。

「…サイコロステーキ」

「何でサイコロ状にすんだ。ありのままでいい」

 

「しょうが焼」

「「優勝」」

どうやら採用されたのは東峰の予想。

 

「美味い晩飯、食うぞ」

いよいよコートへと踏み出す烏野バレー部。

 

と、そこに冴子が日向に声をかけます。

「“小さな巨人”が来てるよ!!」

日向の原点ともいえる人物。

 

かつてこのコートで、烏野の背番号10を背負い小さな巨人として躍動していた人が来ていると聞いて、日向は矢も盾もたまらずその人のもとへ走ります。

 

「初めまして小さな巨人!!おれ日向翔陽です!!昔テレビで巨人さん見てバレー始めました!!」

「ええ!まじで」

当時の事を懐かしがるような様子の小さな巨人。

 

日向は続けざまにどこのチームに所属しているか等を訊きますが、

「俺もうバレーやってないんだ」

返ってきたのはまさかの言葉でした。

 

どこかのチームから声もかからず、他にやりたい事があったから高校出てからはやっていないとあっさり答える小さな巨人。

 

もう行くぞと影山に促され日向はコートへ戻ります。

「がんばれ、新小さな巨人!」

小さな巨人から最後にそう声をかけられる日向。

 

冴子は日向のテンションを下げてしまったかと気を揉みますが…。

「何でだろ。おれ、あんまがっかりしてない」

かつて“小さな巨人”のようになれたらと思っていた日向は、既に前を見ていました。

スポンサーリンク

ジャンプコミックの最新刊をすぐに無料で読む方法

ネタバレはいかがでしたか?!

内容はなんとなく掴めても、やっぱり絵とセリフがあって最新話を読んだ方が断然面白さが変わってきますよね。

 

実はU-NEXTを使えば、ジャンプコミックの最新刊の電子書籍を今すぐ無料で読むことができるのです。

ジャンプコミック最新刊を絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください!

 

31日間の無料お試し期間があり、登録直後に600ポイントもらえます。

このポイントは、電子書籍でも映画やアニメの動画でも利用できますよ。

さらにお試し期間中でも、90,000本以上の映画やアニメ・アダルト作品(見放題対象)や70誌以上の雑誌が見放題&読み放題なのです☆

最新話やコミック最新刊を絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください!

▼31日間無料体験&600Pを使って最新号を今すぐ読む!▼

お試し期間内なら解約しても違約金もなく、解約自体も非常に簡単ですので安心して試すことができますよ!

ハイキュー!!338話の感想

今週のハイキュー!!は7周年記念の巻頭カラーでした。

烏野らしい冬のランニングの様子が爽やかなイラストが素敵だったので、ぜひ実物を見てほしいです。

 

さて本編ですが、いよいよ烏野の試合が始まろうとしています。

相手は日向にとって因縁(!?)のある星海。

 

お互い“小さな巨人”の称号をかけている戦いでもあると思っていましたが、まさかここで本家小さな巨人が登場するとは思いませんでした!

 

しかもバレーから既に離れている…。さっぱりとした表情から見るにもう本当にバレーに未練はないようで、彼なりの次のステージへと進んでいるのではないかと思いました。

 

ずっとこだわりつづけた小さな巨人がバレーを辞めているという事実を知り、冴子姐さんはひやりとしましたが、日向はそこまでショックを受けた様子ではありませんでしたね。

 

全てのきっかけは小さな巨人でしたが、日向は烏野バレー部を通して色んなバレー選手を見て多くの試合をこなし、その中で自分という選手のスタイルの確立が出来ている事や、目標は小さな巨人ではなく更にその先にある事が理由なんでしょうか。

ここは来週以降に期待ですね。

 

他の烏野の面々も気合が入っています!

特に3年生は笑っても泣いても選手でいられるのはもうあと僅か。1日でも1分でも長くコートに居てほしいです。

 

この日が終わった後、美味しい晩飯が食べれますように!!

ハイキュー‼339話は、週刊少年ジャンプ13号(2月25日発売)に掲載ですよ!

スポンサーリンク